不毛の地に種をまく作業から、「書けば誰かが見てくれる」メディアへに成長しました

PPP_tesagyoudenaewoueru-thumb-1000xauto-12844

いやー嬉しいです。

ブログを運営していた頃は、記事を書いてもアクセスもなかったし、誰も見てくれない、寂しいブログでした。

いまやブログを書けば、SNSで告知しなくても、50人くらいのユーザーさんが記事を見てくれています。

こんな嬉しいことあるんでしょうか。こんなに達成感があるのは初めてです。

ここまで来るのに、4ヶ月と10日かかりました。

今回はブログメディアの成長について思うことを書いていきたいと思います。

やっぱり毎日書くことが大事なんだと思う。それはユーザーの立場から考えてもそうなるんです。

私もユーザーの1人として色々なブログを見るのですが、更新されていないのが数日続いていると、残念ながらもう

訪問しなくなっちゃうんです。

しばらく日数が立ってからまた見ようと思うと、つい忘れちゃうんです。

あー更新されていないのかあ・・。というアクセスした時の少しの残念感は、ユーザーの1人として感じること。

となると、ユーザー視点でブログを見るならば、やっぱりブログは毎日更新した方がいいんじゃないかなと思うのです。

読者のみなさんは、「今日も更新してるかなー。】という風にアクセスしてくれます。

それが100人のうち、10人でもいいんです。

たとえ、そのアクセスが直接収益にならなくてもいいんです。

ビジネスの原点として、供給はしっかりと行うのが前提にあります。供給は安定させなきゃダメ。

そのまんまブログにあてはめれば、毎日書く意味はあると思います。

トレンドな記事で一気にアクセスが爆発するってことは無いです。たぶん今後も。

私は、流行なことがあまり得意じゃありません。

音楽も流行が終わってから聞きだしたりします。なので、友人から今頃聞いてんの??と、昔から良く言われてました。

PCもスマホとか機械なども、すごく人よりも遅れて導入します。しかも壊れるまで使います。

1回ハマるとどこまでも使い、愛用し、好きになります。

そういう性格なので、ブログもその傾向があるんですよ。だから、多分トレンド情報とかはムリで、マニアックな記事でジワジワ伸びていくんだろうなーと思います。

ツイッターも今になって、初めてやってますし・・。

まあ、そんな感じです。何か買ったり行動したりするには、何らかの意味を見いだすか、必要に迫られて始める方が多いですね。

大量行動こそ意味がある

ここまで来たら、大量行動が効いてくると見ています。ブログをとにかく書き続けるという方法です。

普段見てくれているユーザーさんがいるってことは、ありがたいことですよね。

だって、どこにでもいる普通の妻子持ちのオッサンサラリーマンが、書くブログを心待ち(なんて言い過ぎ?)にしている人もいるんですよ!ありがたいものです。

私のような、まったくの凡人でも情報を発信(供給)し、見てくれる(需要)人がいるってことは、大変嬉しいです。

この4ヶ月間不毛の地だったブログという畑が、だんだん草木が生い茂り、果実が実ってきているのが分かります。

これからも、大量にブログを書いて書いて書きまくって行こう!と決意を新たにしました。

さて、今日もがんばります!

ではまったねー。

スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス
不毛の地に種をまく作業から、「書けば誰かが見てくれる」メディアへに成長しました
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス