記事が役に立ちましたら「シェア」をお願いします!

休眠預金とは

休眠預金 とは

話題になっている「休眠預金」について、説明していきます。

銀行にお金を預けていて、長期間何もしていない口座があれば要注意です。

10年以上動きのない口座は「休眠預金」となり、公益活動にあてられる

2009年1月1日から入出金などの動きがなく、10年以上経過した口座は「休眠預金」となります。

休眠預金になると預金保険機構にお金が移され、補助金や貸付金等となって民間の公益活動にあてられる仕組みになっています。

公益活動をする団体は、NPOや公益法人と予想されますが、現在はっきりとは決まっていません。

宗教団体、政治団体、暴力団等は除外されます。

内閣府の資料によると「公益活動」とは、

・子ども及び若者の支援

・日常生活等を営む上で困難を有する者の支援

・地域活性化等の支援の3分野に係る活動

にあてられるとされています。

つまり、個人のお金が国によって徴収され、活用されるということです。

以下の記事では、いつから適用されるか詳しく書いています。

休眠預金活用法はいつから?

お金が没収されて無くなるわけではない

ただ、ここであわてる必要はありません。

休眠預金になっても、国からお金が没収されるわけではなく、通帳とハンコを持って窓口に行けばいつでも払い戻しできるようになっています。

つまり、お金がなくなるわけではありません。

休眠預金にならない方法は「記帳」すること

休眠預金にならない方法は、入出金など通帳に動きがあれば良いのです。

入出金などの動きのことを、専門用語で「異動事由」といいます。

異動事由で一番手間がかからないのは、「記帳」です。

つまり、記帳さえしていれば休眠預金になりません。

ただし、記帳が異動事由になっているかは、銀行によって異なります。

念のため、各銀行のwebで確認した方が良いでしょう。

休眠預金に該当する人には「ハガキ」などで通知が届く

もし、休眠預金に該当する場合はハガキなどで通知が届きます。

早い人で、2018年内に届くはずです。

通知がきたらすぐに通帳と印鑑を持参して、銀行に行きましょう。

念のため、通帳の記帳で休眠預金から外れるか窓口で確認します。

「記帳が対象とならない場合」は入出金を行い、休眠預金を回避しましょう。

休眠預金は毎年700億円ある

平成25年~27年までの休眠預金は、毎年700億円ほどあります。

そのお金は、今までは銀行の利益(雑所得)として処理されていました。

そのお金は今後、民間公益活動を促進するための休眠預金等に係る資金の活用に関する法律によって、公益活動にあてられることになります。

取引がないと手数料が発生する銀行もある

休眠預金は10年間としていますが、各銀行の独自のルールとして、数年間動きのない口座を「休眠口座」としています。

例えば、りそな銀行では2年以上取引がないと、「休眠口座」とします。

もちろん、事前にハガキ等で通知がきます。

休眠口座になると、年間1,296円の口座維持手数料が引き落とされ、残高不足になった時点で口座が自動的に解約となります。

(ただし、1万円以上の残高等があれば対象外となります。)

現在、口座維持手数料を取る金融機関は少ないですが、将来的には銀行の経営が苦しくなることが予想されていますので、可能性は高いです。

ぜひ、休眠預金や休眠口座がないかどうかチェックしてみましょう。

top image is Designed by Freepik

スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス

記事が役に立ちましたら「シェア」をお願いします!



お仕事依頼はこちらから

休眠預金とは
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス