月間8.8万PVの今、「自分メディアはこう作る!」を見て思うこと

ブログ ちきりん

有名で説明の必要がないほどの200万PVブロガー、ちきりんさんの著書「自分メディア」はこう作る!の書評です。

本の初版は2014年なので、かれこれ2年前になります。

購入したのは、去年の2015年。

この書籍は自分にとって重版なので、本が自宅の書棚にあふれてしまったときでも、他の本を捨てたりブックオフに売っても、この本は絶対捨てません。

という、大事な本です。

今、このブログ記事を書いている段階で月間8.8万PVありますが、以前も書評を書いています。

ただ、このブログの成長に従って、私のブログ運営能力も向上している(ハズ)です。

なので、今この段階でこの本を読むと、何を考え、何が学べるんだろうと思い、読みふけることにしました。

以前の記事は、以下2本です。うーん、今よりも全然記事の書きぶりが浅いです。

昔、自分が書いたことを振り返るのもいいですね。ちなみに、当時のPVは4ヶ月で13,000PV、約240記事書いています。

今回、気づいた点を含めて、いろいろと書いていきたいと思います。

月間8.8万PVに到達した今、(自分メディアはこう作る)を見て何が学べる?

30分で出来る、メッセージの作り方。

以前は、見落としがちな具体的なブログの書き方です。

早速引用から行きましょう。

ひとつのエントリを書く時間は、文章だけなら30分。

パワーポイントで図表を作ったり、掲載写真の修正をしたりする場合は、それぞれの作業に30分くらいかかることもあり、合計すれば1時間以上かけて書いています。

これ、最近の私も意識していたのですが、自分の中から生み出される文章は30分。

それ以外で資料を集めたり、分析したり、情報を並べ替えたりなどの作業がある場合は1時間以上かかります。

頭の中に、こびりついていたんでしょうか。

または、ブログを運営している中で、時間当たりの生産性を考えて発見したことかもしれません。

ブログを書くときは、1記事を30分~1時間くらい目安に書くのが、私の経験からも良いと言えます。

ブログ書きたいという意欲は、メッセージを発信したいから。

これも「なるほど!」と思いました。今でも勉強になりますね。

本を読んでいる最中に、「これはぜひ、みんなに伝えたい!」と思えるメッセージが頭に浮かぶと、その本の紹介エントリを書くことになるし、1冊の本の中で「これを言いたい!」「この点を伝えたい!!」と複数のメッセージが浮かべば、(メッセージごとに)別のエントリを書き、何日かに分けて1冊の本を紹介します。

つまり、ブログの起点は、「これについて書く」とか「この本を紹介する」ではなく、「このことを伝えたい!」というメッセージの発生なのです。

以上は、自分が本や著者の考えに触れることによって、何を思い、何を言いたいか?なんだと思います。

私も久しぶりにこの本を読み、まだ46ページしか読んでいないのに、すぐにブログを書きたくなってウズウズしています。

「本を紹介するのではなく、自分が何のメッセージを発信したいか?」を主軸に書くと良いのは、私も同じです。

うーん。納得です。

メッセージを起点とした、ブログの書き方

先ほどのメッセージを起点とした、ブログを書く方法も書いています。

1.伝えたいメッセージが決まる
2.そのメッセージを伝えるための論理構成を決める
3.文章に必要な論理構成を決める
4.文章を書く

これもすごく大事です。

私もブログ運営当初は、この基本に忠実に書いていたことを思い出します。

現在、8.8万PVで670記事作成した今は、書きたいタイトルを思いついたら、すぐに少し大きめのふせんにタイトルを書き、その下に見出しを項目として書いておきます。

ほぼ殴り書きですので、後で読めないときもあります。

そのふせんをペタペタ貼っておき、「さーて、何かこうかな?」と思った時に、ふせんメモを見て、一番書きたい気分の記事を書いていきます。

あとは、政府や民間調査会社の統計資料を引用しつつ、(しないときもあります)文章をまとめていきます。

これも、ちきりんさんと同じように、メッセージを主軸に文章の論理構成を考えて書くというスタイルです。

ここまで出来るようになったのは、やっぱり数をこなしたから。

昨年書いた記事を見ても分かるように、ブログの書き方も論理構成も下手クソでした。

何を言いたいのか、さっぱりわからない記事も多くあります。

読んでいて、疲れる記事もあります。

ただ1つ言っておきたいのは、書籍を読んで理解できる、共感できるというのは、自分がそのレベルまで到達しているからです。

以上の引用の部分は、去年まではサッパリ理解していません。当時は見えていないことも、今は見える。

これ大事。

じゃあ、このレベルまでどうやって到達するかというと、やっぱり数をこなすことです。

1年間で650記事を書くためには、1日2記事書いて、たまに3記事を書けば大体は到達します。ちょっとキツイかもしれないですが、本気でやろうと思えば可能なレベルです。

1日1記事でも、1年間で365記事書けます。それでも技能は少しずつ向上します。

書けば書くほど、ブログの論理構成も、言いたいことをまとめるのも、頭の中で勝手にできるようになるんです。

これも数をこなした成果であり、スキルです。

頭の回転の早い方や、要領の良い方はもっと早く到達すると思います。あとは、モチベーションをいかに原動力にするかです。

ブログを運営している方の、参考になればと思います。

中古なら100円ちょっとでも買えるようなので、これからブロガーを目指したい人は、読んでおくと良いと思います。

今でも役立つ情報があります。

ではまた^^

スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス
月間8.8万PVの今、「自分メディアはこう作る!」を見て思うこと
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス

コメント

  1. yoshihiko より:

    こんにちは。
    継続は力なり!
    これを実践した結果ですね。
    やはりこれしか結果は出ませんよね!
    継続の中で発見を見つけていくことしか、自分に気づきを与える機会はありません!

    • けぴお サラト より:

      yoshihikoさん、こんばんわ^^

      何かを続けることで何度か上手くいくことを経験していると、無意識に「よし!ブログでも!」となるんだと思います。

      そうなると、継続の中の発見が楽しくなりますよね^^