最近、係長に昇進した人が覚えておきたい基本マニュアル(vol.8)

book-759873_640

最近、係長に昇進した人が覚えておきたい基本マニュアル(11)

第5章 係長という名の「自分」を成長させるには

自己投資の一歩を踏み出そう

「はじめに」でお話ししましたが、私が係長に昇進した時に痛感したのが、ノウハウや知識が何もなかった事でした。
ネットで「係長」、「係長 役割」と調べても、自分の為になるようなwebサイトは見つかりません。


私が次にした事は、情報を集める為の読書です。
今まで本を読む習慣は無いに等しかったので、活字を読む事に苦痛を感じました。(よくそれで、昇進出来たのか不思議に思う位です。)


係長や中間管理職をテーマにした書籍や、ビジネス雑誌は全て図書館で賄いました。
私は就学前の小さい子供が2人いて、妻と私で4人暮らしをしています。


お小遣いを貰っているとはいっても、多くはありませんので、図書館とBOOK OFFの100円書籍を中心に読書を開始しました。
これが私の自己投資の一歩です。


自己投資とは株を運用するのでは無く、自分に磨きをかけて成長させる為に行う行動です。つまり、自分への投資という事です。
次に、本を読むにも自分の時間が無い事に気が付きます。


それでも、まずは会社の昼休みなど、スキマ時間を使って本を読みました。
今では年間180冊程度の本を読むようになりましたが、読書を始めた頃は1ヶ月2冊くらいが限度でした。


それでも 月2冊×12ヶ月 = 24冊は読めるようになりました。
今は、さらに時間をやりくりする為に、朝を利用しています。


朝を活用する「朝活」と呼ばれるもので、朝4時30分で起床し、6時30分までの2時間を自己投資時間として使います。
ちなみに、いきなり「明日から4時30分で起きよう!」は無理です。体調が悪くなってしまうだけです。


まずは、30分早く起きる習慣を数ヶ月続け、慣れて来た所でさらに30分早く起床する。という段階方式を取り入れた方が成功します。
「核家族で子供も小さくて、自分の時間が無い!」という方は、ぜひ朝の時間を有効利用してみてはいかがでしょうか。


特に書籍は、身近な人が自分の成功例を整理してまとめた本なので、必要な知識を吸収する事が出来ます。
自分の能力に自信が無いと思ったら、初めにするべき事は「読書」です。
自己投資は、後から必ず結果が出てきます。

※このブログ記事は、シリーズものです。色々と読んでみてください。

係長の基本マニュアル記事シリーズ(vol.1~8)

>>最近、係長に昇進した人が覚えておきたい基本マニュアル(vol.8)

最近、係長に昇進した人が覚えておきたい基本マニュアル(vol.7)

最近、係長に昇進した人が覚えておきたい基本マニュアル(vol.6

最近、係長に昇進した人が覚えておきたい基本マニュアル(vol.5)

最近、係長に昇進した人が覚えておきたい基本マニュアル(vol.4)

最近、係長に昇進した人が覚えておきたい基本マニュアル(vol.3)

最近、係長に昇進した人が覚えておきたい基本マニュアル(vol.2)

最近、係長に昇進した人が覚えておきたい基本マニュアル(vol.1)

スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス
最近、係長に昇進した人が覚えておきたい基本マニュアル(vol.8)
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス