20代後半の若い人ほど付き合うと面白い。その理由を考えます

20代 面白い

私は30代そこそこのオッサンサラリーマンですが、最近はリアルな仕事でもプライベートでも20代後半のビジネスマンと付き合うことが増えてきました。

20代の前半だと、ちょっと若手すぎて頼りない感じがしますが、仕事が出来るようになってくる20代後半はすごく面白いんですよね。

彼らはすでに私達が通ってきた道のりが多く、仕事に悩んでいる人もいますし、専門性を発揮して活躍している人もいます。

ビジネスマンとして組織で活躍している人もいれば、すでに起業している人も沢山います。

なぜ彼らは30代から見て面白いのか、その理由を考えていきたいと思います。

30代から見て、なぜ20後半の人は面白いのか?その理由

30代から見た、20代後半の若手を見た時の面白さについてお話ししていきたいと思います。

ビジネスマンとしての彼らは、ベテラン・中堅になる途中経過だから面白い

20代後半にもなると、早い人で係長・主任クラスに昇進する時期にさしかかります。

係長・主任はマネジャーでもありますが、リーダー的な役職でもありますので、いわば中堅どころと言えます。

たとえ役職がなくても、頭角が現れている人もいます。

体力もあるし、頭も働きます。やる気もバリバリあるし、馬力があるので少々の無理も効きます。

すごく頼もしく感じますね。

このような方は、どちらかというと地方にはあまりいなくて、東京など都会にいることが多いように思います。

話は異なりますが、優秀な人は都会に出ていくのはよくわかります。

酒の席でも、20代後半の彼らは馬力もあるし、若いので話も熱いんです。

若手から中堅への分岐点に差し掛かった彼らは、元気があふれているので、30代の私達は元気をもらえるのです。

彼らは成長過程であり、吸収力が早いから面白い

彼らは仕事でも、1人の人間としても、成長過程にあります。

いつまでも同じ仕事を失敗して怒られている人もいれば、どんどん仕事で結果を出して、成長を続ける方もいます。

成長過程の人がなぜ面白いかと言うと、何か目標なりを追いかけているので、脳が常に刺激を受けイキイキしています。

私も30代になって経験しましたが、キャリアの行き詰まり感や突然目標を見失うと、将来に霧がかかったような感じでぼやけてしまい、思考が停止します。

思考が停止すると何もかもやる気がなくなってしまい、成長がストップ。仕事をあきらめた状態になります。

つまり、覇気がなく面白くない人になります。

だからこそ、成長途中の中でもがいている20代後半の彼らは、とてつもなく刺激を受けますし面白く感じます。

30代になると自分を知り限界を知り、夢を追う感じがなくなる。徐々に脱却しよう!

30代になると、自分の限界を知り、現実的になり、夢や目標を見失った状態になる人も多いと聞きます。

それは家庭環境の変化や、仕事の責任が重くなることで、プレッシャーを感じることが多くなることもありますし、体力面の衰えを知ることが理由にあります。

当ブログのオススメ記事セレクションにもある、悩める30代に送る「人生の目的、生きる目的」を考えようにもあるように、この状態から脱却するには、趣味を持つことや、転職し環境を変える必要があります。

以上は長文記事ですが、参考になればと思います。

ただ、それが上手くいく人もいれば、転職できずに地方で悶々とする人もいます。(私か!)

30代後半からの転職のコツは、個人的なプライベートの付き合いの中から叶う人もいるようです。

また、今回の記事テーマでもあるように、20代後半の人からの刺激を受けることもアリだと思います。

じゃあ30代以上はつまらないのか!と言えば、決してそうでもない

「じゃあ、30代はつまらないのか!」と怒られそうですが、決してそうとは言い切れないと思います。

ただ、以上のように30代になると、突然息が切れたように組織の中に無理に自分を押し込めたり、前に出てこなくなります。

仕事でもネットでも同じです。

30代になると多くの人が岐路に立ち、前に出て外部に発信し続ける少数の人と、活力が切れてしまい外に出てこなくなった多くの人に分かれます。

何となく30代というのは、そういう岐路に立つ年齢なんだと思います。

40代になれば、ますます人による差が出てきます。

活力あふれる40代になりたいと思います。

ではまた^^

スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス
20代後半の若い人ほど付き合うと面白い。その理由を考えます
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス