メディアを広げるために、ブロガーがやったら面白そうなこと②

military-fifer-606195_640

私は自由発想で色々考えるが好きなので、第2弾ということで考えていきたいと思います。

ブログを目メディアとして意識すると、テレビと同じで、人と同じのことをやってもダメなんだよなーという思いがあります。

ということで早速、つぶやき動画作りにもチャレンジしていきたいと思っています。

ああ、ヤバい。面白いな・・・。

ブロガーは、自分の考えたとを文章として発信する人達のことですが、私も含めて、なんだかそれだけだとつまらないなーと最近感じるんです。

ブログのPV数や収益性、仕事術を追っていくのも楽しいのですが、もうちょっとエンタメ系があってもいいな。という発想です。

ということで、今日も自由発想で行ってみましょう。

これをやったらブロガーは面白い!

日本人でも英語が出来る人が増えているので、米国ブロガーとつながれば絶対面白い

私は英語が全くできませんが、今はビジネスマンでも英語を話せる人が増えています。

グローバルな流れもあるので、ブロガーも国際的な活動が出来るようになたら面白いですよね。

手始めに、米国ブロガーさんとつながりを持ち、海外にホームステイして記事を書くなんてことも楽しそうだなーと思います。

書くネタを海外まで広げるというイメージです。

ああ、独身で英語ができたら絶対やってそう・・。(かも)

もう20年もすれば、英語記事がスタンダードに?

英語の記事がスタンダードになる時代がくると思います。

というのも、日本の人口だけではビジネスを維持できなくなるので、ブログのアクセスも海外まで手を広げないと、成りたたなくなりなりそうですね。

日本の人口減少は、ブロガーにもしっかり影響を及ぼしますよ。

なので、英語が出来る人は英語の文章であっても、日本語の文章と同じように書けるようになれば、ブログビジネスは成立しそうです。

多言語が使えるだけで、ブログビジネスの可能性は広がります

英語だけでなく、中国語、韓国語などのアジア圏内や、ロシア語までの文章を書けるようになると、近隣の諸外国の事情も理解できるようになるでしょうね。

リアルに理解できるようになれば、ブログネタの仕入れも海外サイトまで波及しますし、お金があれば旅行にも行けます。

自分の目で見て海外事情のブログも書けりようになりますし、海外の人が日本のことを知るためのサイトやブログを開設すれば、それこそブルーオーシャンです。

国をまたがるブロガーという職業も面白いですね。

では、まったねー。

スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス
メディアを広げるために、ブロガーがやったら面白そうなこと②
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス