疲労で休めなくても、どうしても乗り越えなければならない時にすること

person-731165_640

休みたくても全く休めないし、疲れた・・・さあどうする?

肉を食べると疲労回復しますよ

hokkaido-635019_640

もう、無理・・全然休めないし、疲れて体が動かない。だるい・・。

という時ってありますか?

っていうのも、私の今の状況なんですけどね。

接待や懇親会、交流会などが重なって、仕事も長時間労働が続き、仕事も休めないし、もう無理だわさ・・。

なんて時は、私は焼肉屋さんに走ります。

疲れた時に高品質なタンパク源を取ると、疲れがすぐにとれます。とれるというか、スタミナがつくんでしょうね。

昼のランチだったら、そんなに高くないと思いますので、疲れているけど休めない時はすぐに食べましょう。

効果は1時間もすればみるみる出てきます。昼に食べた焼肉パワーで夜も普通に元気あります。

歩けないほどにヘトヘトに疲れていても、焼肉を食べるとみるみるうちに、元気になります。これはすごいっすよ。

なぜかあまり効果を感じないのが、ドリンク剤

私だけかもしれませんが、ドリンク剤でも安いものってあんまり効き目がありません。

600円もするようなモノは効くかもしれませんが、それだったら少しお金を出して焼き肉を食べた方が、元気が出ます。

やっぱこれからは、肉ですね。

最終的な疲労回復を考えると、やっぱ寝るに限ります

最終的には極度の疲労を回復するには、寝るに限ります。

私は、今までは肉を食べてスタミナをつけるという考えがあまりなかったのですが、今日で肉に目覚めました。

良質なタンパク質の肉を食べて、温泉に入って寝る。これが私のパフォーマンスを維持してくれるのだと思います。

本当は運動もして体力を戻したいのですが、普段忙しくてなかなかできないので、こういう形になります。

そう考えると、会社ってどうなんだろうね。

ストレスと極度の疲労も、自分で管理しなきゃいけないというナゾがふつふつと沸いてきます。

サラリーマンのお小遣いも、昼食とか、ストレス回避なんかでお小遣いなんかぶっとびますよね。

そう考えると、なんでこんなに疲れるまで働かされるんだろう?と疑問に思います。

自分で仕事をコントロールできない辛さが、サラリーマンなんです。

ああ会社員。

それでも、自分でコントロールする生活を手に入れる為には?

couple-690948_640

サラリーマンというのは、基本的に自分で仕事をコントロールできないようになっています。

それが、中間管理職ならなおさらです。

中間管理職は、上司から山のような仕事を投げられますし、何かトラブルがあってもすぐに対処しなくてはなりません。

自分でコントロールできないんです。サラリーマンは。

でも、何かしらのコントロールをして、定時で仕上げる努力をすればいいんじゃない?って思うでしょ。

違うんです。

どんなにパンパンに仕事を持っていても、段取りよく仕事進めている中で机がキレイだったりすると、すぐに上司はヒマだと思います。

上司の処理能力や任務の遂行能力がないと、すぐに上司はアップアップしだし、部下に仕事を投げつけるモノ。

だから、仕事の業務量を定量的に把握できない上司は、部下の様子、見た目で決まるのです。

「あれ?ヒマそうだな。どれあの仕事やらせるか。」ってな風に。

そうすると、どれだけ仕事の出来る部下でも、極限まで仕事を持ち、どれだけ段取りよく、効率良く仕事ができても、いずれ洪水のように水があふれ出すのです。

素直でまじめは人は、よーく気をつけてくださいね。

なので、できない時はできません!とはっきり断るのが良いです。

そうしないと、自分の身が崩壊しますからね。組織は管理職などの上司は守るけど、部下は守ってくれませんよ。

スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス
疲労で休めなくても、どうしても乗り越えなければならない時にすること
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス