GWが終わった後の「1週間を乗り切る」方法まとめ

GW後 1週間 乗り切る

GWが終わった後の、1週間を乗り切る方法をまとめていきます。

何も考えずにとにかく出勤や通学をする

とにかく何も考えず、通学や出勤をしてみましょう。

好きな音楽を聞きながら行くと、体は通勤路(通学路)を覚えているので、自然に会社や学校に向かっています。

あれこれ考えると、欝々とするので何も考えずに「行く」と良いです。

1日1日を乗り切ることだけ考える

会社員にとっても、GW明けは大変ツライものです。

まずは、1日1日を「無心」で終わらせることだけ考えて過ごしましょう。

10代~20代は1日がとてつもなく長く感じますが、30代以降になると、1日経つのが早く感じるようになります。

年をとるというメリットは意外な部分にあります。

次の週末は楽しい予定を入れてみよう

GW明けの週末には、楽しい予定(デートや買い物など)を入れてみましょう。

楽しい予定を入れられない場合でも、どこかに出かけたりするといい気晴らしになります。

勢いで会社を辞めない

GW明けは、会社に行くのがとてつもなく嫌になります。

「もう辞める!」と思う人も多いです。

ただ、会社員の最大のメリットは、安定的に給料をもらえることです。

あなたが独身なら、まずは我慢と引き換えにしっかりとお金を貯めることが先決です。

お金は選択肢が広がりますし、心の安定にもつながります。

勢いで辞めないで、まずは働きながら転職サイトに登録することから始めましょう。

「別にやめてもいいいや」と心を解放させる

しっかりとした、貯蓄や副業収入がある人は、会社を辞める選択肢が出てきます。

ただ、そうでない人の方が多いと思います。

なので、逆に「いやなら別にやめてもいいんだよ自分。」と心でつぶやいて、自分を解放させましょう。

心の中に選択肢を持つことで、自分を縛る鎖はスルスルとほどけていきます。

おいしいランチを食べる日を設定

毎日弁当や、安い社員食堂で済ませていると、なかなかテンションが上がりません。

そこで、GW明けの1週間の中で美味しいランチを食べる日を設定してみましょう。

女性の多くは、美味しいランチで最高にテンションが上がるはずです。

早寝早起きで体と心のバランスをとる

早寝早起きをすると、心身ともに健康になります。

私は以前、夜遅く、朝も遅いというダラダラした生活をしていましたが、今は夜9時すぎには寝て4時半には起床します。

朝早く起きることで、徐々にエンジンがかかり、始業と同時にフル回転で働くことができます。

健康の源は、早寝早起きです。

散歩をする

早寝早起きとセットにすると良いのは、「散歩」です。

15分~20分くらいの散歩を取り入れるとスッキリします。

忙しくする

忙しくすると日々が過ぎるのが早いです。

1日があっという間に過ぎるので、1週間も余裕で過ぎ去っていきます。

忙しいことで、GWの1週間を乗り切ることができます。

1週間を乗り越えたら、2週間、3週間とリズムよく過ごしていけるでしょう。

以上、「GWが終わった後の「1週間を乗り切る」方法まとめ」でした!GW後 1週間 乗り切る

スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス


お仕事依頼はこちらから

GWが終わった後の「1週間を乗り切る」方法まとめ
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス