「いい人」は今日まで!思い切っていい人はやめよう

記事が役に立ちましたら「シェア」をお願いします!

f2bf907a10be0f5e8c3f83a17a5e3839_m

いい人は「都合の良い人」。相手に振り回されていませんか?

振り回す人「上司」

振り回す人の代表例として、上司がいます。

自分の担当でもないのに、突然上司が仕事をムチャ振りしてきます。

上司の指示命令は素直に聞くもの・・と私たちは教えられてきました。

でも、なぜか自分だけにどんどん仕事が回されて、ついにパンクなんてことはありませんか?

それってきっと、いい人だから、都合の良い人になっています。

振り回す人「部下」

部下が次々に相談をしてくることで、自分の時間が奪われていきます。
結局1日何もせず終了・・・なんてことも日常茶飯事です。

「それって一体どうなのか?」

「自分は都合の良いように振りまわされているのではないか?」
そんなことをふと思ったので、少し分析。
これも、やっぱり単純に「いい人」「扱いやすい中間管理職」として、周囲から見られていることに気付きました。

いい人を捨て去れ!!

この状態が続けば自分にも負荷がかかり、仕事が完遂できません。
そこで「いい人」は思い切って捨て去ることにしました。
また「どんな人にも誠意を持って対応すること」を少し見直そうと。もちろんお客様は別です。
まず、手始めに自分が出来ないと思った仕事は、100%断ること。
今自分が持っている仕事は、新しい仕事をすることで確実に品質が落ちます。新しい仕事を引き受ける場合の基本方針として、

新しく仕事を引き受けて良いとき

1.今の仕事の品質が落ちることなく
2.自分が確実にできる仕事であり
3.スケジュールにムリがでない場合のみ

以上にしました。何でもかんでも引き受けていると、必ず無理が生じるということです。次に部下が次々に持ちかけてくる、相談や指示・判断について考えていきたいと思います。

まず、役職者は自分一人では無いということです。自分が判断できないものは判断できないでOKと考えました。

「全てを自分1人で解決しようとしないこと。」それに気付いたのです。

忙しい場合は、「課長に聞いてくれ(または部長に聞いてくれ)」で良いことにしました。

私はどちらかと言うと、部下から相談を持ちかけられやすい人であり、1つ1つ真剣に答えてしまいます。

仕事もどこまでも深く追いかけるタチです。気になることは調べて、失敗したら次は必ず成功させる方法を考える。

気付いたら、相当の仕事と責任を背負っていてボロボロに・・・というタイプ。
で、なんだかんだ言いながらマジメ。
なので、気を張るところと、気を抜くところのメリハリが必要なのかもしれません。

ということで、自分にも当てはまるな・・・と思った方は実践してみてください。

では!

The following two tabs change content below.
けぴお

けぴお

ブロガーイキルメディア・ラボ
東北ブロガー。家族とミニウサギと楽しく暮らしてます。ジャーナルな執筆活動と自給自足で牧歌的な生き方を目指す「物書き屋さん」です。 >>詳しいプロフィールはこちらです
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス

記事が役に立ちましたら「シェア」をお願いします!

フォローする

「いい人」は今日まで!思い切っていい人はやめよう
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス