「こころの定年」にならないために私達が心に留めておくこと

最近すごく勉強になった本があり、「こころの定年を乗り越えろ」という、楠木新さんが書いた書籍ですが、これはズバリ自分に対する指南本でした。

言うならば、「人生の教訓を得た!」です。

私が生き方に悩んだ時はどうするかと言うと、自分が悩んでいることをすでに人生の中で経験しており、克服してきた人の書籍や話を徹底して参考にします。

本書の中でも、

悩んだときには、悩みを克服した人で自分の手に届く範囲と思われる、40人以上の人に話を聞いて、自分の生き方に重ね合わせる。

ことが良いと書いてありました。

私は現在34歳になりましたが、この書籍に書いてあるような仕事や自分の生き方に疑問を持つ方々は、40歳以上が多いと言っています。

この辺の年齢差も含めて、私の感じたことをお話していきたいと思います。

こころの定年にならないように、心に留めておきたいこと

揺れる40代。なぜ40代から人生に迷うのか?

こころの定年 

書籍には「40代になると突然、会社員人生に迷い出す年齢」と言っています。

20~30代は、自分の技能を高めようとか、仕事をもっと経験したい、役職も上がっていきたいなど、成長していく気分が強いと。

ただ、会社での評価が低かったり、家族の中での問題、左遷などを経験することで、「このままで自分は果たして良いのだろうか?」と揺れてしまうようです。

これは、私もその通りです。違うのは30代というだけ。わたしは平均より10年早く歩んでいます。

私は20代の頃、色々な仕事をやってみたい、スキルを磨きたい、成長したいという気持ちは人一倍強かったので、何でも吸収して自分を磨き、仕事で結果を出したい!といつも思ってきました。

その後30代になり、うつ病や燃え尽き症候群を経験する中で、なぜ自分はこのような仕事を選んだのか、自分の人生はなぜこんなに苦労しているのに報われないのか、自分はもっと違うことをしたいハズだったのに・・という後悔の念が強くなってきました。

燃え尽き症候群の心情をまとめた記事は、以下のリンクで参考にしてみてください。

子供の成長とともに、家族の関係性も徐々に変化し、親の事も色々と考える時期になっている。

考えれば考えるほど、理想と現実の乖離が激しくて落ち込んでしまうという状況にありました。

人生に迷いだすのは、平均して40代のようです。

ではなぜ、私は30代で悩むようになってきたのか、お話したいと思います。

なぜ、世間一般は40代で悩むのに、私は30代で悩むのか?

第一の理由として、結婚が人よりも早く、子を授かるのも早かったことです。

子供は自分のことが何もできない幼児期を過ぎると、手がかからなくなり、自分に向き合う時間が増えます。

幼児期は、自分のことはほとんど何もできず、親の手を借りますよね。

当然、親は自分よりも子供が中心なので、自分の人生なんかゆっくりと考える暇がなかったんです。

そして、今は自分の人生や自分への心の問いかけが頻繁に出来るようになった。

これが、一番の理由です。

今は晩婚化が進んでいるので、世間一般的には子育てが落ち着く40代に悩み出すんじゃないかと思っています。

私は22歳ですでに子供がいたので、とにかくガムシャラに稼ぐことだけ考えて仕事をしてきました。

そう考えると、子育てが一段落するような時期で、自分の周囲のことが見渡せるような時期にくると、人は悩みだすんじゃないかと思います。

それが、書籍で言う40代ということです。

結果的に言えば、私はそれだけ早く、人よりも悩むことができて良かったと思います。

まだまだ理由を考えてみましょう

もう1つは、マネジャーに抜擢されたのもトップ同期だったってことです。

この頃は、本当に勢いがあり、ガムシャラでひたむきな仕事をしても無理が利きました。

ただ、30代になると20代の頃のように体力まかせが出来なくなってしまうのです。

引用しますと、

メンタル不調を伴うタイプ

40代以降も、若い時と同様にひたすら前だけを見て働き、将来の希望らしきおのに向かって突き進んだ結果、精神面、体調面の不調を感じて、心が折れてしまったタイプ。

今までの努力や取り組みに対する意味付けができずに体調を崩し、内科や心療内科に通院する人もいる。

私も勢いに任せて、仕事に一直線に向かっていました。

自分の中で膨れ上がった、将来への希望を胸に一心不乱に働いてきたように思います。

ただ、その後は社内一の実績を叩き出しても、新たな新規事業を成功させても、まったく評価されず、つまりは出世ができなくなりました。

そこで、突然自分がやってきたことに疑問を持ち始め、揺れ始めます。

しかも、上司から意味不明に怒鳴られたり叱責を受けたり、理不尽な思いを受けることが多くなり、結局、他の同僚がどんどん出世していきます。

結局私は、組織内の評価を得るために仕事をしていたので、自分自身で意味付けをしておらず、結果的に迷ってしまったということです。

これは、仕事=楽しい!からいつの間にか外れ、自分で意識せずして出世競争意欲が自分の中で芽生え、無意識の中で闘争するというということをやっていたんですね。

働く意味を見失うとどうなるか?

働く意味を見失うと人間どうなるかと言うと、うつ状態やうつ病になります。

私の経験から、働く理由を自分の中で設定しておかないと、どこかで必ず迷いが生じることが分かりました。

出世すればするほど、社内のことだけに目が行くようになり、社会との接点がなくなります。

本書における著者は、支社長、部長職からうつ病になり、休職を繰り返すうちに、平社員になりました。

それでも、定年退職まで勤め上げました。

そのヒミツは、復業です。

もう1人。社会と接点のある自分を作ること

社会 接点

本書では、平社員で働きながらも、イキイキとした働き方ができるのは、社会との接点を持っておくことだと指南しています。

詳しい説明をあまり語りすぎると、影響がありますので省略しますが、もう1人の自分と社会との接点とは、個人事業主の自分ということです。

私で言えば、ブログです。

著者の楠木新さんは、講演や大学の講師、新聞のコラム、書籍の執筆を通し、もう1人の自分を作り上げてきました。

収入だけじゃなく、もう1人の社会的な接点としての個人事業。

それがあれば、会社の自分と個人事業の自分がどちらも、相乗効果で輝き始めるんです。

私は、悩める30代に送る「人生の目的、生きる目的」を考えようという記事の中で、ON、OFFを切り替えることを指南してきました。

それだけ、趣味を充実させるべきだと。

でも、本書ではプライベートでの個人事業の活力が、そのまま会社のイキイキさにもつながると言っています。

私はこのまま、30代、40代とサラリーマンを続ける中で、考え方が成熟に向かっていくと思います。

今はON・OFFをしっかりとるべきと思っていますが、徐々にその考え方も変化していくと思います。

それは、今後の自分の成長に伴いしっかりと記録していきたいと考えています。

最後にブログの存在ですが、私は脱社畜をはかるため、猛烈にブログを書いてきました。

今もブログという個人メディアを通して、自分なりのフィルターを通して発信することの喜びをかみしめています。

運営から8ヶ月間で副業ばりの成果は出すことが出来ています。

このままブログを更新し続けることで、もう1人の会社とは別の自分を作り上げていきたいと思っています。

それが社会との接点であり、個人事業主としての活力であり、稼ぐ手段でもあります。

サラッとまとめ!

私が今回、自分の本当の生き方を考えることができた「心の定年を乗り越えろ」では、自分の生き方を考え、補正するための知恵を得ることができました。

サラリーマン人生を歩んでいく中で、心の葛藤を抱えている人、もやもやが消えない人、モヤモヤを何とかしようと思いながら日々もがく人。

そんな人にこそ読んで欲しい書籍です。

スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス
「こころの定年」にならないために私達が心に留めておくこと
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス