驚愕!?SIMフリー5インチスマホが1万円台で新発売 【HUAWEI Y6】

HUAWEY Y6

「そろそろスマホ買い替えたい・・けどあんまり、お金ないしなあ。」

という私のようなサラリーマンに朗報です。

ファーウェイ(HUAWEI)から、エントリーモデルのY6が発売されることとなりました。

なんと市場価格は15,980円。それにしては安い。安すぎる。

安いけどHUAWEI(ファーウェイ) Y6モデルの仕様はどうなの?

安いけど、仕様はどうなのか気になるところですよね。

仕様を見てみると、

・ HDディスプレイ5.0インチ(1280×720)

・ サイズ 72.1(W)×143.5(H)×8.5(D)mm

・ カラー ホワイト、 ブラック

・ 重さ 155g

・ OS AndroidTM5.1  Lollipop / Emotion UI 3.1

・ CPU:Qualcomm MSM8909 / 4コア(1.1GHz)

・ メモリ:RAM:1GB / ROM:8GB Micro-SDスロット(最大32GB)

・ バッテリ:2200mAh

・ カメラ

○ メインカメラ 800万画素(開口部F2.0/AF/BSI)
○ インカメラ 200万画素(開口部F2.8/FF)

・通信速度

○ 下り(受信時):最大150Mbps(LTE)※1
○ 上り(送信時):最大50Mbps(LTE)※1

・連続待受時間

○ LTE-FDD:約300h
○ W-CDMA:約300h
○ GSM:約300h※1

・連続通話時間
○ W-CDMA:約11.7h
○ GSM:約11.7h※1

・Wi-Fi 802.11b/g/n(2.4GHz)

○テザリング機能:最大接続台数8台

○その他:micro SIM×1、 Bluetooth(R)v4.1、 GPS/AGPS/Glonass

以上のようになっています。

韓国では発売からすでに2万台突破

。2016年1月14日、中国メディア・環球網によると、中国のファーウェイ(華為技術)が韓国で先月16日に発売した低価格スマートフォンY6が、発売1カ月弱で2万台を売り上げた。

14日付の韓国・聯合ニュースによると、韓国の通信キャリアLGユープラスが先月16日に単独発売したファーウェイY6は、半月弱で販売台数が1万台を突破した。現在も1日700台程度売れている。

Y6の定価は15万4000ウォン(約1万5000円)。韓国で販売されたスマートフォンでは最も安いが、5インチHDディスプレーと1GB(ギガバイト)RAM、バッテリー容量2200mAhとコストパフォーマンスに優れている。

LGユープラスによると、若者に加えて、30~40代の女性やフィーチャーフォンユーザーに人気だという。

(引用:中国の1万円台スマホが韓国でヒット、発売1カ月弱で2万台突破―中国メディア – excite)

中国の景気後退で購買力が落ちている中で、アパレルメーカーによる中国進出の記事を書いてていましたが、ファーウェイの1万円代モデルもその流れで作ったのかもしれないですね。

以下参考です。

仕様をみても、劇的に何かに優れている製品じゃないけど、コストパフォーマンスには優れていますよね。

HUAWEI Y6は買い?今使っているスマホと比べて気になるところ

L-01D

(引用:L-01D – LG

誠に恥ずかしながら、私はLG社のL-01Dという2011年のモデルを使用しています。

使えるからいいかーというレベルじゃなくなってきています。

充電は1日持たない上にすぐに無くなるし、GPSも遅いし、SNSもモッサリ感が尋常じゃなくなってきています。

仕様を見てみると、

・Android 2.3

・バッテリーは1800mAh

・4.5インチ(1280×720)

・デュアルコア1.5GHz

・ROM 4GB / RAM 1GB、重量140g

・連続待受時間 3G 約300時間 / GSM 約240時間 / LTE 約240時間

こんな感じです。うわー。そろそろヤバイ。

アンドロイドが前バージョンすぎて、使用できないアプリも続出中。

上の記事で書いた、アルキキも使ってみたいしなあ。

比較してみてのメリットは、バッテリーが大きくなり、ディスプレイも4.5から5インチに大きくなっていて、連続待受時間はLTEで比較して60時間伸びています。

Androidも当然新バージョンになってますし。

ただ、あまり変わらない部分やそんなにメリットを感じない点は、重量が10g増えているし、RAMは一緒。

結論!昔のスマホを使っているくらいなら、買い替えるメリットは大きいと思う。

完全に私比較になりますが、今のL-01Dなど昔のモデルを使っているなら、15,000円くらい出して買い替えた方が絶対お得ですね。

というのも、仕様を見た感じ、性能面で悪くなる要素が無いからです。

良くなる部分がいくつかあり、変わらない部分もある。でも、悪くなる部分がない。そして、価格面は良しとなれば、判断としていいんじゃないかな。

個人的には白がいいなーと。

発売開始は、2016年4月16日からのようです。アマゾンリンクを見ると、15,000円台のはずが、なぜか17,000円になってる・・??

どちらにしても安いので、買いですね。(私は)

DMM mobileでの取り扱い開始

2016年4月14日より、DMM mobileでは申し込みの受付開始を行いました。

支払い方法は2通り。

一括払い:¥15,980(税抜)
分割払い:¥850×24回

請求額の10%の分のDMMポイントをもらえるようですね。

詳しくは、こちらのページです。

ではまた^^

スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス


お仕事依頼はこちらから

驚愕!?SIMフリー5インチスマホが1万円台で新発売 【HUAWEI Y6】
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス