記事が役に立ちましたら「シェア」をお願いします!

「スーツを着て仕事したい!」スーツを着る仕事や職種・職業一覧

記事が役に立ちましたら「シェア」をお願いします!

スーツ 仕事 職業 職種 まとめ

人は見た目が9割と言われるように、スーツは男の戦闘服です。

就職など、仕事を決めるときに「スーツを着て、カッコよくバリバリ仕事をしたい!」という方は以外に多いです。

今回はスーツで仕事をする職種や職業、仕事などをまとめていきます。

就職や転職活動にお役立ていただければと思います。

スーツを着る仕事全般として言えること

スーツを着る仕事を大まかに分類すると、

・「お金を扱う仕事であること」=堅実なイメージ

・ お客さんと直接向き合う仕事 = 第一印象が良いイメージ

・ 高い地位を表す仕事 = 立派なイメージ

以上の3つに分けられます。

スーツでする仕事をしたいときには、以上の3つのイメージを持ってみてください。

では、具体的に見ていきましょう。

スーツを着て仕事をする「職業」

それでは、スーツの仕事や職業をまとめていきます。

タクシードライバー

タクシーの運転手はスーツです。

スーツを着る仕事につきたいなら、タクシードライバーを目指すのも1つの手です。

給料は、固定給+歩合が多いようです。

タクシードライバーは高齢の方が多いイメージですので、若い方がビシッと着こなすことで差別化が計れそうです。

運転が好きな方は良いと思います。

銀行員

銀行員はスーツで仕事をしています。

男性は自前のスーツで、窓口の女性は制服がほとんどです。

服装がだらしない人には、お金を預けようとは思いませんよね。

お金を扱う仕事だからこそ、銀行員はスーツを着ているのです。

銀行は堅実のイメージがあるからです。

女性でも、役職のついている職員は自前のスーツを着ている場合があります。

真面目で勉強家な方にオススメです。

コンサルタント

コンサルタントもスーツが多いです。

作業着のコンサルタントよりは、スーツ姿のコンサルタントの方が説得力がありますよね。

ホテルのフロントマン

ホテルのフロントマンもスーツが多いです。

高級なホテルほど、スーツの装いがビシッと決まって見えますよね。

地方公務員

公務員もスーツが多い仕事です。

堅実な職業というイメージがありますよね。

ただし、部署によって異なるようです。

総務、会計、税務関係の職場はスーツ着用が多く、それ以外は作業着を着用していることが多いです。

国家公務員(税務署)

税務署職員もスーツの仕事です。

決して東京の霞ヶ関だけでなく、地方の税務署もネクタイとスーツ着用ですので、地方で働きたい方は税務署という選択もアリです。

ただし、国家公務員は全国に転勤があります。

お金=税金の仕事であるため、スーツとネクタイの着用なんですね。

法律事務所、会計事務所の職員

弁護士の法律事務所や、公認会計士や税理士の会計事務所の職員もスーツを着ていることが多いようです。

ただし、所長の考え方によって異なるため、スーツ着用かどうかはwebサイトなどで情報収集した方が良いでしょう。

ファイナンシャルプランナー

お金の相談や指導をする「ファイナンシャルプランナー」もスーツの仕事です。

堅実で信頼をイメージする職業ですので、スーツ率は100%に近いです。

ただし、地方では働く場所が少ないため、自分で起業する場合と考えておきましょう。

税理士

税理士のようなスペシャリストも、スーツ率100%です。

お金を扱う仕事ですので、自然にスーツを着るのだと思います。

難易度は高めです。

公認会計士

公認会計士もスーツを着ています。

ただ、最近の若い会計士さんは、スーツを着ない方もいるようです。

ただ、お金を扱う仕事ですので、ほとんどの人はスーツを着ています。

弁護士

弁護士もスーツのイメージです。

職業自体に威厳や立派なイメージがありますよね。

社長

社長になったら、スーツを着るか着ないか自分で決められます。

スーツを着たい人は、社長を目指してみるのも良いと思います。

ただし、オーナー企業(中小など)を親族で会社経営をしているため、社長にはなれません。

大手企業では、激しい競争を勝ち抜いた末に社長なれるので、強いメンタルや高い仕事の能力、コミュニケーション能力が求められます。

もう1つは、自分で起業すれば「社長」になれます。

政治家

政治家もスーツで仕事をしていますよね。

政治家という選択肢もあります。

スーツを着て仕事をする「職種」

次に職種で分けて記載していきます。

営業

どこの企業でも営業マンはスーツと決まっています。

「特別な資格はないけど、とにかくスーツを着て働きたい!」という方は営業職を選択すると良いでしょう。

【仕事探しはリクナビNEXT】でも、営業職の求人がありますので、チェックしてみると良いと思います。

スーツを販売する仕事(販売業)

大手では「洋服の青山」など、スーツを販売する仕事はスーツを着用しています。

販売業はスーツのトレンドにも詳しくなれます。

スーツをカッコよく着こなしたい方は、こちらを選択するのもアリです。

ちなみに私がスーツを買うときには、スーツをカッコよく着ている販売員さんに見てもらってから買うようにしています。

総務・経理

総務や経理もスーツが多い職種と言えます。

経理は会社の財務状況など、数字上での「お金」を相手にする仕事だからです。

総務も堅実なイメージと言えます。

ただし、会社によっては上着が作業着の場合がありますので、実際に働くにあたってはweb情報などでチェックしてみましょう。

余談ですが、経理職は「日商簿記2級」の資格と実務経験があれば、食いっぱぐれの無い職種です。

経理・総務職はリクナビNEXTでも求人が多いので、チェックしてみましょう。

以下の記事では、総務に向いているかチェックできます。

総務に「向いている人」、「向いていない人」をまとめるよ

事務職

大まかに言えば、事務職もスーツ率高めです。

ただし、会社によっては作業服や私服の場合もありますので、よく情報を確かめた方が良いでしょう。

管理職

会社では、管理職がスーツを着ていることが多いです。

支店よりは、本店や本部で仕事をしている人がスーツ率高めです。

管理職になると、身なりに気をつかうことが多くなり、第一印象に気を使う人が増えます。

スーツをビシッと着こなしたい方は、管理職を目指してみてはいかがでしょうか。

以上、『「スーツを着て仕事したい!」スーツでする仕事や職種・職業まとめ』でした。

以下の記事も参考にしてみてください。

スーツでする仕事のメリット・デメリットを説明するよ

スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス

記事が役に立ちましたら「シェア」をお願いします!



お仕事依頼はこちらから

「スーツを着て仕事したい!」スーツを着る仕事や職種・職業一覧
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス