係長・主任になったら知っておきたい仕事「5つのルール」

記事が役に立ちましたら「シェア」をお願いします!

OY1151013300746-thumb-1000xauto-19661

前回は係長・主任の役割について、お話してきました。

今回は、具体的な仕事の進め方や考え方についてお話していきます。

(前回記事:係長・主任になったら知っておきたい役割「5つのルール」

係長・主任になったら知っておきたい役割「5つのルール」
係長、主任になったら、どのように働き方を変えて行けば良いのでしょうか? その役割や仕事の進め方は、どうやったら良いのかと疑問に...

係長・主任の仕事に対する考え方

【仕事の考え方1.】仕事の難易度は「組織の小さい歯車 」から、「中・大の歯車」に変化する。

係長・主任になると、基本的に仕事が難しくなります。

今までは組織の末端である、作業ベース(営業とかも同じです)でコツコツと仕事をしていれば良かったものが、責任のある仕事を任されるようになります。

また、それなりに自分の判断も含めて、合理的に結果が出るような仕事の進め方が求められてくるんです。

とはいっても、すぐに難しい仕事を任されるようにはなりません。(上司である管理職次第ですが)

あなたが、20代で係長・主任になった時は、まずは部署内の仕事の全容を把握することから始めることになります。

人事異動が多い組織であれば、1年、2年と経過していくうちに、次第に慣れてきますし、上司が異動してしまったら、あなたが指揮を取ることもあります。

毎日コツコツやっていくことが、大事ってことです。

【仕事の考え方2.】仕事ができて当たり前になってしまう。

係長・主任になると、仕事ができて当たり前になります。

20代の頃に素晴らしく仕事ができていると、上司や先輩からほめられたり、エールをもらったりします。

でも、係長・主任になった途端、公式の役職者になってしまいますよね。その分給料も上がり、立ち位置が変化するからです。

たとえ20代の係長・主任であっても、「仕事はできて当たり前ですよねー。」になってしまうんです。

ただ、これは周囲の理解の大小と、あなたのキャラクターや性格によるところもありますので、昇進してすぐの1、2年でいきなり、プレッシャーをかけられることはありません。

【仕事の考え方3.】大局をつかんで仕事を進めよう

係長・主任になると、自分中心の作業ベースの仕事から、周囲を巻き込んだ仕事やリーダーとしての役割になるとお話してきました。

リーダーにとって、重要なのは物事を大きい視点でとらえる、大曲間を身につけたいものです。

目の前にある問題・トラブルはなぜ発生したのか、その部下を叱ったり責めるのは簡単ですが、大きい視点でとらえて何が根本的に原因となっているのか考えるのです。

例えば、どの部下がやっても同じようなミスをしたり、優秀な部下だけにしかできないのであれば、業務フローや設備、システムに問題がないか検証する目線を持ちましょう。

一般社員がやっている仕事は、大体が決められたレールの上の仕事です。

そのレールがまともに走れないってことは、何かマニュアルやフロー上での問題があるはずです。

以上は作業ベース上での、大局的な物の見方ですが、これも一朝一夕では身につきません。

色々な知識や経験が重なった上で、できることです。

大局をつかむには、会社外の事にも目を向けてみましょう。

世の中のビジネスの動き、地域、政治、世界情勢など大きい流れに関心を寄せることで、自分の会社の立ち位置や攻め方が分かるようになります。

具体的には、毎日新聞を読んで流れをつかむことから始めてみましょう。今はスマートフォンのニュースアプリなども良いでしょう。

【仕事の考え方4.】仕事に追われず、自らコントロールする

係長・主任になると、組織上の立ち位置が変わるので、たとえ仕事の内容が今までと同じでも、突然忙しくなります。

係長・主任になったら知っておきたい役割「5つのルール」でもお話した、部下や後輩を育成・指導する役割を持っているからです。

組織上の立ち位置が変わるだけで、部下や後輩はあなたに仕事を聞いてきたり、アドバイスを求めてくるので、それだけで仕事が忙しくなるものです。

自分の仕事もパンク寸前で、かつ、部下とのコミュニケーションが必要になると、時間がいくらあっても足りません。

時間を作るためには、仕事に追われないこと、仕事に振り回されないことが重要です。

私がおススメする方法としては、

・スケジュールを前倒しして、1ヶ月~2ヶ月前から徐々に仕事を進めること

・自分の周辺を整理しつくしておくこと。(デスク、ファイル、PC内のフォルダ)

・その場ですぐに対応できるものはして、自分にできないものは断り、先延ばしにしない。

これだけで、仕事や締切から追われることがなくなるんです。

【仕事の考え方5.】自己啓発の方法や考え方

全国670万人のビジネスマンのうち、100人に1人程度しかビジネス誌や仕事に関する書籍は全く読まないという統計があります。

会社員100人以下の会社なら、ビジネス雑誌は社長くらいしか見ないのではないでしょうか。下手すれば社長も勉強しない可能性があります。

係長・主任になったら、ビジネス誌や経済新聞は、一通り目を通しておくことをおススメします。業界動向、仕事の進め方、トレンドなどが分かるようになります。

ビジネスのロジックと経済変動の動向を読みながら行動できるようになるには、会社の中だけだと視野が狭くなり、身に付きません。

手っとり早いのは、とにかくビジネスの本を読み漁ることが一番の勉強になります。疑似体験で学んでいきましょう。

私の場合、まったくの勉強不足から昇進してしまったので、ガムシャラに本を読み漁り、年間200冊以上の自己啓発書、マネジャーの本、リーダーシップ、ドラッガーのマネジメント系の書籍を読んできました。

今は、どんな本を読んでも同じようなことが書いてあることが分かったので、あまり読むこ少なくなりましたが、200冊×3年間継続して勉強しました。

サラリーマンで家庭を持ち、子供がいる場合は何かと出費が重なるので、お小遣い制度でやっている家庭も多いと思います。

お金が無いときは、図書館に行ったり、ブックオフにマメに通い100円の本を買えば安く上がります。どうしても、手元におきたい本は、新品を購入します。

知識を貪欲に吸収し、「あ!これは使えるな。」と思ったら、一度実してみることをオススメします。というか実行しないと、本を読んだ意味がありません。

行動を起こして、自分で一度体験することを繰り返すと、自分に合うやり方、合わないやり方が分かってきます。

その繰り返しで、仕事のできる係長・主任になっていくんです。

次の記事では、係長・主任の仕事の進め方を説明していきます。

(記事の続きは:係長・主任になったら知っておきたい具体的な仕事の進め方

係長・主任になったら知っておきたい、具体的な仕事の進め方
前回は、係長・主任の仕事に対する考え方について、お話してきました。 今回は、具体的な仕事の進め方について説明していきます。 ...

ブログ内に、係長・主任の役割や仕事術をまとめた、特設webページを開設しました!

特設webページ、係長・主任の役割と仕事をブログ内に開設しました。

係長・主任の役割や仕事の進め方、部下、上司、リーダーシップ、マネジメントなど、多岐にわたる仕事の方法を解説しています。

仕事の進め方から、人生論まで詳細にわたって記事にいますので、プレイングマネジャーとして困ったり悩んだりした時にお役立てください。

係長・主任の役割と仕事
このページは、サラッと生きログ内のweb特設ページ「係長・主任の役割と仕事」です。 この特設webでは、係長・主任の役割や仕事...
The following two tabs change content below.
けぴお

けぴお

ブロガーイキルメディア・ラボ
東北ブロガー。家族とミニウサギと楽しく暮らしてます。ジャーナルな執筆活動と自給自足で牧歌的な生き方を目指す「物書き屋さん」です。 >>詳しいプロフィールはこちらです
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス

記事が役に立ちましたら「シェア」をお願いします!

フォローする

係長・主任になったら知っておきたい仕事「5つのルール」
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス