記事が役に立ちましたら「シェア」をお願いします!

ナノブロックより「エヴァンゲリオン初号機」が発売開始

記事が役に立ちましたら「シェア」をお願いします!

ナノブロック エヴァンゲリオン

(株)カワダの商品、ナノブロック(nanoblock)より、2016年4月8日、全国のおもちゃショップで「新世紀エヴァンゲリオン初号機」が発売開始されました。

ナノブロックとエヴァンゲリオンとのコラボは、これで2回目。

手足の間接には稼働パーツが採用され、難易度は3。

370ピースで本体価格は、2,800円(税別)

以下、参考画像です。

sub2

sub3

sub4

sub5

sub6

sub7

エヴァンゲリオン監督の庵野秀明が総監督を務める映画「シン・ゴジラ」 の公開に先駆け て、製作されたnanoblock。

今後のシリーズも楽しみですね。

sub10

あと、個人的には「nanoblock」のロゴデザインが好きです。

で、ナノブロックって改めてなんなの?と思ったので調べてみました。

以下、nanoblock公式サイトからの引用です。

ナノブロック

従来のダイヤブロックの半分の大きさ

「nanoblock」はダイヤブロックのカワダがお届けする、驚愕のミニサイズ ブロックです。

その大きさは1つのポッチが僅か4mmというミニサイズで、従来のダイヤブロックの半分(体積比は1/8)の大きさです。 (最小部品は4×4×5mmの極小サイズ!)

ダイヤブロックと同じ二重バネ構造で組み立て感もGOOD!

大きさは半分でもダイヤブロックの持つ特長を全て受け継いでおり機能は全く劣りません。精度にこだわった新しいホビーマテリアルを是非お試し下さい。形は普通のブロックですが大人が没頭出来る全く新しいホビーです。

よりリアルに! より小さく!

nanoblockには2つの大きな可能性があります。小さくなった事でよりリアルに作れる事。それからより小さく作れる様になったという事です。大きさが変わっただけでもその世界は大きく変わり広がります。

1つ1つのブロックが小さいので、よりリアルな再現性に期待できそうです。

パーツが小さいので、小さい子供(乳幼児)には注意ですね。

スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス

記事が役に立ちましたら「シェア」をお願いします!



お仕事依頼はこちらから

ナノブロックより「エヴァンゲリオン初号機」が発売開始
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス