記事が役に立ちましたら「シェア」をお願いします!

サラリーマンブロガーからみた、学生ブロガーの「発想の柔軟さ」

c64a393f09e9b6348109ceba7bdcf36c_s

私はサラリーマンブロガーですが、最近学生ブロガーもよく見ています。

学生ブロガーの中でも20万PV以上のすごいブロガーさんもいますし、面白いネタを配信し続けるブロガーさんもいます。

学生ブロガーさんの良いところは、社会的なしがらみに染まることなく、生活を縛られる義務感も当然なく、自由で柔軟なところにあります。

今日は、私がよく見ている学生ブロガーさんを紹介したいと思います。

学生ブロガーをみて学べること

お金がないなら、自分で作る!という発想

学生ブロガーさんは、アイディアの柔軟さに長けているように思います。

私もそうでしたが、若いときってお金ないですよね。

でも、20代は消費意欲が高い年代でもあります。

なんとか安く、楽しめる方法を考えたり、欲しいものは作るというアイディア・発想は私たちも学べることが多いと思います。

個人的に好きなのは、やぎろぐさんの、ダンボールで撮影ブースを超簡単に自作する方法は、すごいと思います。

ブロガーさん自体は稼いでいますが、ブログの読者は学生が多いので、ユーザさんに役に立つように安く作れることを実証しています。

自分も作ってみようかな・・。

最近、DIYスキルが徐々に向上している感じがします。

参考記事は、以下に挙げておきます。

サラリーマンブロガーは、お金はあるけど時間がない

サラリーマンブロガーは、学生さんよりはお金はあります。

ただ、時間が圧倒的にないのが現状です。

このブログを見ている読者のみなさんも、30代が多いと思います。

生活は決して楽じゃないけど、多少なりともお金はありますよね?

サラリーマンは決して楽しい職業じゃないですが、少し我慢すれば、それなりにモノは買えるようになります。

お金はあっても、時間がないと時間に追われて発想にとぼしくなり、お金を出して問題を解決しようとします。

その方が早いです。

でも、「どうやったらお金を使わずに問題を解決するか?」を日々考えている学生ブロガーさんは、圧倒的に考えていると思います。

学生さんはお金はないけど、時間はたっぷりあります。

だからこそ、発想が柔軟になって色々と取り組めるんだよなー。と思うんです。

ブログを書くことと併用して、何かを「売る」という発想

面白ハンターのやまもとさんは、やまもと商店なるネットショップを開設し、記事ライティングと広告掲載を1000円で販売したり、受験生相談で300円など、面白い発想で販売活動をしています。

電子書籍の販売は私も経験がありますが、相談に答えることで対価を得るというのも、面白いですね。

学生ブロガーさんの発想は、こりかたまった大人の脳よりも何か面白い活動を展開してくれそうです。

もう30すぎのオッサンですが、毎日ブログを楽しみに見ています。

興味を引くブロガーって、やってることが面白そうで楽しいんですよね。

わたしも、まだまだ学ぶことがありそうです。

サラッと生きログは半年で3.8万PVです。これからどんどん面白くしていこうと思っています。

最近はロゴを変更したばかりなので、楽しくなってきたところです。

(参考記事:サラッと生きログのロゴを変更をしました。その方法も公開!

じゃあ、サラリーマンブロガーはダメなのか?と言われれば決してそうでもない

サラリーマンになると、1日8時間以上会社に拘束されることになるので、会社員の発想がそのままブログに反映されてきます。

会社員辞めたい・・とか、日曜日の夜になると絶望感を感じるとか。

(参考記事①:30代の中間管理職だけど、月曜日に会社に行きたくないっておかしいですか?

(参考記事②:恐怖の月曜日が来た。「どうしても会社に行きたくない」時はどうすれば良いか?

(参考記事③:どうしても会社に行く気になれない!と思った時はどうしたら良いか

こんな記事ばかり書いているので、見る人からみれば「そんなに辞めたいなら辞めちまえ!」と言われそうですが、ただ妻子持ちの30代にもなると、冒険するにも勇気が必要なんですよ。

サラリーマンブロガーはどうしたらいいのかというと、会社でしか学べないことを確実に勉強してブログに反映するのがいいですね。

営業方法とか、経理、税務、企画、総務などスキルに特化するといい記事がかけそうです。

ではまったねー。

スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス

記事が役に立ちましたら「シェア」をお願いします!



お仕事依頼はこちらから

サラリーマンブロガーからみた、学生ブロガーの「発想の柔軟さ」
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス