記事が役に立ちましたら「シェア」をお願いします!

はとバスで東京スカイツリー観光!日帰りバスツアーをレビューするよ

記事が役に立ちましたら「シェア」をお願いします!

東京観光 スカイツリー はとバス

東京で観光!と言ったら、すぐに思いつくのは「東京スカイツリー®」「東京タワー」ですよね。

東京スカイツリー®を単独で見に行くのもアリと言ったらアリですが、せっかくなら色々見たいと思う人も多いと思います。

先日の連休で、はとバスの日帰りツアー「東京二大タワー共演」(東京スカイツリー®&東京タワー)に行ってきたので、これから東京の観光を考える際の参考になればと思います。

では、いってみましょう!

東京で観光!「はとバス日帰りツアー」で東京スカイツリー®に行ってきたよ!日帰り旅行レビュー。

はとバス 東京観光

「東京にはあまり行ったことがないけど、限られた時間の中で名所に行ってみたい!」と思った時には、はとバスがいいですね。

今回の記事は、最初になぜ「はとバス」が良いのかメリットを整理していき、料金などの説明の後に、ツアーのレビューにいってみたいと思います。

東京観光を考えた時の「はとバス」のメリット。

地方から東京へ行くときに思うのが、電車や交通機関など何にどうやって乗ったらいのか全く分かりません。

調べてもチンプンカンプン、場所も分からないのでムダに時間が過ぎていきます。

出張が多いビジネスマンで何回も東京を行き来していれば、数年もすれば慣れると思いますが、そうでなければ旅行なんて夢のまた夢。大変ですよね。

なので、そんなときは「はとバス」が良いと思います。

項目ごとにメリットをまとめると、

・東京駅(丸の内南口)まで行って、バスにさえ乗れればOK。

・自分で何もしなくても、ガイドさんについていけば東京を満喫できる。

・時間にムダがないので、少ない時間で多くの観光地を楽しめる。

・ガイドさんの東京マメ知識が勉強になり、大まかに東京を知ることが出来る。

私は「はとバス」を利用したのはそれほど多くないのですが、以上のメリットがあります。

東京スカイツリー®を見れる、日帰りツアーの料金はいくらするの?

とは言え、気になるのが料金ですよね。

今回利用したツアーは、東京二大タワー競演(東京スカイツリー(R)&東京タワー)です。

料金は、11:30出発で昼食付き、19:00終了の1日コースです。

大人(18歳以上) 9,600円 、中高生(12~17歳) 9,160円 、4歳~小学生 5,070円

でした。

1日全部お任せで観光することを考えれば、安いと思います。

東京スカイツリー®と、東京タワーだけしかない?他に観光する場所はあるの?

コースのイメージですが、東京スカイツリー®と東京タワーだけでなく、浅草、東京ドームホテル(豪華バイキング)にも行きます。

移動中は、東京の街並みを眺めながら、ガイドさんがその場所の歴史や豆知識など、面白い情報を教えてくれます。

私は個人的に、ガイドさんの東京マメ知識がすごく勉強になりました。東京の大まかな立地もバスを走らせる中でイメージできるようになります。

普段、東京に行って仕事をしたり会議に行くよりも、こういった観光目的での視点で来ると、すごく面白いですね。

では、東京二大タワー共演のレビューに行ってみましょう!

車内の状況をレビュー!

はとバス 東京観光

東京駅の丸の内南口の改札口を出て、左に沿って歩くと、はとバス乗り場があります。

当日予約もできるようですが、東京に慣れていない場合は、予約はしておいた方が良いと思います。予約をしていれば、確実に乗れます。

私の場合、地元の旅行会社に東京までの新幹線のチケットと、ホテルの予約、はとバスの予約も入れて、すべて旅行会社に支払いを済ませています。

座席指定乗車券

座席指定乗車券です。乗車の際は予約チケットと交換になります。あとは、はぐれたときの対応としてガイドさんの携帯電話番号を渡されます。

旅に慣れている方であれば、webで自分で予約しても良いと思います。

今回は4番乗り場から乗車しました。

はとバス 社内 画像

はとバスは、今回で2回目ですが全然キレイ!

大きな旅行用のトランクがあったので、バスに乗る前に預けています。

妻と子供も東京にはあまり来たことがないので、ワクワクしてきましたよ!もちろん、自分も楽しくなってきました^^

はとバス 社内 写真

発車15分前です。全然人が乗ってこないので、

「もしかしたら、そんなに乗る人がいないのかも~。」と思っていたのですが、5分前くらいになると、どんどん人が乗ってきまして、ほぼ満席になりました。

はとバス 東京 観光 車内

東京のサービス全般として言えるのは、アピールする部分は結構きっちりやっているのが分かります。

徹底した管理は、日本人らしさですね。待ち時間では冷房も暖房も停止しているようです。

私がはとバスツアーに行ったのは、GWで気温は26度でした。

暑すぎることなく、長袖シャツか半袖シャツでもちょうど良い暖かさです。なので、待ち時間も全然問題なしですね。

はとバス 社内 写真

バスの車内販売もあります。

ANAとか、新幹線と同じですね。今回は参考までに写真を撮影しました。(特に欲しい物が無かったので買ってません・・。子供がもう少し小さかったら、はとバスミニカー買っていたかも。)

ちなみに、2人で1席だったので私は家族と少し離れて席に座りましたが、知らないオジサマの隣でした。

知らない人の隣は、距離感が近すぎてちょっと窮屈な感じですね。まあ、しょうがないか。

では、出発ー!

出発は、11時30分ぴったり。

出発してからはエアコンも若干効いているので、ちょうどいい環境です。

携帯電話はマナーモードにして、通話は控えてくださいとのアナウンスがありました。交通機関はみんな同じですね。

最初に向かったのは、東京タワー

東京タワー 東京観光

実はワタクシ。この道30数年になりますが、東京タワーに行ったことがないんです。

なので楽しみ。

千代田区の丸の内(日本を代表するビジネス街)を通って、皇居を通って日比谷公園に向かいます。皇居の1週は7kmもあるとのこと。

あとは、新橋方面へ向かい、港区芝公園にある「東京タワー」へ到着です。

すげえ!デッカイわー!!と子供と大はしゃぎ。

東京タワー はとバス

はとバスは、東京タワーの1Fに止まりました。

ここで記念撮影もしています。見学が終了したら記念写真をガイドさんが販売していました。

写真は1,300円でした。ちょっと高いけど、思い出だしね。

東京タワー 正面入り口

そのまま中に入らず、外をぐるっと回って1階の正面入り口へ向かいます。

東京タワー 鯉のぼり

なんと、鯉のぼりが大量に!333匹いるそうです。復興支援の取り組みとのことです。

東京タワー 上り階段

中に入る前ですが、のぼり階段コースもあります。

今回は普通にエレベーターで行きます。

東京タワー 大きい

それにしてもデカイ!!下から見ても雄大にそびえたっています。

大きさは333mです。覚えやすいですね。

東京タワー 入口

中には水族館もあるんですね。涼しくて気持ちがいいです。

東京タワー 説明

東京タワーの説明をしてくれます。

東京タワー 展望

うおーっ!いい眺め!

写真は数枚撮りましたが、実際に行ったときの楽しみにとっておいてください。

次は昼食!東京ドームホテルへ移動します。

東京タワーは、12時50分で出発します。

そういえばお腹がすいてきた・・。子供はお腹が空きすぎて歩けなくなってしまったので、何かちょっとしたお菓子を持っていった方がいですね。

霞が関を通って、国会議事堂を通り、靖国神社を通ります。

しっかりと色々説明してくれるので、見ているだけでも面白いです。

その後、千代田区神田を通って、東京ドームホテルには13:30に到着です。

北海道フェア リラッサ

昼食会場は、3階のリラッサです。春の北海道フェアをやっているようですね。やったー!

昼食後の出発は14時45分とのこと。

東京ドームホテル リラッサ

和洋中がそろっている、豪華バイキングです。

ランチで普通に来たら、

・大人2,900円(税込3,132円)

・子供1,300円(税込1,404円)・・4歳~小学生

ですね。おお楽しみ!

リラッサ 北海道フェア

カニ食べ放題とか・・。子供が大喜びで食べていました。

リラッサ ローストビーフ

シェフが、目の前でローストビーフを作ってくれました。うーんウマイ。

もっと紹介したかったのですが、妻から「変な人と思われるのであまり撮影しないで!」と怒られたので、泣く泣くやめました。

お寿司、パエリア、デザートなどもう何でもアリです。ソフトドリンクも飲み放題です。

せっかくなので、大人はビールを頂きました。プハーッ!家族で来る東京はいいですな!

次は浅草へ!

出発の時間もあるので、昼食を14時30分には終えてバスに乗り込みました。

秋葉原、上野を通り、浅草へ行きます。

浅草 東京観光

厳かです。さすが浅草。

浅草 東京

観光客も多いですね!外国の人が多いのでお土産屋さんも、外国の人向けのものが多いです。

東京 浅草 雷門

雷門!東京観光なら、一度は浅草へ行くといい思い出になります。

浅草出発は16時15分でした。

はとバスに乗っているお客さんも、時間ピッタリで集合してくれたので予定通りですね。

最後は、東京スカイツリー®へ!

東京スカイツリー 東京観光

きたよ!ツアーの最後は、スカイツリーです。

東京スカイツリーの大きさは、634m(ムサシ)で覚えておきましょう。ガイドさんが言っていました。世界一の高さだそうです。

東京スカイツリーの料金はどうなの?

ツアーじゃなくて、個人でパッと見に行きたいという方もいると思いますので、料金も載せておきますね。

以下は、オフィシャルwebからの引用です。


東京スカイツリー 料金

東京スカイツリー 料金

はとバスツアーでは、350mまでのチケットになり、450mの展望回廊までは自費となります。

※ 個人で行くときの注意ポイントは、450mに行くためには、350mまでのチケット代と450mのチケット代を払う必要があります。

スカイツリー地上350mへ、レッツゴー!

東京スカイツリー

エレベーターが幻想的だわ・・。一気に登ります。

スカイツリー

せっかくなので一番上まで上がります。それにしても、デカイ・・。

東京スカイツリー 大パノラマ

東京タワーも大きいと思いましたが、地上450mともなると、大パノラマ感がハンパじゃないですね!空を飛んでるみたいです。

18:00でスカイツリーを出発しました。

お土産もいっぱい買いましたよ^^

これにて、東京観光のはとバスツアー二大タワー競演は終了!

まとめ!

東京観光のレビューは、いかがでしたでしょうか。

地方にも、地方版のはとバスツアーがあったら面白そうですよね。以外に地元のことって知りませんから。

今回の東京観光では、少ない時間で東京の名所を回りながら、東京の地形や歴史なども勉強になりました。

東京スカイツリー®だけを見にいくのも良いのですが、せっかくならあちこち行ける「はとバスのツアー」が楽しいし、面白いと思います。

ぜひ、連休は家族と東京観光してみるのもいいですね!

ではまた^^

スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス

記事が役に立ちましたら「シェア」をお願いします!

はとバスで東京スカイツリー観光!日帰りバスツアーをレビューするよ
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス