記事が役に立ちましたら「シェア」をお願いします!

就職氷河期世代のアラフォーが今考える、働く社会の変化のコト

就職氷河期世代 考える 社会

就職氷河期世代でアラフォーの私達が、「はたらくこと」にかかわる社会の変化などを書き記していきたいと思います。

今の若い世代の方にも、当時(1993年から2005年)から現在までの社会の動きや、価値観、労働状況の変化を読み取る参考になればと思います。

(※あくまでも、私の働いてきた仕事環境での経験と、主観で書いています。)

当時は労働者の立場が弱かった

当時は就職氷河期でしたので、就職できた人は本当に運が良かったです。

ただ、いざ働き始めると労働者の立場が圧倒的に弱く、長時間労働が当たり前の時代でした。

ほとんど休みがない中で、正社員としてひたすら耐えながら延々と働き続けるか、辞めて非正規社員やパートアルバイトの道を探るかの二通りしかなかったように思います。

正社員を辞めた知人は、今も別会社でパートをしています。

今となれば、「泣きながら毎日を耐え忍ぶ」という表現が正しように思います。

働くことに対する情報がなかった

今は、ネットやスマホで情報を取るのが当たり前の世の中です。

ただ私が就職した2003年頃は、windowsXPが出たばかりで、地方ではPCをあまり使えない人が多かったように思います。

職場では、簡単なワードやエクセルも使えないことが多く、「キーボードで文字を打てる若手 」というだけである意味重宝されたこともありました。

インターネットも今は検索すれば、色々な情報が出てきますよね。

でも、当時はネットで情報収集したり、問題解決するのではなく、あくまでも遊びの一部でしかありませんでした。

つまり、働くための情報はネットではなく、上司、先輩から与えられる情報しかありません。

たとえ間違った情報でも、信じるしかない状況でした。

今は違いますよね。

イキルメディアの記事でも、働くことに対する情報の無い時代、文字化されていない時代を歩んできた私が、次の世代に向けて書くことが多いです。

ハラスメントの概念がなく、ひたすら耐えてきた

当時はハラスメントという概念や言葉がなく(あったかもしれませんが・・)、世の中に認知されていませんでした。

もう、イジメやハラスメントは日常茶飯事です。

先輩の言うことは絶対でしたし、飲み会の迎えに来いと言われれば行き、パシリでもなんでもしました。

仕事以外のことが多かったように思います。

そんな私の頭の中には、常に「働くことに関する疑問」がありました。

とにかく耐えるか、疲れて脱落するかというのが、私達の世代では当たり前だったように思います。

もちろん、私の上の世代はさらにハラスメントが横行していて、とても大変な時代を歩んできました。

今は組織の中枢を担う世代になった今

今、思えば世の中は変わりました。

時代が進むにつれてハラスメント認知は進み、国際基準の協議にまで発展しましたね。

「もっと自分が若い頃から良かったのにな・・。」

なんて思っていますが、今は自分が注意する立場になりました。

やはり、問題意識を持った人が社会へ訴え続けることで、世の中は良い方向に変化していくんだと思います。

時代は変わり続けることを実感しています。

私達、就職氷河期世代も、社会に合わせて変わり続けなければならないと考えています。

世代の価値観が違うため、働くことやライフスタイルに対する考え方が違うことに気付く

今は新しい価値観を持った若い人が、次々と就職し、働いています。

以前は私たち就職氷河期世代と、団塊の世代やバブル世代と価値観の違いがあったことを思い出します。

でも、時代は変わり、今度は若い20代と、就職氷河期世代の私達の価値観を考える時代になりました。

どちらかというと、私達は経済がマイナスの状態から働き始めているので、「耐える」ことへの耐性が強いです。

ただ、自分達がしてきたことを同じように若手に求める時代ではありません。

考え方、ライフスタイル、価値観などの違いを認識することから始めなければならないんでしょうね。

私はどちらかというと目標に向かって猪突猛進に暑苦しくガツガツ働きますが、20代の多くはサラリとユルリが合わさったような働き方です。

でも、仕事ができないわけでもなく、きちんと考えを持っているようです。

若い人の研究がもう少し必要ですね。

社会は確実に変化するし、今後も変わり続ける

以上、色々と思うことを書いてきました。

社会は目まぐるしく変化し、私達もどんどん年を取っていきます。

いつまでも、若いかといったらそうでもありません。もうオヤジ世代です。

若い人も、私達の世代でもまずはしっかり貯蓄することと、余裕資金は投信に回し、同時に副業や趣味などの自分だけの居場所や資産形成を作っていくと良いのかなと思います。

社会や経済の浮き沈みには、やはりそれなりの「資産」がないと耐えられないと思っています。

そこをふまえて、今自分は何をすべきかを考えていこうと思っています。

ブログで副業するなら以下の記事をオススメしておきますね。

ブログメディア運営で「新しい仕事を創る」起業方法まとめ

ではまた^^

スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス

記事が役に立ちましたら「シェア」をお願いします!



お仕事依頼はこちらから

就職氷河期世代のアラフォーが今考える、働く社会の変化のコト
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス