ブログを毎日書くことが疲れた人に送る9つのアドバイス

毎日 ブログ 書く 疲れた 

私はブログ運営を始めてから、1ヶ月~6ヶ月間は1,000本ノックの考え方でブログを運営してきました。

この記事を書いた運営7ヶ月目の時点では、ブログの総記事数は630以上あります。(その後、SEOの観点で低品質な記事を100記事を削除しています。)

2年9ヶ月たった今は、950記事くらいあります。

ただ、ブログを続けるのは簡単ではありませんでした。

今はブログを書いて純粋に「コンテンツを作る」ことを楽しめるようになりましたし、様々なメディアの記事を見ながら、自分の考えとの共通点や異なる点を見い出しながら、「自分なりのフィルターで表現する」ことも楽しいです。

表現する自由を楽しみ、ブログを書く喜びをかみしめています。

ただ、前向きな気持ちになったのは、ブログ運営を始めて10ヶ月以上経ってからです。

ブログを始めた頃は、「早く仕事をやめたい」という動機があり、記事を積みかさねて、資産化し、収入を増やし、逃げたくてどうしようもない毎日を送ってきました。

今もサラリーマンをしていますが、1日3記事を書いていた時はストレスで風邪をこじらせ、1週間寝込んだこともあります。

それでも、布団から上半身を起こしながら鬼のようにブログを書いていました。

ただ、そのようなやり方をしていると全然楽しくないし、だんだん疲れてくるんですよね。

今回は、ブログの更新に疲れてやめたくなっている人に対するアドバイスを、自分の経験をもとに書いていきたいと思います。

ではいってみましょう。

ブログが疲れる理由2つ

なぜブログが疲れるのか、理由を書いていきます。

作業した分の成果(報酬などの見返り)がないから

以下、イキルメディアのPV(ページビュー)を概数でグラフ化したものです。

PV

今は、割とPVが伸びていますよね。

でも、H27.5からH27.8まで3ヶ月間は、伸び率が低いです。収入もほとんどありません。

つまり、ブログを鬼のように書き続けても、4ヶ月間は作業に対する成果が何もないのです。

この傾向は、様々なブロガーさんにも当てはまるようです。

人は、成果が出て初めてモチベーションを維持できるものです。

成果が出ないとドッと疲れるものです。

ブログの読者反応が薄いから

読者 反応

「はてなブログ」のように、もともとブログの読者が存在する場合は、コメントや☆がつくので、モチベーションを維持できます。

ただ、イキルメディアのようにワードプレスでブログを書くと、デザイン的な自由は効きますが読者反応が薄いです。

ワードプレスは自由度が高いですが、人が集まるのに時間がかかる媒体です。

今も記事を書くごとに、Facebookやツイッターで読者反応があるとモチベーションになります。

ちなみに、いたずらや中傷コメントなどの読者の反応は気にしなくてもOKです。

気にすべきは、ツイッターで記事をツイートしてくれたり、コメントで感謝の言葉があった場合に、もっとより良いコンテンツにしようとする意識を持つことです。

記事の修正や追記を重ねることで、さらに感謝の言葉が集まるようになり、モチベーションを高く維持できるようになります。

誰かの役に立ってる感覚は、続けるために大事なことです。

ブログを毎日書くことに疲れた人に贈るアドバイス7つ

次に、具体的なアドバイスを書いていきます。

疲れるということは「習慣化されていない」と言える。習慣化するには時間がかかるもの

作業に対する成果が出るようになると疲れを感じにくくなりますが、成果が出ても疲れる場合は、習慣化されていない可能性があります。

私の習慣化の考え方の基礎になったのは、以下の本です。

この本に出会ってから、自分に負荷のかかる様々な習慣を身につけることができました。

今の私は、毎朝ブログを編集・更新したり、ブログ売上を経理ソフトに記帳したりすることがすでに当たり前のことなのです。

習慣化すると、集中して作業するので時間がどれだけ経ったのかもわからず、終わった後は疲れも感じず、達成感で満ち溢れるようになります。

私はブログが元々好きということもありますが、作業に対する成果を出すことと習慣化につなげることで「好きが強化」されているのです。

ONとOFFをハッキリさせつつ、自分にエサを与えよう。

ONとOFF

ブログを7ヶ月で4万PV達成して分かった!継続する6つのコツでも説明していますが、ブログを継続するためにはコツがあります。

1.ON・OFFをはっきりすること

2.記事のテーマを1つにしないこと

3.自分に適度にエサを与えること

以上で整理しています。

この3つはブログを書くことに疲れたとき、役に立つと思います。

ブログ運営当初は、毎日ブログを3記事書くというノルマを自分に課して、「ブログを書くことが当たり前の体」にしてしまいます。

私で言えば、ブログ運営が1年8ヶ月くらいなると、全く違う自分に出会えます。

それは、

・ブログを書くことが当たり前になり、

・自分の生活の中で、優先すべき行動の1つとなり、

・生活の一部分になります。

ここまでくると、1時間以上集中して長文記事を書けるようになります。

ただ、人にはキャパシティというものがあります。

サラリーマンとして毎日夜遅くまで仕事をし、家に帰ってから10,000字のブログを書ける人はいません。

私は一度やってみて体を壊しています。

(ただ、今でもその記事は優良コンテンツになっています。)

あとは、文字数が多ければ良いというものではありません。

ブログ運営上で最も大事なのは、

・どれだけ長く続けられるか

・そのためには、どれだけ楽しんで書けるか

これだけです。そのためには、自分に適度をエサをやったり、ONとOFFをハッキリすることが出来るか大事です。

ブログは「早朝の2時間だけ書く」あとは書かない!と決めるのも良いです。

朝が得意な人は朝に設定し、夜が得意な人は夜に書くのが良いと思います。

また、私にとってのエサはノートPCやポメラでした。以下の記事も参考にしてみてください。

今はブログが生活の一部なので、エサはいらなくなりました。

ブログを書きすぎて風邪をこじらせてしまっては本末転倒。少し休もう。

少し休む

ブログに疲れてしまった人は、無理に自分を奮い立たせようとすると、かえってひどくなってしまいます。

私は仕事でも自分のキャパシティの限界をわざと超えさせて、能力の限界値を引き上げることをします。

これをやると、キャパが上がって処理能力は向上し、より沢山の仕事を広く深く行うことができるようになります。

ただ、これは20代のように体力がないと無理です。

個人差もありますが、30代になると無理が出来なくなります。

もちろん一定度の努力は必要ですが、1日3記事以上を長期間に渡って続けることは専業のブロガーさんくらいしかできません。

もし、サラリーマンをやりながら体を壊すまでブログを書き、

・ひどく疲れてきた。

・ブログが全然楽しくない。

以上のように感じた場合は、いったん小休止したほうが良いと思います。

まずはしっかり休み、体調を整えると「よし!ブログを書こう!」という、前向きな気持ちになります。

(ちなみに、ブログを全く書いていない人が、「ブログに疲れた・・・。」というためのアドバイスではありません。)

一番大事なことは、ブログを辞めないこと。

ブログ やめないこと

毎日ブログを書くことは理想です。1日1本でもOKです。

私も今までブログを書いてきて、「書きたくないな・・。」という時もありましたし、仕事で疲れて書けないときは、あえて書かないこともありました。

その分、休日に少し記事を書いてアップし、その後、修正・追記することもあります。

ブログの記事はクオリティが高いことが理想ですが、とりあえずアップしておき、休日に見直し修正をかけても全然OKです。

ブログで体を壊しては本末転倒です。家族がいるなら、家族と過ごす時間も必要になってきますよね。私も妻1子供2の、ごく普通の一般的な家庭のサラリーマンです。

自分のできる範囲で、ブログを更新してきましょう。

重要なことは、ブログをやめないことです。辞めたらそこで終わりですから。

良い記事を書き続けていれば、何も書かない日があっても、アクセスやPV(ページビュー)、収益も緩やかに右肩上がりを続けていくはずです。

休んでも、また復活すればいいだけです。

長く続ければ続けるほど「ブログに愛着が生まれる」

ブログは長く続ければ続けるほど、愛着が生まれます。

愛着が生まれると、放っておけなくなります。

記事を更新したり、時間をかけてメンテナンスをするほどに好きになっていきます。

と、語る私も今までに沢山のブログを立ち上げては失敗を繰り返してきました。

理由の1つは、長く続けなかったからだと思います。

ブログの更新に疲れて一旦手を止めても、やめずに続けると愛着に変わります。

PC を触るのも嫌になったら、拒否反応かも・・まずは手を止めて他のことをしてみよう。

ブログに疲れてくると、PCのキーボードを触ることすら嫌になります。

こんな時は、気持ちが落ち着くまでやめた方が良いです。

私の場合は即寝ます。または、Twitterでどうしようもないことをつぶやきます。

自分がやりたいことで始めたものの、「何か違うんだよな・・」とか、「もう書くネタがなくなってきて疲れた・・」ということが引き金になっています。

私はブログを書きたくないときは、図書館に行ったり、家族と出かけたり、ランニングで気晴らしをして気持ちを切り替えます。

ブログとは離れた、趣味が良いと思います。

私がブログに疲れたとき、1週間くらい何もしない空白期間を作ったことがあります。

ブログが元々好きな場合は、しばらく休みを取ると急にブログを書く意欲が沸いてきます。

その時になったら動き出しましょう。

収益が出てきたら管理してみよう

少なからず成果(収益)が出てきて、毎月お金が銀行に振り込まれるようになったら、収益を管理してみましょう。

私は2年目まではエクセルで収益を管理していました。

現在は経理入力の効率化を考えて、クラウド会計ソフトのfreee(スタータープラン:月額980円【税抜】)を利用しています。

収益の伸び率や、貯金残高が毎月どれくらい増えているか把握すると、モチべーションが保たれます。

収益を数字で管理することで、疲れにくくなるのでオススメしておきます。

以下の記事もヒントが得られると思います。参考にしてみてください。

【1日1記事更新】毎日ブログを書くにはどうすれば良いかまとめるよ

以上、「ブログを毎日書くことが疲れた人に送る9つのアドバイス」でした。

その他、ブログメディア運営のコツをまとめたコンテンツページを作りましたので、参考にしてみてください。

ではまた^^

スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス


お仕事依頼はこちらから

ブログを毎日書くことが疲れた人に送る9つのアドバイス
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス

コメント

  1. […] ブログを毎日書くことが疲れた人に送る6つのアドバイス […]