器用貧乏な人は、あれもこれも手を出すと失敗するので、まずは1つを極めよう

082481

これって限りなく私のことになるのですが、器用貧乏なために、大体のことは自分で何でもできるようになるんです。

仕事で言えば、企画、財務経理、営業、広報、マーケティング、商品開発など、ありとあらゆることを1000本ノックの考え方で、調査し、情報を集め、繰り返し行動していくと上手く行く方法が分かってきます。

で、性格的にも好奇心がある方なので、あれもやりたい、これもやりたいという欲求が次々と沸いてくるんですよ。

その欲求に素直に従って、手をつけはじめた結果、すべてが中途半端に終わってしまうようです。

器用貧乏かも・・と思っている人に向けて、今回はあれもこれも手を出すと失敗するよ!という話をしたいと思います。

何でもできる器用な人は、結局中途半端に技術を持つので、結果的に全部が中途半端になります。

何でも出来る器用な人は、その器用さから、時間の経過とともに何でもこなせるようになります。

ここまではいいんです。

問題なのは、何でもできるが故に、好奇心の赴くまま、行動を起こしてしまい、中途半端に技術を身につけてしまうんです。

器用なことは良いことですが、良いことだらけではないんですよ。

不器用な人ほど、1つのことをやり続ける。私たちはここを見習おう

私は器用な方です。

最初は何もできないんですが、練習をしばらくすると、大体のことは何でもできるようになってしまいます。

で、そのうちに飽きてしまうので、自分の欲求に素直に従って、次々に色々なことをやり始めます。

でも、不器用な人は1つか2つのことしかできないので、ずーっとマイペースに同じことを繰り返していきます。

ウサギとカメの話と同じで、器用な人はゴールに到達しそうになったり、目標に近づくと怠けてしまったり、辞めてしまいます。

カメは不器用で行動が遅いけど、同じことを繰り返すので、繰り返すだけ段々と上手になっていくんです。

器用な人は器用なだけ、色々な出来るようになるのは良いのですが、ここはカメを見習った方がいいですね。

あれこれ、手をつけてしまうと、結局知識ばかりあっても、何にもできない人になっちゃいますから。

自分の欲求に従う前に、もう一度よく考えて!

自分があれもやりたい、これもやりたいという願望にストップをかけるのは、自分しかいません。

心の通った友人であれば、やめたほうがいいんじゃない?と言ってくれると思いますが、そのほか人は、あーいいんじゃない?チャレンジはするべきじゃない?と言うかもしれませんね。

では、どちらが親切なのかと言っても、それぞれの立場や視点があるので、何とも言えないですが、器用貧乏の人は、結果が出るまでは他のことには手を出すべきじゃないと考えます。

と言いながら、すでに頭の中では、ブログのライティング能力が身についたので、アフィリエイトサイトを1個作って、地域ブログも1個作りたい欲求にかられています。

私はこういうやり方で失敗するんですよ。

まだ十分な結果が出ていないうちから、次のことを考えてしまうんです。

アイディアは暖めておくとして、まずは、自分の欲求に制止をかけるのが正解ですね。

1000本ノックで、やっとセミプロになれることを忘れない!

器用貧乏な人は、1つのことをトコトン努力し続ければ、プロフェッショナルになれると思います。

ただ、そこにたどり着くまでに、他のことに目移りしてしまったり、飽きてしまうんですよ。

私はブログで1000本ノックを意識していて、現在の記事数はは530くらいあるんですが、1000記事に到達した頃には、きっと何かが変わっていると思っています。

今は1日3記事を書き続けているので、このままいけば平成28年の4月には、1000記事に到達します。

ここまで継続できて、アマチュアからセミプロに行くかいかないかだと思っています。

今は月間3万PVしかないブログですが、1000記事を達成する頃には、10万PVには到達していたいと思っています。

そこから、さらに1年かけ20万PV、30万PVと増やして行こうと思っています。

これは、決してブログだけの話じゃなくて、サラリーマンの仕事でも同じです。

1回うまくいかないからといって、あきらめるのは早いんです。

素人は2回、3回やってうまくいかなかたったら、人や環境のせいにして辞めます。

アマチュアは10回くらいで面倒になって辞めます。

プロフェッショナルは成功すると踏んだら、1000回やって成功させます。

(参考記事:フツーの人や凡人は、1000本ノックで見えてくることがある。

アマチュアで終わるか、プロを目指すか。それは、忍耐です。

器用貧乏は、忍耐をすれば相当伸びると思います。

器用な分だけ、次々に行動を起こさないと気がすまないんです。

1つのことに集中していればいいのに、あれもこれも手をだして中途半端になります。

何度も言うようですが、器用貧乏な人は、得意なこと集中することです。

あれも、これも手を出していいのは、20代の頃のように自分が何が得意で不得意なのか分からず、自分探しの状態の時だけですよ。

アマチュアは、途中であきらめますが、プロは成功するまで絶対あきらめません。

私はここまでたどりつければ、次のステップが見えてくると思います。

では、まったねー。

スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス
器用貧乏な人は、あれもこれも手を出すと失敗するので、まずは1つを極めよう
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス