個性が強い部下の管理はどうすればよいか?

記事が役に立ちましたら「シェア」をお願いします!

2aae5f522fa990f1c1877a91244f4dde_m

以前いただいた質問とその回答です。
Q.個性が強い部下の管理はどうすればよいか?

「個性が強い」という言葉の意味は幅が広いと思いますので、今回は
・ 個性が強い部下とは

自分に自信を持っている部下、仕事のできる優秀な部下だけどクセがある。という形で説明させて頂きたいと思います。
まず、個性が強い部下の特徴として、
・成功体験が多く、自分の仕事に自信を持っている。
・自尊心が強い(自信家である)

以上の場合で説明します。
部下が中堅クラスで実績もある方であれば、そのまま任せた方が良い場合もあります。

ただし、「仕事は任せるので報告はマメにしてね。」という事は言っておいた方が良いでしょう。

仕事に自信を持っている部下は、あれこれ管理しようとすると、束縛を嫌がってしまうので、逆に仕事のやる気を失ってしまうんですね。


また、この手の部下は、上司の忠告にも従わない場合があります。


その場合、リスクが最小限である事と、自己の責任の範囲でリスク回避できる仕事であれば、「思いっきり失敗させる」のも手です。


言っても聞かないのであれば、自分で気づかせる方法が良いでしょう。失敗をタネに成功経験に変える事ができる部下は、最高のマネジメント法です。

The following two tabs change content below.
けぴお

けぴお

ブロガーイキルメディア・ラボ
東北ブロガー。家族とミニウサギと楽しく暮らしてます。ジャーナルな執筆活動と自給自足で牧歌的な生き方を目指す「物書き屋さん」です。 >>詳しいプロフィールはこちらです
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス

記事が役に立ちましたら「シェア」をお願いします!

フォローする

個性が強い部下の管理はどうすればよいか?
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス