「1万円起業」を読んでブロガーが思ったこと(書評/感想/レビュー)

image55

これって、単純に片手間でPC1台で副業やろう!みたいな本ではないです。

楽して儲けようとか、誰でも簡単に起業できる!ということに期待している方は、見ない方がいいかもしれません。

でも、現代は超インフラが整備されているので、アイディアとやり方、努力次第でどこまでものし上がれる時代です。

この辺の話は、インドのカースト制度なども交えてブログで話をしています。

(参考記事:まじめで仕事一筋でやってきた人は、「ニートの歩き方」を読むと考えが変わります。

では、内容に行ってみましょう。

ブロガーと起業家の視点で思ったこと

レバレッジコンサルティングの本田直之さんが書いた、ベストセラー書籍(10万部)です。

本田さんが書いた「レバレッジ人脈術」とか、「プレイングマネジャーの教科書」(プロデュース作品)は、何度も読み返しています。

今回は、たまた本屋さんで見かけたのですが、ズバリタイトルで買っています。私も一応、webサイトとブログと電子書籍で月2万円ほどの売り上げがあるので、起業家という目線で本を読みました。うん。やっと自分も副業から脱皮できそうな気がしてきた。

で、「1万円起業」という本は人気あるでしょうね。結論から言えば、中身が薄くないです。濃い。

しかも、内容を一言で言えば、すでにネットというインフラが整備されているので、アイディア次第で1万円以内で起業できますって話。

私も今のブログとかwebサイトは、お金かかってません。

大昔に買ったwindows XPのPCを中古で友人から買って、ディスプレイはもらったヤツなので、本当に1万円もかかっていないのです。

リアルな数字で言えば、8千円くらいかな。

いきなりですが、海外の著者が書いた本は読みにくい・・。

「旧」日本人の私としては、海外著者の本は少し読みにくいです。

海外著者だと、日本人が翻訳しているのですが、やっぱり内容がとっつきにくいと思います。別に有名な人じゃないのに、○○○州の○○サウスという町の○○○さんという、具体的な氏名が出てきても、はあ・・ってなっちゃいます。

自分も国際的な人になると、海外の表現が受け入れられるようなるんだと思います。

とはいえ、まだまだ本を読み足りないのかしら・・と思ってしまう私。

タイトルから見て勘違いしていたこと

タイトルを見て勘違いしたのは、1万円を稼ぐにはどうするか?の本だと思ったことです。

でも、本の内容はビジネスを始める為に、必用な資金(資本)が1万円ってことです。

よく考えてみれば、その通りですよね。「1万円起業」ですから。

内容はバーッ見ても、薄くないです。全くのビジネス初心者や、楽してもうけようという方hは、逆に全部見るのがつらいと思いますよ。

中身を解読するのに、時間がかかる本は、中身が濃いか、自分にない知識が網羅されてるってことです。

タイトルで衝動買いした人は、失敗した人も多いような気がします。

それだけ、結構中身は厚いです。

自分も1万円起業家です

本の中身にもありますが、自分が起業家だとは思っていない。自分がやっていることをビジネスという言い方は、しないで欲しいと言っています。

しかも、気づいたら起業していたということも書いてあり、うーんと唸ってしまいました。

こういうパターン最高ですね。

この本の神髄としては、1万円以内の資本で起業する方法なので、自分に当てはめてみますと、確かにそう。

私が今使っているPCやポメラこそ、副業の売上の中から購入していますが、初めてアイディアを思いついてwebサイトを作った時は、パソコン1台ですから。

しかも、htmlで1ページずつ手作業で作っていったので、すんごい素人なwebサイトでした。

でも、始まりはそんな感じです。

売上が見込めるようになってから、webサイトを作るソフトを購入したり、写真素材集のDVDを買ったり、ドメインを取得して、webを運営しているんです。

昔は、この手の本を見るのはワクワクしていましたが、今となっては自分のやりたいことと、ビジネスモデルのイメージが出来ているので、クールな視点で見てしまいます。

本格的なビジネスの本だと思いますが、ブロガーにとっては?

1万円起業は本格的なビジネスの本です。初心者やビジネスモデルを構築したい方にはうってつけです。

で、私のように、もうやりたいことが決まっている場合はどうなるか?なんです。

自分はブロガーで生計を立てたいので、アフィリエイトやブログ関連の運営テクニックなどは、飛びつきます。

なので、この本はやることが決まっているブロガーのみなさんは、参考程度に・・となりますね。

これからブログをどう育てていくか?

これからブログをどう育てていくかってのは、すごく考えています。

53日間で130記事を越えていますが、できれば60日間で200記事は行きたいところです。

100万PVを目指すために、どうするか?

100万PVがあれば、生活に困らないくらいの売上が立つと言われています。プロブロガーと呼ばれている人達も100万PVあります。

なので、そこは絶対目指そうと思います。じゃあ短期目標としてはどうする?って話しですね。

1日3記事以上、月100記事作成、年間1200記事作成で3年で100万PVを達成

1日3記事以上を作成し、月100記事作成を目指します。

そうすると、年間1200記事になります。それを3年継続すると3600記事になります。

これくらい増えれば、安定したPV、アクセスが見込める踏んでいます。

(参考記事:ということで、サラリーマンでも1日3記事書けるブロガーを目指します。

アクセスが多い記事は、すぐにPDCAをする

今の段階でも、人気の記事がありますので、1日に何度も検索されてるワードの記事はブラッシュアップしていきます。

具体的なやり方は、記事の内容を増やし、中身を濃くし、文字数を多くすることです。

文字数が3500を越えると、読者が見切れないので、新しい記事を増やし、そ
こで続きを書きます。

とは、前の記事にリンクさせてPVを上げることができますし、ブログ記事の満足度が上がるって方法です。これがブログのPDCAです。

webサイトのPDCAも同じですよ。

今回も最後まで読んで頂きありがとうございます!

こちらの記事も参考になると思います。弱小ブログでもアイディア次第で、勝負できるってことです。

(関連記事:ブログメディアの圧倒的な差とはいえ、ちょっとうれしい話 )

この記事は、以下のコンテンツページに掲載されています。

色々な書籍レビューを書いています。

書籍・本のレビュー、感想、書評まとめ

スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス
「1万円起業」を読んでブロガーが思ったこと(書評/感想/レビュー)
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス