記事が役に立ちましたら「シェア」をお願いします!

あなたは大丈夫?「累積疲労」の恐ろしさと改善・解消法

記事が役に立ちましたら「シェア」をお願いします!

animal-653446_640

yahooニュースでも「累積疲労」について言及しています。

当ブログでも、サラリーマンの疲労やストレスの対処法について、記事を連ねてきましたが、最近yahooニュースのトップで知った「累積疲労」について知ったことや、改善策や解消法などについてお話していきたいと思います。

では、まずyahooのトップ記事での「累積疲労」についての引用文です。

WS000000

「累積疲労は、体の疲労が心の疲労にも移行する。放置すると、パニック障害や、うつ病、過労死にもなる怖い病気です」。心療内科医で、「累積疲労」という病名の名付け親でもある堀史朗さんは、そのメカニズムを説明する。

疲労がたまってくると、血管の9割を占める毛細血管と、リンパ管がつまりやすくなる。また、体の細胞を修復する成長ホルモンの分泌が減って、死んだままの細胞がたまっていく。こうして、体のだるさを感じるようになる。

さらに、胃腸が弱り、栄養素が消化・吸収できなくなる。特に、ビタミンや微量の重要な栄養素が吸収できず、消化や運動などの生命活動の中心でもある酵素の活性も落ちる。ますます、毛細血管がつまりやすくなる。

こうした中で、脳の毛細血管がしだいにつまっていくと、理性をつかさどる大脳の前頭前野の働きがゆっくりと衰え、神経回路網もだんだん荒廃していく。

「つまった末梢(まっしょう)の細い血管が体内、特に脳に増えていくのが、累積疲労の要因だったのです」と堀さん。治療は、患者の毛細血管をひろげたり、修復したりして、末梢循環を改善することを重視している。

疲労回復に睡眠が大事なのは言うまでもないが、睡眠は体の細胞を修復し、疲れをとる成長ホルモンが分泌する大切な時間でもある。だから、短時間の睡眠では成長ホルモンの分泌が十分でなく、疲れがとれない悪循環を引き起こしてしまう。

「仕事などで平日の睡眠時間が不十分な人は、週末など休める時は少しでも長く寝てください。成長ホルモンの不足を取り返し、疲れを早く解消すべきです」

出典:2015.07.17 yahooニューストップ

仕事で疲れてくると、体がだるくなって動くのもおっくうになりますよね。

私の疲労は頭にもきます。あまりに疲労がたまってくると、考えるのもイヤになり、発する言葉が遅く、理解力も半分以下になります。

こういった症状は、すべて「累積疲労」なんだなと分かりました。

「週末は、長く寝ると逆に疲れる」ということも良く効きますが、私はまったく逆。

あまりに疲れたら、自分で起床したくなるまでとにかく寝ることにしています。

この辺は、当ブログでも記事を書いておりますので、(参考記事:疲れすぎて全く動けない!働き盛りが覚えておきたい疲労回復のツボ )参考にしてみてください。

積み重なった疲労が結果として、「うつ」や「過労死」につながる累積疲労。ちょっと怖いですね。

累積疲労は慢性疲労とは違う!

「累積疲労」と「慢性疲労」って何が違うの?同じじゃね?

と思う方も多いと思います。というわけで、この記事で違いが分かりました。

ときどき、慢性疲労症候群と混同されることがあるが、慢性疲労症候群は、原因や治療法がまだわかっていないのに対し、累積疲労の場合は、原因が疲労であることや、治療法もはっきりしていて、治療さえすれば確実に治る点が前者と異なっている。また、心の症状があるように見えても、うつ病とは違って純粋に“体の病気”である点も特徴だ。

出典:プレジデントオンライン – 累積疲労だと感じたら、まず何をやめるべきか

慢性疲労と、累積疲労は全く違うことなんだと、「累積疲労」という言葉を作った、エビス心療内科院長 堀 史朗氏は言っております。

原因が「体の疲労であること」と、はっきり分かっているのが、累積疲労です。

体の疲れが積み重なると、心も病に侵されるということ。

体は休めなければダメ!なんでしょうね。日本人は働きすぎですから。

改善方法① 疲労回復には、やっぱり睡眠時間が必要だということ

疲労回復には、さまざまな食べ物やサプリメントでスタミナを回復させることも当たり前のように、行われていますよね。

ブログ記事の、(参考:疲労で休めなくても、どうしても乗り越えなければならない時にすること )でも、私は肉を食えばスタミナがつくと考えています。どうしても乗り越えなければならない時は、すぐに焼肉屋さんに走って肉を食らいます。

でも、最終的には睡眠がかかせないんですね。

睡眠なくしては、疲労は回復しないってこと。

なので、疲労回復には、「仕事を休んで寝る」になります。

でも夏のように、暑くて寝苦しい日が続くと、良質な睡眠がとれず、疲れを翌日に持ち越してしまいます。

そんな時は、いつもより1時間早く寝るだけでも違いますよ。

ただし、夏休み終わったばかりで、疲れたなんて言えない・・という場合は?

夏季休暇が終わったばかりで、上司の前で「遊びすぎて疲れましたー。」なんて口がさけても言えないですよね。

まずは、1週間我慢して、次回の休みで疲労回復しましょう。

(参考記事:疲れすぎて全く動けない!働き盛りが覚えておきたい疲労回復のツボ )この辺の記事も参考になりますよ。

改善方法② 日常生活で疲労回復する方法

ちなみに私は遅くても、22時には子供と就寝し、朝4時半で起床してブログを書きまくっています。

早いときは、21時で寝ます。

小学生みたいな就寝時間ですが、これくらい寝て入れば、日常的に疲労回復はできます。

次の日は、結構スッキリしてますよ。

睡眠が足りている状態であれば、目ざまし時計に頼らずとも勝手に起床できるようになります。

スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス

記事が役に立ちましたら「シェア」をお願いします!

あなたは大丈夫?「累積疲労」の恐ろしさと改善・解消法
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス