「NOと言う技術」中間管理職のみなさん!責任と仕事を背負いすぎていませんか?

no-68481_640

私たちは、NOと言えるかといったら、言えない立場に近づいています。でもそのまま働き続けたらおかしくなりますよ

中間管理職になると、役員や上司から理不尽なことを言われても、何も言えない立場になりつつあります。

自分ができないと言ったら、他の誰かがやることになりますよね。

「部下にやらせて失敗したらどうしよう・・」とか、「部下にやらせて失敗するよりだったら、まず自分がやるしかない・・」なんて思います。

責任があるので、仕事を自分が被るしかない!という方は、責任感の合る方です。

自分で言うのもなんですが、私もこういうタイプです。

でも、人間がこなす事業量は限られています。ホワイトカラーは、一見仕事をしているのか、していないのかわからないモノ。

ヒマそうだからという簡単な理由で仕事が降ってくることに対し、果たして、安請け合いして良いのか、それとも部下をかばって自分がやってしまうのか、それとも自らが鬼になって、部下に仕事を投げつけるのか?

このようなジレンマは、中間管理職は常に抱えることになります。

でも、身も心も捧げてボロボロになって、最終的に家族との関係が悪くなっても、会社なんか助けてくれないのです。自己責任になってしまいますから。

さて、私たちはいったいどうすれば良いのか考えていきたいと思います。

いやー本当はブログの話したいんですけどね。たまにはね。

偉くなればなるほど、懐疑心を持った鬼にならねばなりません。私は無理ですが

偉くなればなるほど、仕事のスキルうんぬんの話じゃなくて、人間の対応に腐心するようになります。

この部下にはこの仕事ができるのか、それ以前に仕事は上手くいっているのか、周囲との軋轢はないか。すでに別部署とのトラブルになって、仕事が回らない状態になっていないかなど、考えることは山ほどあります。

そうなると、人間の心や性格別の対応を考えなければなりませんし、話かける時には今忙しそうだから、辞めようとか、ちょっとタイミングみようなんてこともします。

いやー実に面倒くさいね。中間管理職。

人間的にどうなのか、本音を言ってるのか、嘘をついているかもコミュニケーションから読みとらなければならないので、変に懐疑心も身についてしまうんですよ。

今の日本社会の組織は、シニア世代がバリバリと働いているので、年下の上司なんてザラ。さあどうする

そんな倍近くも年齢の離れている上司に、「おい!あの資料できてんのか!?」なんて言えます?無理ですよね。

なので、会話や指示命令が一方通行にできない世の中になっています。あまりに一方通行だったり、一歩間違えればハラスメントになります。

だから、昔の中間管理職とは違ってストレス過多なんですよ。

だからこそ、一枚岩になって上司とタッグを組み、それが無理ならその上の上司から理解してもらえるようにしないと、自然につぶれてしまうのです。

こんな世の中だからこそ覚えておきたい、NOという技術

以上のように、中間管理職は責任と仕事が隣り合わせです。

仕事を抱え込みすぎると、精神が破壊されるので、それを防ぐために仕事を誰かに振るということをしなくては、身が持たないのです。

だから、完全にお人好しではマネジャーとしてはダメ。ある時は、鬼のごとく叱って部下を動かすことも必要ですし、ハッタリをかましてでも、ビジネスマンとやり合うこともあります。

一方で仏のように、部下の話を聞いて不満を募らせないように、ガス抜きをすることもあるでしょう。

またある時は、部下にナメられないように、一定度の上から目線も時として必要な場合もありますし、新人部下の心を開かせるために、優しく語りかける時もあります。

中間管理職って一言で言っても超、大変です。

最近太ってきてますしね・・。泣

だからこそ、はっきりと申すべきところは、ハッキリと言わなければなりません。

空気を読みあって、部長、自分がやりますよ~なんて言ったら最後。

鬼のごとく使われて、ポイです。

だから、できる時はできると言えばいいし、できない時ははっきりNOと言いましょう。

ここでは、古き良き日本社会は捨て去るべしです。

なんだかんだいっても、資本主義経済では弱肉強食になっちゃう

古き良き・・・の日本人の働き方というのは、空気を読みあってストレスなく仕事をすることを良しとされていますが、今後のグローバルビジネスが加速する状況では空気を読み合わないで、自分の意見をハッキリと言うことが求められてきます。

なんだかんだ言っても、日本のビジネス界は資本主義なので、お金を持っているや強い人には人が集まり、お金も集まるようになっています。

だからこそ、この経済でやって行くには、ハッキリと自分の意見を言う。ということが大事になってくると思いますよ。

今回も最後まで呼んで頂き、ありがとうございます!

スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス
「NOと言う技術」中間管理職のみなさん!責任と仕事を背負いすぎていませんか?
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス