新聞を読むから「聞く」へ。朝日新聞がスマホアプリ「アルキキ」をリリース

記事が役に立ちましたら「シェア」をお願いします!

朝日新聞 アルキキ

2016年4月6日、朝日新聞が新聞記事を音声で配信するスマホアプリ・iphoneアプリの「アルキキ」をリリースしました。

新聞同様に多様なジャンルのニュースを音声で聞けるとのことです。

私は新聞ユーザーなので、結構好んで読んでいます。地方紙は定期購読し、日本経済新聞は2日~3日に1回コンビニで買って読んでいます。

なので、朝日新聞の取り組みは面白いと思います。

朝は忙しいけど、新聞は読んでおきたいビジネスマンに、「聞く新聞」アルキキをリリース

アルキキって何?朝日新聞が「聞く新聞」をリリースしました。

ビジネスマンは毎日忙しいけど新聞を読みたい。だとしたら、「聞く」でもOK

音声ニュースの元祖はラジオです。

最近だと、Eラーニング、オーディオブックや速聴がありますよね。

そういえば、最近ラジオは聞かなくなりました。朝は忙しいので、新聞を読みたくても読む時間がなかなか取れないというのがサラリーマンの実態だと思います。(私か)

新聞は基本的に読み切りなので、本のようにしおりをはさんで読むのではなく、気になる記事を読み、あとは飛ばして読むのが多いのではないでしょうか。

朝食と一緒に、読んだら夜に読み返すことは、あまりありません。

ということは、どちらかというとフローの情報ですよね。だからこそ、ニュースアプリも流行るわけです。

でも、新聞は習慣であり公式情報として読んでおきたいニーズはある?

一消費者の私のイメージでは、新聞メディアは公式情報としての意味合いを持ちます。

なので、忙しい朝でも目を通しておきたいというニーズはあるんでしょうね。

ニュースは10分で聞けるので、

・歩きながらでも新聞が「聞ける」

・電車通勤でも新聞が「聞ける」

公式サイトのアルキキを見てみると、視聴もできるようなので早速聞いてみました。

音声合成なので、抑揚が少し変に感じますが、ひと昔前よりも全然聞きやすいですね。

新聞を聞く!アルキキの内容

新聞 聞く

更新は1日4回で、新聞記事の第一段落を音声化して配信。

時間は6時、8時、12時、18時です。

6時と8時は15本の音声が7~8分の音声で配信し、12時と18時はデジタルトップニュースから選択した6本の記事を音声化して配信します。

配信された音声には、記事リンクが張られており、後程記事として読むこともできます。

全部の記事を読むには、朝日新聞の「デジタル会員」になる必要があるようですね。

不明な点は、よくある質問でまとめられていますので、参考にしてみてください。

アプリは無料ダウンロード

アルキキ 朝日新聞

アプリは無料でダウンロードでき、アプリ内の課金なし。通信料が利用者負担はもちろんですが、音声ファイルは極力小さくなるように設定されています。

15本分の音声ニュースすべて合わせても、3MB。

対応OSは、iOS8以降、Android4.4以降。タブレット、PCでは対応していません。

ダウンロードは以下のリンクです。

・App Store: https://itunes.apple.com/jp/app/id1093326486?mt=8
・Google Play: https://play.google.com/store/apps/details?id=com.asahi.arukiki

で、早速アプリインストール!と思ったら・・・

アルキキ

早速、アルキキをインストールしようと思ったら、androidのバージョンが4.4以降じゃないと無理のようです。残念。(そろそろスマホ変えないとな・・。)

ということで、忙しい朝に新聞を「聞く」という発想も面白いと思います。

The following two tabs change content below.
けぴお

けぴお

ブロガーイキルメディア・ラボ
東北ブロガー。家族とミニウサギと楽しく暮らしてます。ジャーナルな執筆活動と自給自足で牧歌的な生き方を目指す「物書き屋さん」です。 >>詳しいプロフィールはこちらです
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス

記事が役に立ちましたら「シェア」をお願いします!

フォローする

新聞を読むから「聞く」へ。朝日新聞がスマホアプリ「アルキキ」をリリース
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス