いやらしい話ですが、どんな上司にもホウレンソウしとけば間違いない

image

部下の立場として、いやらしい話しですが

「いやらしい話」とタイトルには書いてありますが、私は好き嫌いがはっきりしているので、嫌いな上司がいると
ホウレンソウすらしたくなくなります。

でもですよ。そんな自分の考えが通用するわけもありません。やだね。サラリーマン社会。

自分の反省を踏まえて・・のお話です。

とはいえ、ラインの中間管理職ですので、実際の話、そうでもしておかないと、一生プレイングマネジャーで干されるか、扱いにくい社員として、すぐに左遷されます。

私と同じようにならない為に、しっかり覚えておいてほしいと思います。

決定権があっても、なくても上司には報連相が必要なのでした

上司はホウレンソウしとけば「ほぼ」間違いありません。と、思います。強く感じます。

上司あっての我が身。イヤだね~サラリーマンってやつぁ。

ちなみに、仕事ができない上司に限って、「自分は聞いていない!」とか逆に「おれの方がお前より知っている!」という発言をします。

普通にムカつきますが、ここはガマンガマン。

そんな上司も含めてですが、何かと相談されたり、助言することを男性上司は好みます。

男というのは、本質的に自分が一番偉いと思いがちです。学歴が高いほどプライドも高いです。

そこを突くのです。

もちろん、上司が忙しいときはタイミングをみて相談します。

あまりに多忙な時は、話をしません。

でも、何かと時間を見て、相談があるのですが・・と話を持ちかければ、得意げに話しを始めるもの。

目指すは上司とのフツーの会話

また、一番は面倒をみてもらえるように、普通の会話を心がけることです。

仕事以外のコミュニケーション、たとえば、家族の話だったり、子供の話だったり、趣味の話を振ってみましょう。

機嫌が良ければ話にのってきますし、上司のストレスも和らぎます。

上司は孤独な生き物。優しくされたらコロッといッちゃうものですよ。

上司とのコミュニケーションがうまくいかない・・・なんて方は、「仕事を相談する」という形で徐々に間を詰めてみてはいかがでしょうか。

どんな上司でも、以外に「部下からの相談」を喜ぶものです。

スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス
いやらしい話ですが、どんな上司にもホウレンソウしとけば間違いない
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス