記事が役に立ちましたら「シェア」をお願いします!

人口知能AIは、10年後に日本人の49%の仕事を奪うことになる

AI 将来

何かと世間で話題の「人工知能AI」。

よく見かけるのは人工知能やロボットから、人間の仕事が奪われるという記事を見かけます。

メディアでも、AIとロボットの将来についての記事がありましたので、引用させて頂きます。

野村総合研究所は2015年12月、英オックスフォード大学のマイケル・A・オズボーン准教授らとの共同研究で、日本の労働人口の約49%が就く職業が10~20年後には人口知能(AI)やロボットで技術的に代替できるという推計結果を発表した。

具体的には、銀行窓口係、レジ係、弁理士、司法書士などの職業は機械にとって代わられる可能性が高い。

一方で教員、医師、デザイナー、などは代替可能性が低い。

その他、トラックドライバー、弁護士もそうですね。

米国では新聞記者も、AIがすでに登場しているようです。数々のツイートを分析し、学習して「記事にする」という・・。

すでに製造作業系はロボットに代替されていますが、事務作業系や受付の仕事も人間の労働力ではなく、機械でできてしまう時代が近づいています。

機械は、人間よりも「動作」「作業」に信頼がある。

これは、ビジネスの現場で働く私も常々感じていたことです。

今の働き盛りの若い世代の多くは、10年前と比べても仕事の能力が全体として高いと思って見ています。

私が入社したころは、仕事が全くできない人でも、体を動かしていればそれなりに仕事として成立していたし、周囲からも許容されていたんですよね。

でも、今は時代がガラリと変わっています。

若手1人1人に仕事をきちんと教えれば、それなりに出来るような人ばかり。

特にマニュアルや仕事の仕組みとしてのレールがあれば、そのまま走ってくれます。

分からないことを普通に聞かれれば、周囲も普通に教えてくれるし、部署の仕事もサクサク進みます。

それでも、人よりも機械の方が作業に信頼があります。つまり、AIが勝手に学習して安定して作業してくれれば、その方が仕事が安定しますよね。

レールを敷いたり、仕事の枠組みを設定できる人は生き残る?

今後、生き残る仕事を自分の視点で考えていきます。

仕事で一番醍醐味があり、それでいて難しいのは、「現在の課題を解決するために何か考えろ!」というモノ。

難題の仕事を1つ1つ整理し、課題を洗い出しつつ部署間で交渉しながら、数年のスパンで進める仕事は非常に大変です。面白いけど。

あとは、仕事の仕組みを考える仕事も面白いですね。

より簡単に成果が出るように1つ1つ設定していきます。「時間単価の低い人」でもできるように仕組みを変えて、仕事を作っていきます。

枠組みなり、レールを作っていくというのは、簡単に言えば「仕事の仕組みを作る」ということです。

「いかに効率的に仕事を進めて、誰でも簡単に労せずに同じ結果が出るか?」

これを追求していくと、単純作業は機械にやらせれば一番時間単価も低いし、人の手もいらなことに気付きます。

人がいらなければ、人件費がかからないということです。

ところが労働者側からすれば、自分が一生懸命育ててきたスキルを機会に奪われてしまうことになり食えなくなる。これは非常に怖い。

ただ、仕事の仕組みを作ったり、色々な人と交渉して仕事を構築していくような、経営企画的な仕事は機械に奪われることは、まだ先のことと思います。

AIのイノベーションの光と影。

技術革新によって、もたらされるメリットと、淘汰される企業、人、モノはツキモノと言われています。

イノベーションは、華々しい光の部分だけでなく、多くの企業に暗い影を落とすこともあります。

たとえば、アメリカに本社を置くイーストマン・コダック社は、フィルムカメラ全盛期には銀塩フィルムで世界シェアNo.1を誇り、2000年には140億ドル(当時の為替レートで1兆5400億円)もの売上を計上して我が世の春を謳歌していました。

ところが、2000年頃から急速に普及し始めたカメラのデジタル化の波に乗り遅れ、2011年には売上が半減。そして、2012年1月19日に経営破綻にまで追い込まれました。イノベーションによって市場が急速に変化した結果、かつてのフィルム業界の盟主でさえ対応できずに経営が立ち行かなくなってしまったのです。

(引用:イノベーションの光と影‐技術はどう事業を変えるか? – All About)

新しいイノベーションは、旧前の技術で食ってきた企業をあっという間のスピードで、淘汰していきますよね。

これは、AIもロボットも同じ。

AIというイノベーションが、人間に置き換わるんです。時代の流れは、止めることが出来ないどうしようもないことなんですね。

たとえ、AIに置き換わっても、教育が変化して人は「食えるようになる」と思う。

最近のグローバルな経済への変化で、もう少ししたら英語が普通にできる人ばかりになっていると思います。

それも、経済状態に合わせて「教育が変わる」からです。

ただ、教育を受ける方にとっては、年々スピードが速くなると思いますし、学ぶことも多くなってくるでしょう。

一方でお金を払う側の「親」からすれば、教育コストも上がっていくし、お金が無い場合はそれなりの教育しか受けられないことになります。

そう考えると、学んだ人は食えるようになるし、学べない人は食えなくなりますよね。

それが結果的に所得格差になるとすれば、これも困ったものです。

メディアでも、

今後、代替可能性が低い職業に労働者が移動できるよう、教育・訓練が社会的な課題となろう。

と時代を読んでいます。

なので、教育が整って、かつ、きちんと乗っかっていけば、多くの人が職に苦しむことは無いでしょうね。

うーん難しい時代が来そう。

AIの登場で、ブロガーの将来はどうなる?

私は足掛け3年で起業を目指していて、あと2年でブログを軸にした独立をします。

この記事を自分で書いていて、ブロガーはどうなんだろう?って思います。

メディアによると、

抽象的な概念を整理し生み出す仕事、協調や説得が必要な仕事は代替されにくく、「創造性」と「社会的知性」あがあるかどうかで差がつく。

と書かれていました。

ブログの運営方法にもよりますが、抽象的な概念を整理したり、生み出すこと、創造性や先を読み通す力なんかを鍛えていれば、生き残りの対象になると思います。

冒頭でもお話しした通り、デザイナーも含まれています。

創造することは、機械の一番苦手な部分。

人なりの個性で変化し、変化によって価値を生み出す「クリエイター」は、今後も職業として成り立ちそうですね。この辺はブロガーも同じです。

以上、「人口知能AIは、10年後に日本人の49%の仕事を奪うことになる」をお伝えしました。

ではまた^^

スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス

記事が役に立ちましたら「シェア」をお願いします!



お仕事依頼はこちらから

人口知能AIは、10年後に日本人の49%の仕事を奪うことになる
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス