GW終了!ゴールデンウィークが終わった時の19の憂鬱防止策

記事が役に立ちましたら「シェア」をお願いします!

GW 終了 憂鬱

はあああ・・。ゴールデンウィークが終わってしまった・・辛すぎる・・・。

明日から仕事と考えると憂鬱で憂鬱で仕方ない。一体どうしたらいいんだ。

もう、仕事やめてしまおうかな。でも、そんなわけにもいかないし・・。

GWが終了した今、老若男女様々な立場のサラリーマンの皆さんが、久しぶりの出勤日を目前に襲い来る憂鬱感に悩んでいると思います。

(すでに仕事が始まっている方もいると思います。)

私も毎年のように襲ってくる倦怠感と向き合っています。

私は家族を持つ立場でありつつ、15年以上サラリーマンをしている中間管理職で自称ベテランで中年のオッサンでも、「嫌だ嫌だ」と妻に駄々をこねながら毎年会社に行ってます。

一方で、新入社員や若手のみなさんは、新しい環境に慣れようとしている時期でありますし、自分で仕事の進め方をコントロールできない立場にあるので、私よりももっと辛いと思います。

ちなみにブログの最後にも書いていますが、私のブログを始めたきっかけは、GW後の5月病であり、燃え尽き症候群です。

(もう少し詳しく知りたいと思った方は、プロフィールを見てもらうと分かると思います。)

本題に戻りますと、ゴールデンウィークが終わると、職場に行くのがイヤでイヤでたまらないですよね。

今回は、決して「GW明けのだるさを振り切って、モチベーションをあげて頑張ろう!」というようなブログ記事ではなく、今の現状の気持ちを肯定的に受け止めながらも、何とかやっていく方法はないものかと経験上考えた記事です。

今回の記事を通して、少しでもゴールデンウィーク後の「会社行きたくない病」を忘れられるような考え方や、行動の方法などを紹介しつつ、憂鬱感を防止する方法をまとめていきたいと思います。

では、行ってみましょう!

目次

GWが終了しても、スムーズに仕事や学校の日常生活に戻るための19の方法

ゴールデンウィーク終了日の1日~2日前の考え方と行動編

ゴールデンウィーク終了から、日常生活に戻るまでの2日間の過ごし方が、重要なポイントになってきます。

GW終了を目の前にした、考え方と行動をまとめていきますので、参考にしてみてください。

【1】長期で旅行に行ったとき、GW終了日の2日前からは規則正しく家で過ごそう。

長期で旅行に行ったときは、GW終了日の2日前には規則正しい生活に戻るようにしましょう。

長期旅行に行き、帰ってきてからもダラダラとした生活をしていると、体と心がGWモードから元に戻れません。

よく考えてみると、1年間のうち休みや連休を過ごしているよりも、日常的に働いている状態の方が多いですよね。

ということは、体のベースは日常に合わせた方が体の調子が戻ります。

長期旅行が終了したら体は疲れているので、ゴールデンウィーク終了の2日前にはゆっくりと休み、普段の日常の生活を取り戻していくと、疲れが取れて元通りの体調になります。

【2】平日とGWのギャップを埋める。

GWが終わった後に、何とも言いようがない憂鬱感に襲われる理由は、「GWがあまりにも非日常すぎて充実し、楽しすぎたから。」です。

誰にでも、「ゴールデンウィークは充実させたい!」と思うのは、ごく自然のことですよね。

ただ、非日常の極楽状態から、ありふれた日常に戻ろうとすると拒否反応が出るものです。

GWと日常のギャップは大きすぎない程度に楽しむ、または、終了前の1日~2日前は生活感を取り戻すための調整期間と思って、過ごしてみてください。

【3】最終日は、運動をして憂鬱感を吹き飛ばそう!

最終日の憂鬱感は運動することで、驚くほど吹き飛びます。

私は普段からランニング、ウォーキングをして精神状態を良好にしていますが、走ることに慣れていない人が急に走るのは、心臓に悪いので危険です。

初めてでも、運動してスッキリしたい!と思った人は、30分~40分ウォーキングをしてみてください。

ジワッと汗をかくくらいになれば、精神的にスカッとします。

運動は理屈抜きで効果がありますよ。ビビッときた方は、以下の記事も参考になると思います。

朝ランニング・ジョギングを5年続けてわかった!その効果など
私はかれこれ、朝ジョギング・ランニングを始めて5年以上が経過していますが、ダイエット効果だけでなく、様々なメリットが多いと感じます。...

改めてですが、ランニングやウォーキングの良いところは、1人でも出来るし、お金もかからず、時間を見つけてサッとできることがいいですね。

【4】最終日にサザエさんは見ない!

GW最終日にサザエさんは見ないようにしましょう。

子供がいると、日曜日のテレビは「サザエさんコース」になりがちですが、あえて別の番組を見ることをオススメします。

サザエさんを見ると、条件反射で「ゴールデンウィークが終わった・・・」と憂鬱感にさいなまれるくらいなら、見ない方が良いと思います。

もちろん、自分に活を入れるために「あえてサザエさんを見る」という方法もあります。

(私はちょっと無理かな・・)

【5】お酒は飲みすぎないようにしよう。

ゴールデンウィークは、お酒が好きな方はたらふく飲んで過ごしたと思います。

ただ、GW終了の前日くらいは抑えめにしておいた方が良いです。というのも、お酒を飲みすぎると体がだるくなって、睡眠も浅くなり、朝の目覚めも悪くなります。

ということは、1日の憂鬱感に拍車をかける原因になりますよね。

ゴールデンウィーク終了した後の考え方、行動編

それでは、次にゴールデンウィークが終了した後の、日常の仕事に戻るときのコツをまとめていきます。

【6】出勤時はひたすら好きな音楽を聞く。

久しぶりの出勤日。

会社に行きたくないし、憂鬱というときは、自分の好きな音楽を聞きましょう。

会社までの道のりは体が覚えているので、行動は無意識になっているハズです。

なので、「音楽を聴いているうちに、いつの間にか会社についてた!」というのが理想です。

あとは、勝手に仕事を始めて、そのうち仕事が終わります。

そして1日が過ぎ去るのです。

【7】気の合う同僚には、「だるいよね」と愚痴る。

気の合う同僚には、「やばい。GW明けはダルいよね・・。」とグチってもOKです。

きっと相手も同じように思っているので、共感してくれます。

注意点は、直属の上司や考え方が違う先輩、同僚は避けること。

共感してくれるどころか、叱られる場合もあります。

気の合う人と、「共感パワー」で切り抜けましょう。

【8】まあ、1日を乗り切ればいいやと考える。

考え方として、「まあ、今日は1日を乗り切ればいいかー。」と思いながら仕事に向かいましょう。

マジメな人ほど、「よし!休みボケが続かないように、活を入れてがんばるぞ!」と考えがちですが、サラリーマンでいる以上は止めた方が良いです。

1日をなんとか乗り切ればいいかな。という割り切り感が、あなたの憂鬱感から解放されるエッセンスになるのです。

【9】上司も部下も状況は同じと考える。

上司も部下も同僚も、ゴールデンウィークが終了した後は、耐えがたい憂鬱感に悩まされています。

なので、憂鬱なのは「みんな一緒」です。考え方として、自分だけじゃないんだと思うことによって、心のどこかで安心感を得られるものです。

【10】仕事は全力でしない。6割感でOK。

GWが終了してすぐは、仕事を全力でするのは止めておきましょう。

どんなに仕事ができる人でも、連休モードがすぐに仕事モードにアクセルが踏めるかと言えば、なかなか難しいです。

なので、仕事は全力でしないで、6割くらいで十分です。

一番重要なのは、連休後に徐々に自分のペースを戻していくことなので、いきなり本気で仕事をしたら燃え尽きてしまうこと必須ですよ。

【11】定時で退社する。

ゴールデンウィーク終了後の翌日は、定時退社しましょう。

前項と同じで、本気で仕事をしないということです。

アクセルは徐々にふかして、少しずつ体を慣らしていくのが、長くサラリーマンを続けるための一番良い方法です。

【12】ルーティン、軽作業にとどめる。

仕事の進め方として、GW終了の翌日はルーティン作業や軽作業にとどめておきましょう。

あまりにも難しい仕事はしない方が良いです。

【13】あまりあれこれ深く考えず、目の前のことをただ「やる」。

GW終了後は、仕事や職場のことを考えるだけで憂鬱感にさいなまれます。

人間関係や仕事の量、これから準備しなければならない会議やトラブルの山など、考えれば考えるほど目の前が霧がかかったような、暗雲が立ち込める感じがします。

なので、思考のきっかけとして、あまり深く考えないことをオススメします。

とりあえず職場に行って、目の前の仕事を6割感でスパスパ処理する。

おそらくリズムには乗れないので、ゆっくりでいいので淡々と「やればいい」と思いましょう。

GW終了後は、何も考えないことが良い方法です。

【14】人生は繰り返しで、GW後はこんなもんだと割り切る。

人生は繰り返しです。

去年も同じ。おととしも同じ。GW終了後は大体同じような気分です。

ということは、来年も同じような憂鬱感に悩まされながら、出勤日を迎えるのです。

なので、人生はこんなもんだと割り切りましょう。また同じような気持ちの繰り返しが何十年も続くだけです。

前項と同じで深く考えないことです。

【15】週末の休みに「楽しみ」を入れておこう!

GWが終わってすぐは休みモードから抜けられず、憂鬱な気分が続きます。

そんなときは、週末に楽しみを入れておきましょう。

楽しみを入れておくと、ゴールデンウィーク明けの平日はなんとか持ちこたえられるハズ。

美味しいものを食べに行くとか、友人と約束を入れるなど、ささやかな楽しみは今の苦痛を和らげてくれますよ。

次回の連休終了時に、同じような憂鬱感に襲われないようにする方法

憂鬱感を防止する方法や考え方は、以上でまとめてきましたが、「来年も同じようなことになりたくない!」と思う方も多いと思います。

そんな時の考え方や、対策をまとめていきます。

【16】憂鬱感はなぜ起こるか?それは、逃げ場がない日常だから。

考え方として、憂鬱感がなぜ起こるかと言うと、普段の日常に逃げ場がないからです。

統計上で言うと、40代男性の方は特にストレスを感じています。

・生活のために働かなければならない。

・家庭のために働かなければならない。

・趣味はない。

・自分をケアする暇がない。

・職場にしか話す人がいない。

自分の居場所がないと、どんどん追い詰められてしまいます。

「では、どうしたら良いのか?」は次項でまとめていきます。

【17】第3の居場所を作っておこう!私の経験からの話。

私は、ちょうどこの記事書いている一昨年前の、平成28年5月19日にブログを始めました。

理由は燃え尽き症候群(バーンアウト)の状態になって、うつ病にもなったからです。5月病なのかもしれません。

あれっ!と思った方は、突然何もやる気がおきない・・バーンアウト症候群の初期症状まとめや、燃え尽き症候群、バーンアウトの記事カテゴリを参考にしてみてください。

その際は、2回目の発症でした。

医者(メンタルクリニック)に通院してなんとか完治しましたが、なぜ、そこまで自分を追いつめなければならないのか、自分の働き方は間違ってるのではないかと、それまでの「働き方」に疑問を持つようになってきました。

簡単にまとめると、

・責任感の背負い込みすぎ

・職場と家庭以外の居場所がないこと

・仕事をしすぎたこと

ここに問題があったんですね。

なので、第3の居場所としてブログを始めました。もちろん、本気で会社を脱出するためです。

今回はそこまでの深い話はしませんが、私のように以上の項目にあてはまる男性のみなさんは、サークルや趣味など、第3の居場所があるかどうか、ふと胸に手を当ててみてください。

仕事一筋、家庭一筋、友人なし、仕事が趣味のサラリーマンが一番キケンです。

【18】いきなり趣味は持てないモノ。

ただ、いきなり「趣味を持て!」と言われても、できないものです。

私もこの現実に遭遇した時は、相当動揺しましたし、長い間どうしたら良いのか分かりませんでした。

私はこれまで、特に趣味というものがありませんでしたし、プライベートにまで何かのサークル活動に入るなんて、面倒以外の何者でもないと思ってました。

ただ、文章を書いて自分なりの考えをまとめていくのが好きだったので、ブログという第3の居場所を作っています。今も第3の居場所で輝くために、コツコツ構築し続けています。

私はコミュニケーションがあまりうまくないので、1人でもできて楽しめるモノを選択しています。

人との会話が好きな人は、サークルや何かの活動をすればいいし、1人でも手軽にやりたい人はブログでもいいし、DIYでもいいと思います。

何かに没頭して、我を忘れるくらいの趣味(第3の居場所)を少しずつ育てていきましょう。

何かに夢中になっていると、絶対毎日楽しくなりますよ。

【19】第3の居場所は、GW後の憂鬱感から解放されるスパイス。

第3の居場所を持つことで、ゴールデンウィークの憂鬱感から解放されます。

私も今このブログを書いていて、改めてそう思います。

今、私は憂鬱感をほとんど感じることなく、

「今日は会社か。まあ行くか。」と、現実を客観的かつ冷静に受け止めています。

ゴールデンウィークは家族とあちこち出かけていますし、旅行もしています。

それでも憂鬱感はありません。去年までとは比べ物にならない感覚ですね。

第3の居場所を持つことの大事さを痛感しています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

GWの終了後の憂鬱感から解放されるような、考え方や行動をまとめていきました。

大まかには、

・日常に戻るためには、スローぺースで仕事をする。

・来年以降、同じような憂鬱感に悩まされないためには、第3の居場所を作る。

以上でまとめさせていただきます。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

この記事が役に立ちましたら、いいねやフォローをお願いします!

ではまた^^

The following two tabs change content below.
けぴお

けぴお

ブロガーイキルメディア・ラボ
東北ブロガー。家族とミニウサギと楽しく暮らしてます。ジャーナルな執筆活動と自給自足で牧歌的な生き方を目指す「物書き屋さん」です。 >>詳しいプロフィールはこちらです
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス

記事が役に立ちましたら「シェア」をお願いします!

フォローする

GW終了!ゴールデンウィークが終わった時の19の憂鬱防止策
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス

コメント

  1. yoshihiko より:

    おはようございます。
    最終日にサザエさんは見ない!
    これハマりました。
    なんだか小さい頃から思うことですが、日曜日の最後を感じさせられるので悲しくなるというか、明日からの現実が嫌になるという思いではありますね。
    特に酒を飲みながらなんていったら、結構精神的にくるものがあります(笑)
    僕も見直してみます。
    またお邪魔します!

    • けぴお サラト より:

      yoshihikoさん、こんばんわ^^

      サザエさん症候群という言葉があるようなので、あえて見ないのも策かも!と考えています。
      お酒もなかなか抑えるのが難しいですよね(汗)私もですが・。

      無理せず行きましょう^^ではでは