【ブログ論】 ノルマから解放されると、「イノベーションを生む」ってことが改めて分かった。

gears-683413_640

日々のノルマに焦ると、良い記事を書けないことが分かりました

毎日ブログを書き続けて、早3ヶ月。何だか以前とは違った自分がいるようです。

まず、ブログを書くことが全く苦痛になりません。

逆に少しでも時間があると、あっ!書かなきゃと思ったりもしますが、すでに頭の中に自然と、あーこれってどうなんだろう?とか、これいいネタになるなーとか、この考え方ってイケるんじゃないかな?なんて考えが、次々と浮かぶようになります。

今もこうやってブログを書いていると、次々とアイディアが浮かぶので、書ききれないのです。

私はブログを書くために生まれてきたのかもしれない・・と最近は本気で思うようになりました。

結構、真面目に。

でも、プラスのアイディアやイノベーションは、ノルマに余裕がないと焦ってしまい、生まれないモノ

これは、リアル仕事(サラリーマン)でも同じです。

毎日、毎月、毎年やるべきことに日々追われていると、イノベーションは全く生まれません。

全くです。可能性ゼロに近いです。

イノベーションを生むには、すべての作業から解放されることにあります。

これをブログに当てはめると、私はブログを毎日2記事更新する!と決めています。

これは、サラッと生きログを運営するポリシーでもありますし、自分との約束であり、ユーザー(需要側)との約束でもあります。

でも、私は普段はサラリーマン中間管理職なので、平日はブログを書く時間があまりありません。ほとんどコマギレ時間で書いています。

でも忙しいと本当に疲れすぎて、書けない日が続きます。

(参考:3日間平均5時間睡眠でも何とかなるけど、後が怖いという話 )この記事のとおり、仕事が忙しい日は丸3日間もブログが書けませんでした。私としてはブログが書けないとストレスがたまっていきます。

そうなると、あせるんですよ。

「とにかく、記事を書かないとヤバイ!」という気持ちになり、「数をこなせばよい」という気持ちになり、あまり良い記事が書けなくなります。

数をこなすだけになると、自分としても満足できないし、ユーザーが見てもあまり面白くない記事になってしまいます。

これがイノベーションを生まない理由です。日々のノルマに追われる状態です。

イノベーションを生むような記事、PDCAを意識した記事を書くにはどうすれば良いか?

毎日2記事更新は、結構大変です。この記事を書いている今も、3ヶ月間、毎日毎日ブログの記事を書き続けてきました。

まるで鬼のように。

でも、今はノルマをこなすことと、良い記事を書くことは、まったくの別次元に存在することが分かっています。

毎日のノルマに追われて、良い記事が書けない!と思った時、まずやるべきことは、ノルマをある程度のスパンで達成し、心理的プレッシャーを解放させましょう。

具体的には、

・土日などの休日を使って、1週間分の記事を書いてしまう

・平日は平日で2~3記事を書き続ける

このようにブログを書いていれば、永遠にノルマに追いつくことはありません。

ノルマをはるか彼方に、追いやってしまうのです。

そうすれば、心理的プレッシャーから解放され、自分が何を書きたいのか?今、何を書くべきなのか?人気記事を見直したり、分からないことがあれば調査したり、文献を調べたりして、さらに良い記事が書けるのです。

リアルな仕事も同じですよ

日々の忙しさをトコトン整理し、新入社員でもパートでも出来るようにマニュアル化してしまえば、自分の仕事からは解放されます。

中間管理職になると、単純作業から脱皮し、問題解決をしたり、新しいアイディアで物事に対処することが当たり前になってきます。

いつまでも作業層に居続けると、頭で考えることが出来なくなるんですよ。

リアルな仕事もブログも結局は同じってことですね。

今回も最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス
【ブログ論】 ノルマから解放されると、「イノベーションを生む」ってことが改めて分かった。
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス