記事が役に立ちましたら「シェア」をお願いします!

ブロガーの特質と共通点を考えてみます

記事が役に立ちましたら「シェア」をお願いします!

office-620823_640

ブロガーと呼ばれる人達は、共通点を持っています。あれ?これって自のこと?と思ったは、ブログをやるのはいかが?

私は複数のwebサイトを運営してきましたが、今はブログにぞっこん。毎日楽しい日々を送っています。(リアル仕事以外はね・・)

そうすると、ブロガとして生活をしている人達は、どんな特質で、どんなことに興味を持ち、何を普段考えているのか、にすごく興味を持ちます。

ブロガーのちきりんさん、イケダハヤトさんは本を執筆していますので、書籍を買いあさって、読みふける毎日です。

私も、明日でブログ運営2ヶ月目(60日)になりますがこのブログ記事を含めて、現在153記事あります。1日平均2記事ちょっとですよね。

ブログを運営することと、自分の思考を文章として記録することは、何も代え難い楽しさがあります。いや、本当ブログって楽しいんですよ。

全然苦しくないんです。webサイトのように。

そう考えていくと、私も一応はブロガーの特質はもってんじゃないかなあと思うのです。

先駆者達の生き方を本で学べば、学ぶほど、自分との共通点が浮き彫りmになってくるようになりました。

自分の意見や考え方を世の中に発信したい

私は学生の頃から作詞したり、作曲し、アマチュアでしたがバンド活動も行っていました。

当時はCDもリリースしたり、ライブ活動も月2回~3回ほどこなしており、毎日楽しかったです。

若い時は、自分の青臭い考え方や、社会のもどかしさなどを歌に込めて、それがリスナーに感動されると、とても嬉しかったです。

今は色々な事情で、バンド活動をやめることになりましたが、その代わりに15年以上サラリーマン、中間管理職をやってきた経験を元に、ブログを書いて楽しんでいます。

ブログを書ける人は、こういった芸術部門に秀でている方が多いようです。また、世の中に何か自分の思いを発信したい!という欲求が強いと思います。

その欲求に対してダイレクトに反応があるのが、ブログなんだよなあと思います。

社会の問題点を自分のことのように感じる

ブロガーの共通点して、社会問題について言及される方が多いです。

これは私も強く同感するところです。たとえば、私が住んでいる地域でも人口減少、小学校の統合、コミュニティーの統合、河川の汚濁、ホタルの消滅など様々なことが、おこっています。

でも問題の中に身をおく関係者の人達は、目の前で起こっている問題は、まるで自分のことでは無いというように、しょうがないんだよで終わってしまいます。

このような当事者意識のなさに、なぜか深い違和感を覚えるのです。

社会問題に対して、おかしいよね?と気づくのがブロガーです。

NPO活動の中枢に身を置くと、深い充実感を覚える

私は以前、環境保全活動NPOの事務局スタッフとして活動していたことがあります。

その時は、リアル仕事そっちのけで環境保全という仕事に、深い充実感を覚えました。

ただし、会社の都合や付き合い上の、やらされボランティア活動には、全くやりがいは感じません。

しかも、事務局スタッフもやらされ感いっぱいで、活動に参加する人達も嫌々参加しているような、ボランティア活動は、本当のNPO活動じゃありませんよね。

NPOは、本当に社会貢献活動したい人が参加するべきです。

平日はサラリーマンとして遅くまで働き、休日にボランティア活動に強制的に集められ、やらされ感いっぱいでやっているNPO活動ほど、つまらないものはないです。

参加している人は、労働搾取されているとも思っています。

反対に、社会の問題点が目の前にあり、それを解決するためにどうしたら良いか?を模索するNPO活動はおもしろいです。

自発的に集まり、自分たちで問題解決に取り組むのが理想です。そうじゃない、やらされボランティアが多すぎるんじゃないでしょうか。

ブロガーは、このような社会問題に対して興味を持ったり、NPO活動に身をおくのが好きな方が多いようです。

リアル仕事で、率直に本質を突いた意見をしてしまうことがある

figures-368751_640

私はリアル社会に軸をおいて活動していますので、空気を読んだり、場を読んで行動することができるようになりました。

15年もサラリーマンをやっていれば、当然身につく社会性スキルです。

でも、働き始めた当時は、確かにヘンな奴でした。

会社は、会社の目的や目標を達成するためにあるのですが、新入社員に仕事を教えずにイジメを繰り返したり、理不尽な言動を取ったりする先輩達に、深い違和感を覚えました。

で、率直に言っちゃうのです。

なぜ、仕事を教えて早く一人前にした方が、自分たちも楽になれるのに、イジメたりするんですか?今やっている仕事も早く終わらせて帰ることもできるんじゃないんですか?

という風にね。私にそう言われた上司や先輩達は、唖然とし、絶句していました。

当時は社会人になったばかりで、本当に素直に訪ねました。

で、結局イジメのターゲットが私になっちゃうです。(この辺のネタはまだまだいっぱいあります。)

おかしいことは、率直に意見するのがブロガーの共通点です。

今は少し大人になりましたので、率直に意見するのではなく、相手を判断して、プライドを傷つけないように、良い方向へ誘導する方にしていくようにしています。

ブログは趣味であり、生活の一部になっている

すでにブログをやっている人の言葉に、ブログは趣味であり、生活の一部になっているということをよく聞きます。

私も同じ。毎日ブログを書き続けていますが、楽いので趣味です。しかも、生活の一部にも溶け込んでいます。

平日は、サラリーマン達が同僚とランチをしている間も、私は5分で弁当を食べ、隠れてポメラでブログを書いています。

こういう趣味を持っている人は、まれなんでしょうね。

でも、私はこれが楽しいからいいんです。

休みの日も、時間があればすぐにポメラを取り出してブログを書いています。

家族と買い物に行っても、旅行に出かける時も、いつもポメラを持ち歩いています。ポメラとブログが生活の一部になっているんです。

ブロガーで生活を目指すための、心強い言葉

31XvUMaR5hL

イケダハヤトさんの著書で、年収150万円で僕らは自由に生きていくにとても大事なことが書いてあります。

P.39

ブログビジネスは、閲覧数はほぼ記事数に比例するという比較的単純な構造なので、1時間あたりにより多くのコンテンツを生産できれば、単純に、その分だけ収益性が高まっていくことになります。

これは、心強い言葉ですね。

私は現在2ヶ月間で153記事を作成していますが、確かにアクセス数もPVも記事数に比例して増えています。

だから、2年~3年間ブログを継続していれば、確実にブログ生活が手に入れられると思っています。

すごく心強い本でした。

今回も最後まで読んで頂き、ありがとうございます!

スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス

記事が役に立ちましたら「シェア」をお願いします!

ブロガーの特質と共通点を考えてみます
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス