一言で言うと「すげえ迫力」。映画ジュラシックワールド3Dを見た感想など

記事が役に立ちましたら「シェア」をお願いします!

jyurasicjpg

引用:イオンシネマ 

夏休みを利用して、子供と一緒にジュラシックワールドを見に行ってきました。

自分が小さい頃に興奮して見ていた当時に戻りつつ、楽しんで見ることができましたよ。

では、レビュー・感想など書いていきたいと思います。

イオンシネマにてジュラシックワールドを見に行ってきました。一通りの感想などを書いていきます。

先日、イオンシネマで子供と一緒にジュラシックワールドを見てきました。

最近の映画業界の流行りなんでしょうか。3D映像ってヤバいですね。迫力が増します。

地方では、映画館といえばイオンしかないので、子供とワクワクしながら見に行ってきました。

ウィキペディアにありましたが、

2002年6月にスティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を取り、『ジュラシック・パークIII』のジョー・ジョンストンが監督で『ジュラシック・パーク4』の製作計画が行われるとスピルバーグが語っていた。

11月には4作目の脚本にウィリアム・モナハンが雇われていた。2004年9月には脚本に新たにジョン・セイルズが雇われ、モナハンの代わりに未完成だった4作目の脚本を書き上げた。

モナハンとセイルズが書いた4作目の脚本は軍が恐竜と人間の遺伝子を掛けあわせた兵士を作り上げるという内容で、コンセプトアートも制作されたが[2]。この内容のジュラシック・パーク4の製作計画は結局、後にキャンセルとなった。

その後は長く延長され、製作は遅れていた。

以上にあるように、今回の4作目の「ジュラシックワールド」の構想からは、すでに13年が経過しています。

前作のジュラシックワールドⅢは2001年に公開されているので、前作からは14年が経過した大作なんですね。

ちなみに、最初の作品である、ジュラシックパークは1993年に公開されているので、トータルとしては18年の歴史があります。

映画のテーマは前作と同じような感じ「続編モノ」

映画のあらすじとテーマは、前作の続きというか同じようなイメージですね。

イスラ・ヌブラル島でのジュラシックパーク事件の後、インジェン社がマスラニ社に買収され、人気の観光施設となりました。

主人公の1人でもあるザックとグレイは、最高責任者のクレアを頼りに、ジュラシックワールドへ行きます。

彼らが、訪れた日も2万人の観光者が訪れるくらいの人気スポット。

グレイはもともと恐竜が好きで好きでしょうがないので、はしゃいでいるのですが、高校生のザックはあまり楽しい感じじゃない様子。

どちらかといえば、女の子に視線が行ったり・・の様子。

最終的にはヌブラル島で各種恐竜が脱走し、人を恐怖におとしいれますが、最終的に恐竜同士が戦い、架空の恐竜インドミナスレックスを倒し、子供たちは無事に帰るというストーリーです。

一言で言うと、前作よりもさらに迫力が増している

CGや3D映像も迫力を増す要素の1つなのですが、さらにシーン別で迫力のあるところは、

・前作と同様にインドミナス・レックス(架空の恐竜・・・ティラノサウルスに似ており凶暴)から、やばい見つかりそう・・というあの感覚。見つかったら食われるかのアレです。

・ラプトルとともにインドミナス・レックスを捕獲する目的で、森林を駆け抜けるシーンで、自分がバイクに乗って走っているようなスリル感覚。

・プテラノドン、ディモルドフォンがドームから逃げ出し、2万人の観光客を遅うというシーンもスリルがあって、これまた面白い。

・最終シーンは、信頼関係のあるラプトルとティラノサウルス・レックスと手を組んで、インドミナス・レックスを倒すというモノ。

大人の私たちは、大体シーンの予測ができる作品ですが、迫力がハンパないのです。

18年も前の作品でも、CGがリアルだったので、現在の技術の向上とともにリアル度が増していました。

小さい子供が見ても大丈夫なの?

私は小学校5年生の男の子と、小学校2年生の男の子がいますが、特に問題なく最後まで見れました。

でも、下の子が結構なおしゃべりで、すぐにペチャペチャ話しかけてくるので、周りには少し気を使っています。また、コーラのLサイズをガブ飲みしていたらおしっこを3回も行っています。

小さい子は、Mサイズ、Sサイズでもいいですね。

どうやったらあのような、リアルな恐竜が出来るのか?

1202

『ジュラシック・パーク』ではT-REXの上半身や、ヴェラキラプトルの足などを、アニマトロニクスという自由自在に動く等身大の模型を作って、まるで生きている恐竜のように画面に登場させています。

走ってくるT-REXの引いた画はCGで、主人公たちを威嚇する寄りの画はアニマトロニクスで、とカットごとに分け、自然に繋がるように調整し、CGカットの完成度をより高いものに錯覚すらさせています。

出典(画像・文):『ジュラシック・ワールド』の恐竜はなぜリアルに見えるのか?映画のCGの話 – FILMAGA

SFXという特殊撮影技術で、等身大の恐竜の模型を使って近くのシーンを撮影し、遠くで走っているのはCGで作り、上手く融合させていくという手法のようです。

うーんなるほど。

オープニング興行収入は、全世界NO.1を記録したそうです

スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務める映画『ジュラシック・ワールド』が、6月12日に全米で公開初日を迎えた。オープニング週末3日間の興行成績は、全世界合計で5億1,180万ドルと、映画史上No.1を記録したという。

映画『ジュラシック・ワールド』は、ジュラシック・パークシリーズの最新作。驚異的に進化した最新のテクノロジーを駆使したエンターテインメント作品として、公開前から世界中で期待を集めていた。アメリカをはじめ、イギリス、フランス、韓国、中国でも公開し、大きな話題となっている。

オープニング週末3日間の興行成績は、これまで1位だった『ハリー・ポッターと死の秘宝PART2』(2011年公開/4億8,320万ドル)を抜き、5億1,180万ドルと記録的な数字を樹立した。アメリカ国内では、12日~14日の週末3日間で公開した映画作品の全体興収のうち、77%が同作の興収であったという(6月14日 BOX OFFICE ANALYST調べ)。

各国のヒットを受けて、日本では急きょ、公開初日を8月5日に早めることを決定した。全世界では劇場の約半分が3D方式で同作を上映。年代別にみると25歳以下が約4割を占め、シリーズ初期から観ていた30代40代だけではなく、若者層からの支持も高くなっている。

引用:exiteニュース 「ジュラシック・ワールド、オープニング全世界興収が映画史上No.1に」

6月12日に全米で一斉公開をし、3日間のオープニング興行成績は5億1,180万円を記録。

映画史上初のNo.1を記録したそうです。今までのNo.1は、ハリーポッターです。

日本でも8月7日公開予定を2日前倒しし、8月5日からスタートしています。

ジュラシックワールド限定カップも買ったよ!

iassamage

引用:イオンシネマ

イオンシネマ限定のジュラシックワールドドリンクカップも勢い余って購入してます。

600円・・・でも、記念だしなーということで父の財布から出しました。

ぜひ、行ってみたい日本の恐竜王国

WS000000

出典:福井県立恐竜博物館

日本の恐竜で有名なのは、「フクイラプトル」ですよね。

ということで、福井県立恐竜博物館にも行ってみたいなあ。

>>福井県立恐竜博物館のwebサイトはこちらです。

その他、恐竜が展示されている博物館を調べたところ、

国立科博物館(東京都台東区上野公園 7-20)

御船町恐竜博物館(熊本県上益城郡御船町大字御船995-6)

があるようですね。

国立科学博物館は恐竜だけじゃなく、人、科学、宇宙、歴史の総まとめ博物館なので、まともに見てたら1日以上かかります。(1度行ったことがありますが、じっくり見ていたら半日が経過してました。)

その他参考になるサイトを探してみました。

恐竜好き必見!大迫力の化石があるおすすめ恐竜博物館BEST6|関東編

恐竜好き必見!大迫力の化石があるおすすめ恐竜博物館BEST6|関西・九州他

恐竜化石が見れる日本の博物館

などなど、いやー夢がありますな。

関連動画


関連リンク

wikipedia

ジュラシックワールド

SFX(特殊撮影技術)

インタビュー記事

映画『ジュラシック・ワールド』あのパークがついにオープン!ブライス・ダラス・ハワードにインタビュー

ニュース記事

・ ジュラシック・ワールド、オープニング全世界興収が映画史上No.1に(exiteニュース)

 関連グッズ 

アマゾンを見てたら、ジュラシックワールド関連グッズって色々あるんだなーと。参考までです。

 書籍・小説

ゲームソフト・おもちゃ

CD・DVD

ポスター・パンフレット

Tシャツ・バッグ・タオル

The following two tabs change content below.
けぴお

けぴお

ブロガーイキルメディア・ラボ
東北ブロガー。家族とミニウサギと楽しく暮らしてます。ジャーナルな執筆活動と自給自足で牧歌的な生き方を目指す「物書き屋さん」です。 >>詳しいプロフィールはこちらです
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス

記事が役に立ちましたら「シェア」をお願いします!

フォローする

一言で言うと「すげえ迫力」。映画ジュラシックワールド3Dを見た感想など
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス