ルーティンにミスが多いと任せられる仕事は少なくなり、大きい仕事は与えられません

記事が役に立ちましたら「シェア」をお願いします!

PAK86_atamakakaerujyosei20140125-thumb-1000xauto-16723

そう!そうなんです。これってごく普通の考え方なんですよ。

小さい仕事でつまづいていると信頼されず、ここぞ!という時は、絶対に必要とされないんです。

単純作業こそ、どう生産性を上げていけば良いのか、効率的に仕上るにはどうしたら良いか、美しく仕上げるにはどうしたら良いのか?というのが、ハッキリと出てきます。

今回はそんなお話をしていきたいと思います。

最近は能力の底上げ、平均化がはかられている感じがする。

最近の若い部下の傾向としては、一通りのことは教えるとすぐできるようになります。

ある程度勉強ができ、知能指数が高いと、それこそ手がほとんどかかりません。

一昔前の私たちの年代の頃よりも、バラツキが少なくなっているような気がします。

ある程度の能力が平均化されてるような感じがするんですよね。

10年前よりも、仕事ができる、仕事ができないという基準も実は上がっているんです。

以前は、ルーティンをしっかり出来ていればそれでOKでした。それ以上も求められません。

でも今は、ルーティンできるのは当たり前。(それは平均してできる人が多くなったから)

それ以上のモノが求められるようになったのです。

ルーティンができるのは普通。今はクリエイティブにおいつかなければならない時代になりました。

ルーティンが出来るのは、もう最低限です。

今は高度経済成長期じゃないので、共同作業じゃなく、個々に専門性を持ったクリエイティブな頭脳労働で差がハッキリと出てしまう時代になりました。

実績がある人は、仕事を次々と与えられますし、大きい仕事も与えられます。できない人はリスクの高いはまずやらせません。

それを見定めるファーストステップが、ルーティンがどうなのか?ってことです。

日本経済がこのように進んでいるので、評価基準にも明確な差をつけるべきだし、給料にも差があって良いと思います。

評価できないのであれば、それはなぜなのか?ということも相手にきちんと伝えなければ、納得しません。

資本主義経済としては、当たり前のような考え方ですが、日本の組織の中は社会主義で成り立っています。ハッキリ言えば、年功序列ですね。

ただ、完全実力主義にしてしまうと、ますます貧富の差が激しくなるんです。

日本経済はその環境を良しとするのか、はたまた「いやーみんな一緒!同じ釜のメシ食ってるじゃないか!」と言いつつ、働かない人と働く人を同じグルーピングにしちゃうのか。

経済を伸ばすために年功序列を壊すのか、平均化して経済を鈍化させるのかということです。

最終的に生き残るタイプの部下

部下の中でも、のし上がったり生き残るようなタイプは、根底にはガツガツしているタイプです。

負けず嫌いな部分を持っていないと、同期の中で競争に勝てないのが頭の中で分かっているんだと思います。

「別にいいやー」という、最近の私(自虐)のようなタイプになってしまうと、すぐに周囲からお叱りを受けます。

20代のニューカマー達は、常に一生懸命やっておくくらいで、ちょうど良いんでしょうね。

ああ、懐かしい感じ。

30代の私たちはどうする?

30代になったら、私たちはどうやってビジネスマンとして生き残っていけば良いのか?を考えてみましょう。

エリートの人はどうする?

すでにエリート街道を突っ走っている人は、そのまま行けば良いと思います。

ただ趣味は持っておいた方がいいですよ。もしもの場合に精神的に逃げ道や、別の居場所を作っておかないと、行き詰りますから。

出世競争やエリートから脱落した人はどうする?

では、エリートから転落したり、出世競争から降りて疲れ果てた人はどうすれば良いのかと言いますと、

・まだ自分の人格というパーソナルが理解できていない人は、自分探しを徹底して行う。

(参考記事:「自分探し」は今日で終わり!ブログは自分を理解できる最高のツールです。 )

「自分探し」は今日で終わり!ブログは自分を理解できる最高のツールです。
私はブログを毎日書き続けていますが、ブログ書くということは、自分という本質を理解できる最高のツールだと思っています。 これまで...

・自分が輝ける居場所を探すこと

(参考記事:将来的には、スモールビジネスをやる人が増加すると見ています。

将来的には、スモールビジネスをやる人が増加すると見ています。
現在の会社の将来性と、自分の将来を見据えても、スモールビジネスをやらなきゃ、生活を維持できなくなると思います。 私は会社の将来性は危う...

・転職活動で自分の得意な仕事、好きな業務を見つける

・趣味に時間を費やして、自分を癒す

こういう作業が必要になります。

私は、燃え尽き症候群になりながらも、必死でブログを4ヶ月間毎日2記事を継続し、自分を癒してきました。

今は、ブログに活路を見出しています。

サラッとまとめ!

一言でいえば、ルーティンできない人は、仕事が与えられないってことです。

The following two tabs change content below.
けぴお

けぴお

ブロガーイキルメディア・ラボ
東北ブロガー。家族とミニウサギと楽しく暮らしてます。ジャーナルな執筆活動と自給自足で牧歌的な生き方を目指す「物書き屋さん」です。 >>詳しいプロフィールはこちらです
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス

記事が役に立ちましたら「シェア」をお願いします!

フォローする

ルーティンにミスが多いと任せられる仕事は少なくなり、大きい仕事は与えられません
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス