いい人や素直な人は、騙されやすい?これは覚えておきたい、騙されない生き方

記事が役に立ちましたら「シェア」をお願いします!

image

素直な人、純朴な人、真面目な人ほど「だまされる」ことが多いです。

なぜ、だまされるのか?回避する方法は無いのか考えていきましょう。

ではいってみよ~。

なぜ、素直な人は騙しの対象になりやすいのか?

素直な人や責任感が強く、相手から頼まれたらとは言えない、なんとかしてやりたいという方がいますよね。

サラリーマンの世界でも、責任ある立場になるにつれて、笑顔で近づいて来る人、騙そうとして近づいてくる人が現れるのも、これまた事実です。

その相手は、笑顔を振りまき、紳士的な身のこなしで、相手に近づき、あっと言う間に騙してしまいます。

騙された後に気づいた頃には、もういない、逃げられた・・・なんてこともあるでしょう。

何で騙されるのか?これは、資本主義経済の裏の側面があるからです。

人の見る目を身につけていないと、情で流されて、結果的に騙されてたなんてこともあります。

つまり、「情に流されやすい人」もよくだまされます。

なぜなら、情に訴えればコロッと考えが変わるからです。

そうなると、日本人の大多数である、勤勉、素直、人当たりが良く、責任感がある真面目なサラリーマンが騙しのターゲットになりやすいのです。

もしかして、自分かも・・と思った方は、最後まで目を通した方が良いと思います。

自分は絶対騙されない!と思っていても、そういう方に限って、相手の格好の餌食になりやすいモノ。

でも、どうやったら騙される人間にならないのか?って考えますよね。

騙されるものか!と警戒しすぎて人間不信になっては、大変です。警戒しすぎると、本当に理解ある人もいなくなってしまいます。

資本主義経済の中では、仕方ない面もある。

騙しはなぜ生まれるのか考えていきましょう。

まず、今現在の日本経済状況はそんなに良くないですよね。高齢化社会、子供不足、円安。

でも諸外国からみたら、日本は全然犯罪もないし安心で住みやすい。

それでも、詐欺や騙す人はいます。

サラリーマンの世界で話をすれば、課長以上になると決裁権限を持ちます。自分の裁量で判断できますので、様々な人が来客にきます。

そして、課長にはペコペコ頭を下げたかと思いきや、係長以下にはぞんざいな扱いをする人もいます。

この根っこは、資本主義だからです。

お金(資本)が集まるところには、お金(資本)が集まる仕組みになっているからです。

だから、お金を自分の裁量で動かせる人に、みんながいい顔してスリ寄ってくるのです。お金を動かせない決定権の無い労働者には、誰も近づきません。

そして、騙そうとしている人、本当に信頼を得て取引したい人が、分かれるのです。

重役になると、人を見る目を養う必要があるのです。そうしないと、騙されてドロンです。

これが、資本主義とサラリーマンの世界の話。

サラリーマンの世界では、トップに近づけば近づくほど、信頼関係がモノを言います。

組織の内部でも騙しのテクニックは存在する。

組織の内部でも、騙そうとする人はいます。

自分は楽して給料をもらいたい。面倒なことは避けたい。というのは、大体のサラリーマンが思っています。

それはしょうがないです。

私も将来のリターンが見込まれなければ、リスクだけ背負わされるのはまっぴらゴメンです。

この心情は、以下の記事でまとめています。

突然何もやる気がおきない・・バーンアウト症候群の初期症状まとめ

突然何もやる気がおきない・・バーンアウト症候群の初期症状まとめ
私は、2016年(平成27年)の春に「バーンアウト症候群」(燃え尽き症候群)を発症しました。 あれから大分経ちましたが、今改め...

真面目で素直で責任感のある人は、頭が良く、楽をして過ごしたい人からコロッと騙されてしまうのです。

ひどい人になると、自分の失敗や責任を全く違う部署にぶっかける人もいます。

日本組織の残念なところは、非道で邪悪な人ほどトップにのし上がります。(と、思っています。)

リーダーを選抜する目がないのです。

そういう人の方が、組織のトップにはウジャウジャいます。

「これで本当に良いわけがねえ!」と沢山の人が思っています。

これがサラリーマンの現状であり、理不尽な世界の1つですね。

組織の中で騙す人、危険な人の見分け方。

性格は顔に現れます。これは本当。顔は嘘をつけない。

心が意地悪な人は、顔も意地悪な顔をしています。ゆがんだ笑顔、死んだ魚の目、絶えず人をおとしいれようとする目など。

こういった人は、普段からマゾヒズムな人を探して、自分のカモにしようとします。

こちらが、何もしていないのに言いがかりをつけられることや、子供じみたイジメをするタイプは、イジメの対象を徐々に支配していこうとします。

仕事もせずに、いかに他の人間を支配して、自分の思い通りにできるかを趣味にする人もいます。

そういう人は、支配欲が強いので組織の上に立ちたいのです。だからこそ、無我夢中で上司に媚びを売り、部下をケチョンケチョンな扱いをします。

見分ける方法は、

・こちらが何もしていないというのに何か言いがかりをしてきたりすること、

・意地悪そうな顔をしているか。

これだけです。

若い人は、人格が顔にまでは出てきませんが、年齢を重ねていると、どうしても顔に出てきます。

そういう人には、できるだけ近づかないことです。私の場合は、その人には無表情で対応すると心がけています。絶対に笑わない。笑うとカモにされます。

以下の記事が参考になります。

攻撃的で支配欲が激しい人には、どう対処すれば良いか?
あなたの周りに「攻撃的で支配欲が強い人」はいませんか? 自分の思い通りに人を動かしたくて執拗にイジメやパワハラを繰り返し、心理...
意地悪な人の特徴は顔に出る?性格が悪い人から身を守る方法まとめ
なんでこんなに意地悪なんだろう・・。 職場の先輩や、同僚、上司や部下など「意地悪な人はなぜイジワル」なのでしょうか。 言...

人に優しく、素直に生きるってことは、昔から受け継がれたことですよね?おかしくないですか

image

私達は、親や先生から人に優しく、素直に生きることを教えられてきました。

ただ、年齢を重ね、大人としての交流を深めようとすると、どうしても騙す人との存在を抜きには生きていけません。

騙されていることが分からず、一生支配下におかれたまま、一生を終える人もいます。

おかしい世の中ですよね。きちんとやってきた人ほど、頭の良い人に騙され
るのですから。

私は、さんざん騙されてきました。20代の頃の純粋無垢につけ込まれ、相当騙され続けてきました。

それが分かっただけでも良いではありませんか。

ある日、突然決別しましょう。

自分の為に生きるのです。

サラリーマン世代におけるだまされない、具体的な方法

サラリーマンの経験から、だまされない方法をまとめていきますね。

・ 新しい取引先で大口の契約の場合は必ず契約書を交わすこと。特に海外との契約は注意。日本との外交状態も学習して頭に入れておく。詳細にログ(記録)を取る。

・八方美人にならなくても良い。嫌な人は嫌でいいんです。

サラリーマンは我慢が大事と言われていますが、それはスキルのない新入社員のみ。ベテランで仕事に自信があったら嫌な人は嫌でいい。

以上、「いい人や素直な人は、騙されやすい?これは覚えておきたい、騙されない生き方」をお伝えしました。

明日から騙されない生き方をしましょう!

最後まで読んで頂ありがとうございます!

ではまた^^

The following two tabs change content below.
けぴお

けぴお

ブロガーイキルメディア・ラボ
東北ブロガー。家族とミニウサギと楽しく暮らしてます。ジャーナルな執筆活動と自給自足で牧歌的な生き方を目指す「物書き屋さん」です。 >>詳しいプロフィールはこちらです
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス

記事が役に立ちましたら「シェア」をお願いします!

フォローする

いい人や素直な人は、騙されやすい?これは覚えておきたい、騙されない生き方
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス