DIY修理で車のボディのサビ落とし&穴埋めのパテ&塗装するよ

DIY自動車修理の第二弾です。

早速まとめていきましょう!

以下は、前回の修理記事です。

素人でも出来る!車の傷や錆のDIY修理と板金塗装の方法まとめ

1日目作業:作業時間4時間

初めに、1日目の作業をまとめていきます。

サビの状態をチェック!

クルマ サビ 穴あき

サビが塗装を押し上げてボコボコしています。

ひどすぎるありさまですね・・。

ボロボロ

手で触るとボロボロ崩れてきます。

表面の塗装を取り、サビを表に出す

クルマ 穴あき ハンマー

まずは、ボコボコした塗装を取っていきます。

ハンマーでコツコツ叩くと、激しくボロッと崩れます。

塗装を取ってしまえば、サビが表に出てきます。

クルマ ノミ

ノミをあてながらハンマーで叩くと、少しずつボディとサビがはがれていきます。

ノミは家具の解体に使えたり、なんでも応用できるのでオススメ工具の1つです。

クルマ 穴あき

15分くらいの作業でここまでになりました。

塗装の下のサビが、改めて顔を出しましたね。

赤サビを「黒色の防錆塗膜」に変える!

赤サビ 転換材

以前も使用した、車用の「赤サビ転換防錆剤」です。

これを塗ることで、サビが黒い塗膜に変化して、サビの進行もストップします。

1つ買っておくと、小分けして使えるので便利です。

サビ転換材

500mlのペットボトルを切って、使用する分だけ小分けして使います。

今回の大きさだと、写真の量でも少し多いです。

以前使用したとき、ボトルに直接筆を突っ込んで使っていましたが、やめましょう。

錆の成分が入って、成分が劣化してしまいます。

サビ転換材 塗る

100円ショップで絵具用の筆を購入して使っています。

サビ転換材 塗る

サビに塗っていきます。

1回目の塗りです。

サビ転換材 塗る

塗った直後。

サビ転換材 塗った後

30分くらい経った画像です。

サビが黒く変化してきました。

サビ転換材 塗る

1時間くらい放置してから、二度塗りします。

二度塗りすれば、赤サビを撲滅できると思います。

サビ転換材 んる

少し難しいですが、穴の中の裏側にもサビがあると思うので、塗っていきます。

サビ転換材 塗る

二度塗り直後。

乾燥後

30分経過。

まだ、タレーっとしているので、もう30分乾かします。

パテで穴埋め作業

パテ

車専用のパテではないですが、家にあるもので何とかならないかと思い、屋外用パテを使用してみます。

パテ

ヘラも付属していますが、今回は車体の曲線部分なので、素手でやった方がキレイに仕上がります。

パテ 穴埋め作業

穴にぶち込んでいきます。

奥行があるので結構使うかな・・と思いましたが、そうでもなかったです。

パテ 塗った後

穴が終わったら、周りにも塗っていきます。

パテ塗った直後

指で平らになるように仕上げていきます。

このパテは指についてもすぐ洗い流せるので、心配ご無用!大丈夫です。

パテ乾燥後

1時間くらい経過。

パテ乾燥後

パテ乾燥後

2時間くらい放置しました。

かなり乾きました。

パテ乾燥後

よく見ると、穴埋めした部分に亀裂が入っています!

この部分だけ、もう一度パテで穴埋めしておきます。

夕方になったので、1日目の作業はここまで!

2日目作業:作業時間30分

車 サビ ヤスリ

2日目は月曜日なので、仕事が終わってからの作業です。

平日は30分しか時間をかけられないので、集中してやっていきます。

紙ヤスリ#150で磨き、その後#240に変えて、磨いていきます。

まだボコボコしているので、まずは荒く削っていきます。

ホームセンターでも普通に売っていますので、2~3枚ずつ買っておくと便利です。

車 パテ やすり

まだ凹凸はありますが、いい感じになりそうです。

クルマ ヤスリ

アップして撮影。

亀裂の部分も目立っていますが、周囲を削れば目立たなくなるので大丈夫。

3日目:作業時間30分

3日目の火曜日です。

この日も30分だけの作業です。

写真は、ヤスリは#240で磨いていた後の状態です。

4日目:作業時間30分

水曜日です。

この日も30分の作業。

#320で磨き、その後#420で磨きます。

だんだん凹凸が少なくなり、表面が滑らかになってきました。

よーし!いいぞ!

5日目:作業時間30分

5日目 作業 ヤスリ

木曜日です。

この日も30分の作業。

#320で磨き、その後#420で磨いていきます。

5日目 作業 やすりがけ

表面がすべすべしてきました。

6日目作業:作業時間1時間30分

6日目の作業です。

金曜日は仕事で帰りが遅く、作業できなかったので土曜日に作業です。

午前中は疲れすぎて寝ていたので、午後からの作業です。

最終ヤスリがけ作業

そろそろヤスリがけの最終です。

#320で磨き、その後#420で磨きました。

よく見ると少しだけ凹凸がありますが、まあこんなところで良いことにしましょう。

シリコンオフ(脱脂)作業

塗装の前には、必ず脂分を除去します。

脂分を除去しないと、塗装が上手くつきません。

ちなみに、わざわざ専用のものを買わなくても、家で使っている台所用洗剤で十分です。

サッと洗いましょう。

水でキレイに流した後、カラ拭きして水気を取ります。

さあ準備万端やで!!

塗装前の準備(新聞でおおう)

塗装しなくて良い部分は、新聞で隠します。

今回は買いに行くのが面倒だったので、セロハンテープでとめました。

本来はマスキングテープでとめると良いです。

セロハンテープだとボディに後が残る場合があります。

準備万端ですね!

プラサフ塗装

プラサフは、

・ある程度の傷を埋めてくれる効果

・塗料が密着する効果

・塗料の下地剤として、仕上がりが美しくなる

があるので、必ずやっておくと良いです。

吹き付けるときは、よく振ってからしましょう。

1回目吹き付け後です。

もともと車のボディがグレーなので、違和感があまりないです。

3分ほど経過したら、すぐに2回目吹き付けします。

あまり何度も吹き付けると、タレーっとなるので、何回も少しずつやっていきます。

2回目が終了しました。

※リアルタイムで作業中と執筆中です!

スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス


お仕事依頼はこちらから

DIY修理で車のボディのサビ落とし&穴埋めのパテ&塗装するよ
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス