アラフォーが疲労困憊でしんどくても、1日で回復する方法をまとめとく

アラフォー 疲労困憊 回復 方法

久しぶりにブログのペンをとります。

最近の自分の働き方を振り返ると、

・毎日残業を3~5時間し、

・休日も働き、

3月15日から1ヶ月間の間、しゃにむに働き続けてきました。

残業時間は低く見積もっても、60時間以上になります。

今回は、アラフォーで立てないくらいしんどくて疲労困憊でも、1日で回復させる方法をまとめていきます。

(ちなみに、長時間労働を肯定したり、助長させるための記事ではありません!)

ほんと、死んだら意味ないんです。

1日中寝る

ツイートの項目ごとにまとめていきます。

初めに「1日中寝る」です。

私の普段の日常は、朝4時半に起床し、6時までブログを編集しています。

残業時間が長くなると、普段の時間で起きれなくなり、健康状態が悪化します。

常に寝不足が続き、1日中体がおかしくなります。

これが、1ヶ月間続くイメージです。

なので、1日休みがあったらとにかく寝ましょう。

ベッドや布団など、本気で寝る場所でとにかく寝ます。

今回の私は、

・7時起床し、ご飯を食べる

・8時半就寝

・14時起床、昼ご飯を食べる

・15時就寝(寝れないが目をつぶる)

・16時半起床

・18時夕ご飯

・19時~21時 軽い運動

・23時就寝

以上のスケジュールです。とにかく寝て回復させました。

午前中は体がフラフラしていましたが、16時半にはフラフラが直っています。

キューピーコーワゴールドαプラスの錠剤とドリンクをダブルで飲む

近くの薬局の薬剤師さんの情報ですが、キューピーコーワゴールドαの錠剤とドリンクを同時に飲むと効果が高いよ」とのことです。

昼ご飯を食べた後に飲みました。

ドリンクを飲むと、のどがカーッとしてきます。

で、また寝ます。

おススメしときます。

ご飯は三食しっかり食べる

私は食欲がないときが無いくらい、食欲のある人です。

でも、朝の起床時には食欲がないほど重症でした。

それでも、無理やりご飯を詰め込みます。

昼もきちんと食べます。

夕ご飯も食べます。

とにかくバランスの良い食事をお腹に入れて、エネルギーに変えます。

健康の源は食事から・・ですね。

動かずにじっと回復を待つ

疲れたときの回復法は、「何か義務的にしなければならない時でも、誰かに任せてできるだけ動かない」ことです。

私の場合は、家族での買い物とか、部活の関係、学校行事も断るかお願いします。

体を動かさないことは、体のエネルギーを消耗しない方法の1つです。

私の回復のタイミングは、あれしたい、これしたいなど、心が前向きになったときです。

心が前向きになったときに、体がついてくか、フラフラしないかが見極めのポイントです。

顔色が良くなったら回復のサイン

顔色が良くなったら回復のサインです。

朝の段階で顔がドス黒く、目が凹み、血走っているのがサッパリなくなっていました。

体調が良くなったら、気分を変える

体調が良くなったら、軽く運動してみましょう。

今回は事情でどうしてもやる必要があったので、2時間ほど軽い運動をしています。

これで汗をサッとかいて、気持ち悪くならなかったら回復しています。

あと、最近やりたくてもできなかったことをまとめておくと、

・爪を切る

・髪を染める

・眉毛を整える

・書斎の机をキレイにする

・ブログの会計帳簿つける

・ブログを書く

忙しくてやれなかったことをやると、スッキリします。

みなさまは私の真似をせずに、健康的に過ごしましょう!

サラリーマンの仕事は生活の手段であって、目的ではないですから・・。(楽しければ別)

ではまた^^

スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス


お仕事依頼はこちらから

アラフォーが疲労困憊でしんどくても、1日で回復する方法をまとめとく
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス