能力の低さを大量行動でカバーする人のブログとの向き合い方

私はあまりアフィリエイトという言葉を使うことはありませんが、ブログやブロガーだけでなく、アフィリエイトというワードの中で勉強になることもあるんじゃないかと思ったんです。

つい、最近なんですけど・・。

特に最近勉強しているのが、アフィリエイト野郎を運営しているパシ@pacificusさんなんですが、考え方や行動が、冷静で努力家というのが分かります。

アフィリエイトサイトでも、ブログでも垣根はすでにあまりないような感じですが、とにかく考えながらも書き続けるというスタンスと、冷静にその結果を分析する、しかも詳細にわたって・・・。というのはもう大好きです。

アフィリエイト野郎は、2012年頃にちょこちょこ見てはいたのですが、私のレベルが低すぎて全く理解できず、ただ「スゲー人がいるんだなあ」で終わっていました。

今は、生まれて初めてブログを8ヶ月間で650記事書き、4.2万PVまで上昇、売上も2~3万程度で推移しているので、サイトを見て普通に理解できます。

おそらくここまで書いて、自分のレベルを上げていかないと理解不能な領域っていっぱいあると思うんです。(ブログやサイトに限らず仕事でも。)

今回は、私のブログの向き合い方も含めて、継続すべきか、辞めるべきかの判断についてお話ししていきたいと思います。

能力による時間と成果の関係

ブログ 継続 判断

(引用:やり続けることと諦めること – アフィリエイト野郎

以上のグラフを見て思ったのは、私は「5.能力の低さを量でカバーする人」ってことです。

ブログも多量も文章を書きまくり、その中で得た知識や技術を活かしたり、方向性を確認しながら、修正・見直しをしていく方です。

これは、ブログに限らず仕事でも同じ考え方で、優秀で頭脳明晰な人にはかなわないので、繰り返しの大量行動を自分で体験して、行動と結果を積みかさねていくタイプです。

なので、私のようなタイプの人は1つ1つの行動を体験化していかないと、結果が出ません。

なので、大量行動しか打つ手がないんです。

一方で優秀な人は、自分で体験しなくても能動的に情報を集め、頭の中で数十ものシュミレーションを行い、即座に適切な答えに向かって行動できます。

これが優秀な人のスマートさであり、効率が良いということです。

パシさんも「5.能力の低さを量でカバーする人」とのことでしたので、誠に勝手にではありますが、師匠にさせて頂きました。(汗)

能力の低さを量でカバーする人のタイプは、2年から3年待たないとダメ

5年経った今、満足の行く成果を上げることができていますが、正直2011年や2012年は作業量に成果がついてこなくてヤキモキしたこともありました。

特に保険サイトを作っていた2012年は、一番作業した年であり、最も力を入れて取り組んでいた時ですが、思ったほどの成果は上がりませんでした。

そして2013年にブラックへ移行することを考えるわけですが、それぐらい納得がいっていなかったということだと思います。

結局は友人から引き戻してもらう形で、ブラックへは行かなかったわけですが、あの時にやり方を変えていたらと思うとゾッとします。その時の様子は私のアフィリエイト人生の転機の中で書いています。

(引用:やり続けることと諦めること – アフィリエイト野郎

1サイト600記事から1000記事を作ってきたとのことで、相当の苦労をしているのがうかがえます。

大量行動

今やっていることが正しいのか間違っているのかをリアルタイムで判断するのは難しいです。

そのあとに結果が出れば正しかった、結果が出なければ間違っていたということになりますが、時間が経ってからわかる事も多いです。

今やっていることが将来の正解になるために頑張るわけですが、結果が出る前に自分で間違った判断を下してしまうこともあります。

このままやり続けた場合の数年後の未来を先に見られればいいのですが、そんなことはありません。

私のサイトの作り方も2~3年では大きな成果は出ませんでした。今までのやり方は失敗だったなと思う所があって、2013年にブラックに移行しようと考えたのだと思います。

(引用:やり続けることと諦めること – アフィリエイト野郎

引用ばかりで大変申し訳ないのですが、リアルタイムで成否を判断するのって、難しいと思います。

私もそうなんですが、誰かが成功法則を示してくれている場合、その将来に向かってひたすら走り続けることができます。

でも、自分がやっていることが正しいのか、正しくないのか、雲をつかむようなやり方だと、結果が出る前に諦めてしまうと思います。

ブログ運営のモチベーションを随時変化させてきた、私の方法

私は平成27年5月19日に本気でブログを書く!と思い立って、すでに8ヶ月が経過しています。

以下は、PVと売上の推移です。

h2712pv

運営を始めてから、PV数は順調に成長しているので、「決して間違ってはいない」と思っています。

ただ、正攻法はこれだ!というノウハウはまだ確立したわけじゃなくて、あくまで体育会系的にブログを書き続けた結果です。

ブログ運営のモチベーションは、私を奮い立たせてきました。

ザックリとモチベーションの変化を書きますと、

・ブログ運営当初(1ヶ月目~5ヶ月目)は、燃えつき症候群とうつ病に悩まされながら、「絶対に報われる人生になって、脱社畜してみせる!」という負のオーラだけでブログを書きまくりました。1日2記事を目標にしていました。

・6ヶ月目~7ヶ月目は、大量行動をさらに加速させ、「1日3記事書く!」をノルマにしてモチベーションにしてきました。あまりのストレスに風邪をこじらせてしまい、1週間寝込んだ時もありました。(布団で寝ながらブログを書いていました。)

・8ヶ月目は、質よりも量と、読者目線で役に立つ記事じゃないと、このままでは無理だ!ということに気付き、ノルマを廃止し、文章の質にこだわりました。

以上のように、ブログに対するモチベーションを随時、変化させてブログに取り組んできました。

私のようなタイプの方は、とにかく大量の行動を重ねて、その瞬間瞬間で学んだことを生かしながら、運営していくのが良いのではないかと思います。

このままのやり方でいけば、2年から3年で結果が出るのは間違いないと思います。

私のように限りなく凡人の人は、以上のようにPV数と売上をグラフ化して、推移をチェックしていくと、反省点を見つけることができますし、修正すべきポイントも分かってきます。

レコーディングダイエットのように、日々記録することでわかってくることもあります。

冒頭部分の、1.能力があり成長し続ける人と、2.能力は高いが手を抜く人には到底及ばないですが、8ヶ月間のグラフを作ってみると「自分のやり方は、少なくても間違ってはいない」ということが分かります。

師匠を見て勉強しながらも、積みかさねていきたいと思います。

ではまた!

スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス
能力の低さを大量行動でカバーする人のブログとの向き合い方
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス