記事が役に立ちましたら「シェア」をお願いします!

サラリーマンでも3ヶ月間でブログを250記事書く方法

ブログ 書く 方法

サラリーマンをやりながら、ブログを書くのは大変ですよね。

しかも、大量となるとこれまたキツイです。

私は、平成27年5月19日から本気でブログを運営する!と心に決め、毎日2記事~3記事ほど書いてきました。

文字数は800字~2000字で、見出しタグ設定して書きます。あまり考えずにとにかく書きまくった結果、3ヶ月で250記事を書いています。

平均すると、1日2.7記事になりますが、これだけの記事数を積みかさねるには、体育会系的に「とにかく書きまくる!」だけでは、なかなか難しいと思います。

どこかにシステマチックな考え方を取り入れたり、無心で取り組むようにしないと、書くことに心が折れてしまいます。

今回は、サラリーマンでも3ヶ月間で250記事を書く方法をお話ししていきたいと思います。

サラリーマンでも、3ヶ月間で250記事を書くためにはどうすれば良いか?

3ヶ月は90日です。1日を間違いなく積みかさねることで、日数が経過するほど大きい資産を築くことができます。

もちろん読まれるためのブログの書き方も大事ですが、質を高めるためにはまず書くことが大事です。

今回は「ブログ記事を多く書くための方法」を中心に説明していきたいと思います。

私はブログを書くにあたって、どうやって継続力を身に付けたか?

ブログを長期的に書くにあたって、必要なことは継続力です。

私は何をやっても長続きせず、コツコツ何かに向き合うことができませんでした。

私が継続力を身に付けた出来事として、会社の経理担当になったと同時に、100円貯金を始めたことです。

詳しくは、100円玉貯金・小銭貯金でお金を賢く貯める9つのポイントでもお話ししていますが、先人の知恵を学び(本を読むことです)、継続力はどう身に付けたら良いのかを考え、100円貯金を4年間にわたって行いました。

これは私の人生の中でも大きな出来事でした。忍耐や継続のコツを体で覚えることができました。

この体験から、ブログにも継続力を応用させることができます。

読者の皆さんにも、同じように100円貯金をおススメするわけではありませんが、自分に負荷をかけることを長期間継続できる方は、ブログも継続できると思います。

例えば、

・運動

・習いごと

・学習

など、長期間にわたって行動し続けることができる人は、ブログの継続力にも応用できると思います。

ブログを集中的に書くには、春から夏が良い

サラリーマンをしながらブログを大量に書くには、春から夏にかけてが一番適していると思います。

冬期間は日が短かく、何をやるにも行動がおっくうになります。行動量も減少しますし、生活のために何かと時間がかかるのが冬です。

例えば、服を着替えるのも冬は着る服が多いですよね。そういうことです。

時間が圧迫されるのが冬期間ですので、活動量の多い春から夏にかけて、集中的にブログを書くことをおススメします。

ブログを書く時間は、朝が一番効率が良い

私は朝活(朝早く起きて活動することです)でブログを書いています。

私が朝活について書いた記事は、「朝活」は人生を変えるメリットの大きい活動だと思う。で、まとめています。

朝は1日のうち、一番効率の良い時間ですので、夜は早く寝て朝一番にブログを書くと、夜の何倍もクオリティの高い文章を書くことができます。

ブログを書くなら「朝活」でやった方がいいですねでも、朝活について書いています。

あらゆるテキストコンテンツをブログにつめこむ

私は、ブログを本格的に始める前にメールマガジンを1週間に1回配信していました。

メルマガのクオリティは全然大したことはありませんが、テキストコンテンツとしては流用がききます。

メルマガを修正したり、書き足したりすることで、ブログ用のコンテンツとして使える素材なります。

日記やワードなどの文書がPCの中にあったら、ブログ記事として使わない手はないです。

むしろ、積極的に使ったほうが効率よく書けるようになります。

もちろん、会社の機密情報や個人情報を流用することはできませんが、自分のプライベート上で文章がある場合は、ブログに生かすことを考えていきましょう。

毎日PVや収益は見ないようにする

私は本格的にブログを始めて、結果が出てきたのは4ヶ月目からです。

それまでは、ブログ記事を書いても書いても、まったく結果が伴わない状況でした。(どちらかと言えば、収益の面です。)

以下は、ブログのPVと売上高をグラフにしたものです。

ブログ 収益 PV

平成27年5月19日から本気で毎日ブログを書いていても、売上はまったく反応ないことがわかります。4ヶ月が経過した8月頃から徐々に伸びていますね。

なので、ブログを本気で書くぞ!!と思ったら、とりあえず3ヶ月間は収益やPVは見ないようにします。

このころは週1回のチェックで十分です。

ブログを書くことをシステム化する

私はブロガーとして天才でも秀才でもないので、どれだけシステマチックに行動を起こせるかを重要視しています。

【1日1記事書く方法】毎日1記事ブログを書くにはどうすれば良いか?でまとめていますが、カレンダーにブログを更新したらチェックをつけて自分がきちんとブログを書いている実感を持たせるのが良いと思います。

また、毎日の生活リズムを規則的にすることを意識し、「この時間は書く」と決め、体が覚えるまで実行し続けるのも良いと思います。

3ヶ月間ブログを書き続けた私が今思うこと。

むしろ、ブログ運営が年単位になろうとしていますが、3ヶ月間ブログを書き続けると、自分のどこが成長し、何が変わるのかまとめていきたいと思います。

自分の行動に驚く

「気付いたら、もうこれだけ書いてる・・でも、まだまだだ!」と日々を振り返っています。

これは、無心で書き続けた結果だと思っています。

なんとまあ、これだけ書いたもんだなあ・・と改めて感心しました。

ちなみに、私は、学生の頃から趣味でwebサイトやブログを作っては失敗してきました。でも、これだけの記事を書いたのは初めてです。

ブログがとにかくサラッと書ける!

これは、一番の成長ですね。

毎日2記事を3ヶ月も続けていると、もう自然に書けちゃうんです。

これが1ヶ月前であれば、翌日のブログを書くので精一杯。今はスラスラかけてるんですよ。

プロブロガーのみなさんのように、「息を吐くようにブログを書けるようになる」ところまでは、全く届きませんが、違和感なく始められ、いつの間にか結構記事が書けてるというトコロまでレベルアップしています。

ここまで来るとようやく、レイアウトなどが気になってくる

3ヶ月で250記事を書くと、ようやくブログのレイアウトや、表示スピードなどを意識するようになります。

私はワードプレスがまったくわからなかったので、ブログを開設してからは、ロゴ、見出し、レイアウトなどはほとんど手を加えず、そのままにしていました。

これに気付けたのも、ブログをバンバン書けるようになったからです。心の余裕から周りが見えるようになるのです。仕事も同じですね。

ワードプレスブログは、webサイトと違ってカスタマイズが出来やすい半面、きちんと勉強しないと、上手く収益化にはつながっていかないように思います。

ではまた!

スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス

記事が役に立ちましたら「シェア」をお願いします!



お仕事依頼はこちらから

サラリーマンでも3ヶ月間でブログを250記事書く方法
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス