快適な冬を過ごすための、理想的な睡眠方法まとめ

記事が役に立ちましたら「シェア」をお願いします!

033394

今日の朝、ニュースのスッキリ!週刊からだニュースで、これからの冬に理想的な睡眠について放送していたので、全体的な引用でブログ記事にしておきたいと思います。

私も冬になると、冷え性が激しくなり、体や首筋、手の足、足のつまさきがヒヤヒヤするので、眠れないときもあるんです。

自分がすでにやっていることもありましたが、快適な冬を過ごすために参考にしてみていただければと思います。

快適な冬を過ごすための、理想的な睡眠方法まとめ集

毛布は掛布団の上にかけるべし!

寝るときの寝具は、タオルケット、毛布、掛布団(羽毛とか)がありますが、毛布は掛布団の下にかけることが多いと思います。

ただ、毛布は保温効果が高いので、一番の上にかけましょう。

タオルケットの次に毛布をかけ、最後に毛布という感じです。

タオルケットの後にすぐに毛布をかけると、熱がこもって蒸れたり、全体的な保温にならないので、毛布は掛布団よりも後です。

また、寝間着はフリースじゃなくて、綿素材の方が快適な睡眠を得られます。

眠りに一番良いのは、真っ暗ではなくフットライト

眠りに一番ベストなのは、真っ暗の状態と思われがちですが、脳が一番休みを得られるのは、フットライトのような間接照明とのこと。

電球は目をつぶっていても、光を感じるので、脳が目覚めてしまいます。

理想の睡眠は7時間!

睡眠時間を7時間にすると、死亡率が一番低いとのことです。

以下のグラフを見ると丸わかり。

a_pct02

(引用:不眠がもたらすリスク – かくれ不眠ラボ

男女ともに、寝すぎてもダメ、寝ないのもダメってことです。

長生きしたい人は、7時間睡眠を目標に生活リズムを作ってみてください。

理想の昼寝時間は30分!

30分以上昼寝すると、夜の睡眠に影響してくるので、昼寝は30分に設定しておくとよいとのことです。

昼寝直前はコーヒーを飲むと目覚めもスッキリですし、午後からの仕事も快適にできます。

The following two tabs change content below.
けぴお

けぴお

ブロガーイキルメディア・ラボ
東北ブロガー。家族とミニウサギと楽しく暮らしてます。ジャーナルな執筆活動と自給自足で牧歌的な生き方を目指す「物書き屋さん」です。 >>詳しいプロフィールはこちらです
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス

記事が役に立ちましたら「シェア」をお願いします!

フォローする

快適な冬を過ごすための、理想的な睡眠方法まとめ
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス

コメント

  1. ちょこぶ より:

    はじめまして。
    ブログランキングから来ました。

    毛布を最後に掛けるのが良いということを知りませんでした。
    早速実践してみようと思います。

    有用な情報ありがとうございます。

    また訪問させていただきますね。

    • けぴお サラト より:

      ちょこぶさん、初めまして!

      私の住んでいる地方は冬が厳しいので、結構色々な人が知っているようです^^
      私は最近知りましたが(笑)

      お役にたてましたらうれしいです。
      コメントありがとうございます!