記事が役に立ちましたら「シェア」をお願いします!

新発見!疲労困憊でも、ブログを書いているときは疲れを感じない

記事が役に立ちましたら「シェア」をお願いします!

047470

最近、サラリーマンの仕事が忙しくて疲労困憊状態が続いていました。

ただ、面白いことにブログを書いているときは、疲れを感じないんですよ。

今日はブログを書いているときは、なぜ疲れを感じないのか?ということを考えていきたいと思います。

疲労困憊でヘトヘトでも、ブログを書いているときは疲れない!その理由とは?

以前風邪をひいて、珍しく1週間近く寝込んだことがありました。

当時を思い出すと、結構つらかったです。

布団から出ずに上半身だけ起き、ポメラでブログを書きまくった記憶があります。

リンパの炎症+知恵熱で長引いたんだと思います。

いつもなら、普通の風邪は1日か2日で治りますので。

でも、今は当時と違って疲労困憊でヘトヘトでも、ブログを書くのは疲れないんですよ。

理由①:ブログが特別なことじゃなくなったから

理由の1つとして、ブログが生活の中に融合しているので、自分にとってブログは特別なことじゃなくなったんです。

夕食を食べ、子供の勉強を教えて、ゲームを一緒にやった後でも、ブログを書きます。平日は寝るまでの2時間くらいでブログを書きます。

すでにブログは生活の一部です。

ご飯を食べたり、のどがかわいたらお茶を飲むことと同じで、以前のように「よし書くぞ!!」と意気込まなくても、サラサラ書けるようになります。

ただし、疲労困憊状態の時は、タイピングや論点のズレ、未熟な表現には気をつけましょう。

疲れていると、タイピングはモッサリします。

放っておくと論点もずれてくるし、文章表現がおかしいなーと思います。

なんか口が回っていない感じです。

リアル生活でも披露で口が回っていないので、脳も疲れて口が回らないんですよ。

半年間毎日3記事を書き続け、トータル記事数600記事にもなると、精神的マッチョになっているから

ブログを毎日3記事(今は平日3記事に変更しています。)書き続け、総記事数が600を越えるようになると、精神的に強くなります。

ブログは継続することが大前提なので、継続しなければなりませんし、モチベーションを保つ工夫が必要なんですよ。

創意工夫を重ね、半年間継続していると、私も人間なので風邪を引いたり、体の調子が悪い時があります。

それでも、毎日毎日書いていると、精神的にタフになります。

初心者の私でも半年間書き続けることで、精神的に強くなったな。と感じるので、もともとメンタルが強い人はさらにメンタルが強化されます。

(参考記事:ブログで手に入る能力は、精神的にタフになれることです。

ブログは趣味なので普通に楽しいから

これは、もうブロガーの特性です。

ブログ自体が好きなので、疲れる?え?なんで?ってなります。

逆にサラリーマンの仕事は何もしなくても、職場にいるだけで消耗してきます。

仕事自体が苦行だからです。楽しくないし。

ブログは趣味であり、楽しいものであり、現在は副業収入として成立しています。

やればやるほど、努力が実るし、自己責任で自分で決めることができる。

これほど、楽しいものはないですね。

(参考記事:楽しいけどツライ、つらいけど苦しくはないのがブログ運営。

そもそも、ブログはストレス解消だから

ブログはストレス解消です。

最近は愚痴にならないように気をつけていますが、基本イヤなことがあったら、自分の抱える問題を解決するための方法を探します。

自分の抱える問題が頭の中で整理できたり、解決方法が分かればそれだけでストレスが消失します。

そもそもブログをやることによる、疲れを感じないのはストレスを解消するためだからです。

では、まったねー。

スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス

記事が役に立ちましたら「シェア」をお願いします!

新発見!疲労困憊でも、ブログを書いているときは疲れを感じない
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス