「経営トップになりたかったら副業やれ!」は本当?その辺のお話をします

silhouettes-816487_640

副業で経営能力を磨ける、その考え方など

サラリーマンを長くやっていても、結局は組織の歯車なので、身につくのはその職務のスキルくらいです。

経営能力が身につくことは、まずないでしょうね。経理担当だけやってても、経営能力は身につきません。

中間管理職でしたら、マネジメントのスキルは5年もやれば自然に身につきます。それはOKです。

でも、サラリーマンやってても絶対に見に付かないもの。それこそが「経営能力」なのです。

経営能力を身につけるためには、「副業」を「ビジネス」と考えてきちんと取り組むことで、経営者感覚を身につけることができるんじゃないかと。

今回はそんな話です。

ちなみに、副業はやっちゃダメな組織はいっぱいありますので、バレないようにやりましょうね。

私の話をすれば、ブログを本気運営してから2ヶ月と1週間が経過しました。

毎日ブログを2本以上書き続け、現在の記事数は178記事に到達。毎日かかさず見ていただいている読者のみなさんもいるので、自分に活を入れながら、毎日書いているところです。

毎日ブログは書いていますが、まだブログでは全くといっていいほど、結果が出ていません。ほんのわずか少し芽が出てきている程度です。

事業ベースで言えば、考えられないほどの不採算性ですが、100万PVのゴール目指して日々格闘です。まあ、まだ2ヶ月ですしね。

これだけの時間と労力を費やしても、まだ実績に結びつかないところを見ると、ブログ業界もそれなりに高いレベルでの執筆活動を行わなければ、日の目を見るのは難しいことが分かってきました。やっぱ、厳しいっすね。

ブログとは対称的に、webはヒットすると結構な収益を上げられます。それでも年単位かかりますが。

しかも、ブログのように叩かれるのも少ないような気がします。(気のせい?でしょうか)

でもね。webは、自分の仕事と直結したテーマなので、なんだか最近苦しいのです。

そんな中でも、ブログの方が多テーマを取り扱えるので、やっぱり楽しいのです。

「あまり手を広げるのもよくないよ」というアドバイスを聞いているので、多テーマとはいえ、今後はテーマ数を少し絞った方がいいかもしれません。

話がそれましたが、今回は「副業をすることで経営者としての感覚が身につけられるのか?」ということをテーマにお話したいと思います。

ちなみに結論からいいますと、副業で経営者感覚は身につけられます。

自分で考えながらあれこれやってみたいという方は、どっちかと言えば経営者向きだし、副業やった方が絶対楽しいです。仕事は全部上司の決済が必要なので、時間ばかりかかって面倒くさいんですよね。

素早く自分で判断して、コストとか収益考えながら、スモールビジネスをやると確実に経営の勉強になります。あとは、手元資金がどれだけあるかと、その資金を投資に回せるかだけなんですよね。

私ももっと収益が出てきたら、やりたいこと、実現したいことが山のようにあるので、しばらくはブログのストック資産を増やすために、毎日ブログを書き続けています。

これもしばらくの辛抱なんだと、自分に言い聞かせているんです。

前置きが長くなりましたが、では早速お話していきましょう。

すべて無料で作ってもコスト感覚が身につかない

副業とは言っても、私はブログしか書けないので、副業=ブログという視点でお話していきますね。

ブログとwebは、無料で作れます。

ブログはwebよりも敷居が低く、初心者でもすぐに取り組めるので、ブログの方がweb構築よりも簡単です。

資本投下のないビジネスなので、競争力は激しいと思います。

でも、副業で経営者感覚を身につけると考えた場合、無料で取り組めるということは、コスト感覚が全く身につきません。

収入も支出もなければ、経営にはならないし、ブログも普通の日記になり、リスクもなければいつでも辞められる状態ですよね。

誰もが始めやすく、辞めやすいのがブログです。

本気でやるつもりなら、必ずドメインをとって、サーバーをレンタルしてやらなければダメ。

逆に言えば、多少の経費をかけないと、がんばらないのが人間ってモノ。

ぬるま湯では成長しないのとおんなじですね。

売上が少しずつ出てきたら、少しずつコストをかけていく

success-617130_640

ズブ素人の日記を検索サイトで探して見てくれる人は、9割9分どこにもいません。

webもブログもある程度、売上が出てきたところで広告費をかけます。

ちなみに、webやブログをみる人は、自分の問題を解決するために検索サイトでキーワードで解決したいことを入力し、検索をかけます。

だから、サラリーマンの普通の日記じゃ誰も見ないんですね。(自戒もこめて・・)

本当の日記で満足するのは、芸能人、モデル、美人な人、有名な会社の社長くらいじゃないでしょうか。

なので、私のようにごく普通のサラリーマンがブログを書く場合、必ず自分の体験がユーザーの問題を解決しているという感覚を持つ必要があります。

広告費は、一言で言えばFACEBOOKページなどのSNSも含まれています。多くの人に見てもらうために、お金をかけて行きます。

そうすると、経費をかけた文だけ、多くの読者を手に入れることができます。

読み手を意識して、記事を書いていくことはイコール、ビジネスと同じ感覚

前項ではすでに、読み手を意識するというお話はしていますが、ビジネス感覚でいけば、ブログは読み手があって初めて成立するものです。

ただ、読み手を意識しすぎると自分が書きたい記事をかけず、収益性オンリーのトレンド情報ばかり追いかけてしまうようになります。

ブログをストック資産として考えれば、自分の体験と思考を文章に置き換える作業は、地道で淡々した作業を長期間することになります。

ビジネスとしては、時間がかかりすぎて消耗してしまいますよね。でも、貧乏サラリーマンはもともと資本投下もしないので、とにかく作業を続けるしかないんです。

私のような凡人では、長年に渡ってコツコツとやっても、5~6年は赤字覚悟になりそうです。

でもやりますけどね。だって、私個人ではブログしか売上を生むことができないので。まずは、しっかりと売上を作って資本を作る必要があります。

手元に資本(現金、預金)がある人は、ブログよりも別のことができるでしょうね。

毎日売上、アクセスをチェックすることで磨かれる能力

student-849825_640

副業で経営感覚を身につけるには、毎日1回以上アクセスをチェックし、売上をチェックするのが良いです。

アクセスはグーグルアナリティクスがあれば、他に何もいりません。

ブログはwebと比較しても、アクセスが安定しない(変化が激しい)し、ストック資産がある日突然収益を生む記事になるので、毎日のPDCAはかかせません。

突然、ある記事にアクセスが増えてきたら、すぐに記事を読み返して、誤字脱字をチェックし、足りない論点は足し、満足度が上がるように記事のボリュームを増やしていきます。

そうすると、ストック資産もますます価値を帯びていくんですね。

経理も分かれば、数ヶ月まとめて記帳するといいし、年単位で決算できればもっと良い

私は経理を勉強してきたので、エクセルで会計帳簿を全部作っています。取引が増えれば会計ソフトを導入しなければならないのですが、まだ、全然やる必要なしです。経理のボリューム(会計取引)がそもそも少ないからです。

経理している時間があったら、とにかくブログを量産するべしです。

でも、経理が分かるようになるといいですよ。

数年間の変動や動きが分かるので、事業として成長しているのかどうかも一発で理解できるようになります。

最近は、数ヶ月分をまとめて記帳するようにしています。

以上の話を総合すると、副業といえども経営能力は磨くことができる。ただし・・・。

 

entrepreneur-593358_640

以上色々をお話してきましたが、要は私は自由にビジネスがしたいだけなのです。

そのネタがブログです。そして文字を書くのが好きなので、他の業態をやっても長続きしないと思います。

だから、自分の思い通りの文章を書き、ビジネス性を意識しながら進めているので楽しいのです。ただの日記じゃつまらないですしね。

と、立派なことを言うようですが、私も普通の日記を5、6年くらい書き続け、これではダメだと反省しつつ、今の自分に至っています。

副業をただのお小遣いかせぎにしてしまうと、絶対に長続きしませんし、それだったら他のアルバイトでもやった方がお金になります。

でも、アルバイトでは仕事の体験と日銭稼ぎはできますが、育てるビジネスにはなりません。

なので、副業を始めるときには、一事業を作るという気持ちで取り組んだ方が結果的に自分にも積み重なっていくものがあります。

今回も最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
めざせ100万PV!(達成するまで言い続けます)

スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス
「経営トップになりたかったら副業やれ!」は本当?その辺のお話をします
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス