意地悪な人の特徴は顔に出る?性格が悪い人から身を守る方法まとめ

意地悪 身を守る

なんでこんなに意地悪なんだろう・・。

職場の先輩や、同僚、上司や部下などに「意地の悪い人」はいませんか?

また、なぜその人は意地悪なのでしょうか。

言葉は悪いかもしれませんが、意地悪な人はその性格が顔に出ているものです。年齢を重ねれば重ねるほど性格が顔に出てくるのです。

今日は、職場で性格の悪いイジワルな人から、自分の身を守るためのコツや考え方をまとめていきたいと思います。

ではいってみましょう!

目次

なぜ、意地悪な人はあなたを攻撃してくるのか考えてみよう。

なぜ、自分だけこんなに意地悪されるんだろう・・?

まずは、ここを考えてみましょう。

意地悪な人がターゲットにするのは、自分よりも立場の弱い人

意地悪をする人は、そもそもなぜあなたをイジメたりするのでしょう?

職場の場合、

・自分よりも弱そうな人、地位の低い人

・自分よりも低い地位なのに、生意気そうな人

・真面目で、マイペースな人

・仕事ができる有能な人

・正義感のある人

・開けっ広げでオープンな人

以上にあてはまる人は、パワハラやイジメのターゲットにされやすいです。

自分よりも弱そうな人をターゲットに意地悪を仕掛けて、相手を困らせたり、自分の思い通りにしたい人の場合は、支配欲が強いタイプとも言えます。

有能な人には、嫉妬心が絡んでいる

あなたよりも地位が高いのに、意地悪をしたり、足を引っ張ったり、マイナスの噂を周囲にふりまいたりする人は、あなたが仕事ができて有能であることを示しています。

これは、いじめる側の嫉妬心によるものです。

年齢が近い上司で上司よりも有能な場合、強い嫉妬心が働きます。

つまり有能な人は、上司の地位を脅かす存在となるからですね。

意地悪で困った上司の対応方法は、以下の記事で一覧にまとめていますので、参考にしてみてください。

イジワル、ハラスメントなど「困った上司」から身を守る対策記事まとめ

性格的に意地悪な人は、「自分よりも弱いターゲット」を探しているだけ。

意地悪 職場

職場などで意地の悪い人から絡まれても、基本的に相手にしないのが一番良い方法です。

空気のようにスルーしましょう。

意地悪をしてくるのはたいてい「相手が弱い立場であること」につけ込んでくる場合がほとんどです。

例えば、職場で地位が低い場合があげられます。周囲に話す人がいない時など、一人でいることにつけこむ人もいます。

そんな時、変にペコペコしたり、ヘラヘラ笑っていると意地悪な人の思うツボ。

あなたと性格の合う人を1人でも作り、意地悪な人から距離を置きましょう。

性格的に意地の悪い人は、どこに行っても、誰と接してもイジワルな人です。

単純な話、自分よりも劣っていてバカにしやすい、弱い人間をターゲットにしたいだけです。

つまり、あなたは偶然「選択肢に入っている」だけなのかもしれません。

近づかないのが一番です。

意地悪な人を見分ける方法

次に、意地悪な人を見分ける方法をまとめていきます。

性格は年齢が上になると顔に出てくる

意地悪な人を初対面で見抜くのは、難しいと思います。

ほとんどがコミュニケーションの中で「この人は、意地悪い人だな・・。」と分かってくるのではないでしょうか。

ただ、1つ言えるのは年齢を重ねれば重ねるほど、性格と人相は一致してきます。

顔というのは手足と比べると筋肉等が急に成長する事がありません。

よってその人の日々の思考や気の持ち方が表情になり、時をかけてじっくりと顔の相が出来ていきます。

(引用:アナタは幸せ顔?顔相(人相)性格診断)

つまり、若い頃は人相で性格を見極めることが困難ですが、高年齢の人は表情で性格がすぐに分かります。

・顔が歪んでいたり、

・にらみつけるような目つき、

・意地悪な表情、

年齢が高くなってくると、徐々に表情に出てくるものです。

社会の動きから考える「意地悪」

次に、社会全体から「意地悪」を変えてみましょう。

単なる意地悪じゃなくて、ハラスメントに該当する場合もある。

今は「ハラスメント」という言が社会的に認知されていますし、助けを求める場所もあります。

そういう点では、良い時代になったと思います。

私が就職氷河期に就職した頃を思い出すと、働く立場の人が弱く、全て自己責任で何とかしなければならない状況でした。

以前は、

・理不尽で言葉の暴力が横行する職場のイジメとか、

・発言すら許されず、

・見せしめの叱責・パワハラも沢山あり、

・何をしても暴言で全否定されることなど、

こういう、ツライ思いをしてきたサラリーマンは山ほどいたはず。

今は上司のパワハラに泣き寝入りしなくても、助けてくれる機関がいっぱいあります。

ちなみに以下の統計は、法務省のパワー・ハラスメント から抜粋したものです。

私が就職した平成13年の頃よりも社会的にパワハラが認知されてきていて、相談しやすい社会になってきた証拠ですよね。

イジメ 相談件数

もし、あなたがそのような状態にあれば、自分の身をかくまってくれる場所なり機関はチェックしておさえておいた方が良いと思います。

法律は時にあなたを助けてくれます。

私は、

自分の身が危険にさらされそうになった場合、最悪逃げてもかまわないと思っています。

もちろん私も、あまりのイジメのひどさに職場から逃げ出して、自宅に帰ったことがあります。

色々な人を巻き込んで、意地悪な先輩とケンカをしたことも多々あります。

泣き寝入りしたことも数え切れません。

意地な人から逃げずにひたすら我慢することは、精神的にもツライですよね。

逃げたり助けを求めたりすることは、ごく自然な「人間の防衛反応」だと思って大丈夫です。

「逃げ」とは思わなくて良いです。

今はハラスメントが社会に認知されているから、昔のように泣き寝入りする必要は無くなった?

意地悪 職場

もし、職場の直属の上司が意地悪な人の場合は、毎日つらいですよね。

ただ、昔と違って今は「ハラスメントが社会問題として認知している」こともあり、パワハラやイジメは表面化するようになりました。

現代はツイッターなどSNSの発展によって、情報はすぐに拡散されるので「事実は隠しておけない社会になった」のです。

多少の意地悪なら我慢もできると思いますが、イジメやパワハラまで発展すると昔は泣き寝入りするしかありませんでした。

そういう意味では、ハラスメントを相談しやすく、通報しやすくなったと思っています。

ただ、反対にSNSで「陰湿化」するという問題もあります。

もし、ハラスメントに悩んでいる方は、あかるい職場応援団(厚生労働省に相談窓口のリストがありますので、すぐに行動を起こしましょう。

ハラスメントやイジメの問題の本質はどこにある?

さて、問題の本質はどこにあるのでしょうか?

私の経験上、組織をまとめる管理職やリーダー的立場の人が、「悪いことを悪い」とビシッと叱れないことが問題の本質にあります。

「悪」を放置すれば、悪を許すことになり、結果何をやっても良いというムードが漂います。

その後、メンバーが勝手な行動をとり始め、気がゆるんだ社員がイジメに手をつけ拡大し、組織が崩壊していきます。

これも問題の本質を探ると、長時間労働や人手不足で管理職が疲れすぎていることもあれば、そもそも管理職に向いていない人が要職についてしまった場合もあります。

小中学校のイジメの問題も、先生が長時間労働で疲れすぎていて生徒に目を配れないことに問題があります。

世代間ギャップによるコミュニケーションの歪み。

例えば私の場合は、就職氷河期世代やミレニアル世代と言われています。

「ミレニアル世代って何?」と思った方は、以下の記事でまとめていますので参考にしてみてください。

「ミレニアル世代」最年長者の僕が、今までの人生観と価値観を全部話そうと思う

「ゆとり世代」だったり「さとり世代」と言われる世代の中で、一番年齢が高い方です。

15~16年以上の世代は「バブル世代」です。

生きてきた環境と価値観、人生観があまりにも違うと、コミュニケーションのギャップが生まれます。

身近な話では、父親と母親と生きてきた社会情勢や価値観が全く違うので、話が合わない場面が多々あると思います。

例えば、母親が家事育児など、すべて子供の面倒を見るものだとか、安定的な仕事に就き、仕事はガマンするものだいうのも、違和感があります。

価値観が変わってきているのです。

下の世代の人達とは、ある意味「ミレニアル世代」のくくりになるので、コミュニケーションに違和感がありません。

でも、下の世代の人たちは「私達の世代」にギャップを感じているかもしれません。

こういった、世代間での違和感が「意地悪」に発展する可能性もあることを覚えておきましょう。

どちらも一方的に意見を押し付けるのではなく、お互いの主張や意見を聞くことがベストなんでしょうけど・・。

職場で意地悪されないようにする方法と考え方

職場で意地悪されないようにするための具体的な方法と、考え方をまとめていきます。

仲の良い人、性格が似ている人とつながろう!

友人

職場が大きくなればなるほど、自分と波長が合う人は必ずいるものです。

これは、地域でも学校でも同じです。

人は同じようなタイプの人を自然に好みます。

1人でも2人でもいいので、仲良くなれる人を探しましょう。

探さずとも、「勝手にフィーリングが合うので気付いたら仲良くなってた!」という場合もあります。

孤立しない

職場で意地悪やイジメのターゲットにされるのは、孤立しているからです。

孤立して寂しそうにしていると、意地悪な人はその匂いを嗅ぎとって攻めてきます。

ぜひ、孤立しないように仲の良い人を見つけ、コミュニケーションを取りましょう。

仲の良い人とつながりを持つことで、意地悪な人のターゲットから外れます。

仕事ができすぎる人でも、地位が全く違う人に対しては、意地悪な人はあきらめる

意地悪をする人は、自分と近い立場の人に対して意地悪をしかけてきます。

これは妬みの感情と一緒です。

嫉妬心は、自分と同レベルの人や、同じ立ち位置の人に攻撃性が働きます。

ただし、自分と明らかに立場が違う人には、まったく攻撃をしかけてきません。

立場が違いすぎるので、逆に自分が不利な状況に置かれることを知っているからです。

なので、ちょっと難しいですが、いじわるな人から身を守るためには、その人よりも偉くなると攻撃のターゲットから外れます。

まさに、出過ぎた杭には手を触れないってことです。

ただし、昇進・昇格は自分でコントロールできないので、ちょっと難しいですよね。

それでも、意地悪な人が追ってくる場合は?

・逃げても、逃げても追ってくる・・・・。

・顔を見るたび叱責される・・。

あまりにも意地悪だったり、弱い人をイジメてしまう欲求を持っている人は、モラルハラスメントの可能性があります。

以下の記事は、攻撃的で支配欲の強い人から身を守るための方法を記事にしてまとめています。

参考にしてみてください。

攻撃的で支配欲が激しい人には、どう対処すれば良いか?

逃げても逃げても、追ってくる逃げられない人が世の中にはいるのです。

自責(自分の過ちを責める人)が強い人は、意地悪な人の「良い部分」を探そうとしなくていい。

底意地 悪い

あなたは、こんな悩みを持っていないでしょうか?

・意地悪な人から捕まりやすく、イジワルをされやすい

・文句を言われやすい

・攻撃されやすい

でも、「自分が悪いのかも・・」と、思って我慢していないでしょうか。

また、意地悪な人の良いところをがんばって見ようとしていないでしょうか。

どんな人でも、良いところがあると言われますよね。

でも、意地の悪いことを言われて日々嫌な思いをしていたり、傷つくことを言われ、バカにされたり、無視をするなどいじめやパワハラをする相手は「良い人であるはずが無い」のです。

自責が強い人は、自分に非があると思ってしまいがちです。

本当にあなたに非があって、自分自身の間違いを直したとしても「意地悪な人は何も変わりません。」

その自責を利用して、意地悪な人のイジメはますます拡大していくことになります。

そして、ますます悩んでしまうのです。

知ってた?イジメをやめると社会が良くなるんだよ。

イジメをやめると、社会はもっと生きやすくなるのです。

職場イジメの経験を受けた人は、将来イジメを繰り返す可能性が高い。負の歴史は繰り返さない。

意地悪 管理職

職場で痛烈なイジメやハラスメントを経験した人は、自分が管理職のポジションに立った時が一番キケンです。

日本企業の管理職は地位的に守られています。

どんなにダメな管理職でも、経営者層は守ります。簡単に切り捨てるのは、その下の人達。

今までイジメを受け続けてきた人達が、「誰にも意地悪をされない不動の立場」に立ったとき、過去のうっぷんを晴らすために、部下や同僚にイジメをしてしまう可能性が高いです。

そのイジメを受けた部下は、自分が偉くなったときに部下に対してさらにイジメをします。

つまり、イジメや意地悪のサイクルは、繰り返し行われることを意味します。

負の歴史は繰り返さないようにしたいものです。

店員に理不尽なことを言う客も、実はお客から意地悪されている店員だったりする。

理不尽なことを言ってくる「お客」がいますよね。

そんな客も実はサービス業で、お客からクレームを受ける人だったりします。

クレームを受けてストレスがたまり、「だったら自分も同じように相手を困らせてやる!」という繰り返しをしている場合もあるんです。

なので、自分が受けたイジワルを伝染させないだけで、日本社会はもっと生きやすくなります。

そんな社会になれば、もっと生きやすく、住みやすくなるんだけどな。

以上、『意地悪な人の特徴は顔に出る?性格が悪い人から身を守る方法まとめ』をお伝えしました。

この記事は、当ブログの一番アクセスの多い記事になります。何かビビっときたものがあれば、コメントやメッセージ、いいね!など頂けると嬉しいです!

ではまた^^

topimage byDesigned by Freepik Designed by Freepik

スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス
意地悪な人の特徴は顔に出る?性格が悪い人から身を守る方法まとめ
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス