記事が役に立ちましたら「シェア」をお願いします!

地方の車社会。見栄で高価な車をローンで買う時代は終わります。

記事が役に立ちましたら「シェア」をお願いします!

地方 車 社会

地方では車を使って出勤します。

会社だけでなく、食料を買いに行くにも、どこかに出かけるにも何をするにも「車」が必要なのが地方・田舎の常識です。

地方には、電車やバスもありますが、ほとんど学生しか使っていませんので、世代に幅広く機能しているかと言えば、そうでもありません。

私は社会人になって、バスや電車の乗り方を初めて知りました。

以上のように、地方は移動手段はほとんどが車なので、車無くしては生活が成り立ちません。

問題なのは、収入に見合わない車を買ってしまうこと。

地方では車を持つことが当たり前なので、収入に見合わない、大きくて高価な車を買ってしまいます。

これも、田舎のあるある。当たり前でごく自然なことです。

家庭を持つ男性は、「軽自動車」で通勤すると少し恥ずかしい感じに思われます。

でも、私は軽自動車に乗っています。反あるある活動です。

だって、高価な車の必要性を感じないからです。

高額な車をローンで買うと生活はどうなる?

どう考えても収入に見合わない車は、どう買うかと言えばローンです。

100万円くらいならまだしも、200万円~300万円もする車を、ローンでポーンと買ってしまいます。

高価な車の代償は、毎月の支払で訪れます。

ローンは、生活費を圧迫します。毎月のローン支払い、2年に1回の車検(10万円以上)、毎月の任意保険、年1回の自動車税も支払わなければなりません。

そして、車は走れば走るほどガソリンがかかり、車のためにヒーヒー働くことになります。

車が好きで好きで唯一の趣味ならまだしも、人と比べての優越感やミエは、ますます生活を苦しめるだけです。

一体、何が幸せなのか考えてしまいます。

車の価値観は、時代が進むにつれて変化してきた。

車の価値観は、時代を追うごとに変化しています。

以前は車が大きい方が女性にモテたり、若い人があえて高級車を中古で買って乗り回したり、外装・内装をカスタマイズしたり、車=ステータスの時代もありました。

今はどうでしょう。

それほど、車に重きを持たなくなりました。

実は私は若いころから、車にあまり興味が無かったのですが、通勤のためにしょうがなく購入し、乗っていました。

車が好きで好きでしょうがなく、自分の生きがいとして趣味にしている人や、収入があって高価な車を乗り回すことが好きな人は別です。

それは他人との比較では無く、自分のために買っているからです。

労働者層の働き方が変わる中、高価な車は持つ必要があるのか考える必要アリ?

日本社会がついに終身雇用を終えようとしている中、賃金格差問題や経済成長の鈍化がますます表面化してきました。

一般労働者である私達も、肌感覚で「一生安定」という言葉が夢物語に近づいています。

所得格差は、徐々にですが広がりを見せてきているので、収入を圧迫するまでの高価な車は買えなくなります。

車の経費を支払うために生活を圧迫させるのは、無謀です。

今後は、無意識のうちに周囲の目を気にして、高価な車を買う必要性を考えなくてはなりません。

時代が進むにつれ、私達にとっては当たり前のことが、当たり前でなくなり、古い価値観が新しい価値観にシフトしてきます。

通勤だけなら、軽自動車で十分か?

会社に、電車、自転車、徒歩で通勤できことなら望ましいことです。無駄な金を食う資産を持つ必要はないと思います。

ただ、田舎になればなるほど働く場所がないので、都市部に通勤しなければなりません。

大人1人に1台なければ、仕事にもいけないのです。

どうしても車に乗らなければならないなら、軽自動車で十分です。何も通勤のためだけに、大きくて高価な車を買う必要はありません。

(ただ、家族が多いとどうしても1台大きい車が必要です・・。)

地方が弱体化していけばいくほど、生活が不便になり、車は一家に1台も2台も必要になり、生活が圧迫されていきます。

「車のために働く」のは、どうなんでしょう。

ミエではなく、自身の生活に見合った車を買おう!

車は、自分自身の生活レベルに見合った車で良いと思います。見栄はいりません。

そもそも見栄が成立しなくなる世の中になります。

「車の価値観」というものを、購入する前にもう一度見直すことが良いと思います。

ではまた^^

スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス

記事が役に立ちましたら「シェア」をお願いします!

地方の車社会。見栄で高価な車をローンで買う時代は終わります。
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス