記事が役に立ちましたら「シェア」をお願いします!

会社の自分と、本当の自分を重ね合わせ過ぎない働きかた

本当の自分 会社の自分

月曜日になりました。サラリーマンが一番憂鬱になる日です。

私も今はサラリーマンなので、会社には毎日行っていますが、それほど熱心に働いていません。

もちろん、自分のやるべき仕事はしっかりやりますが、社内で競争をすることや、ガムシャラにがんばること、メチャクチャ努力することはしなくなりました。

無理しないで、コツコツやる。それで結果が出ればOKとしよう。

会社の自分と、本当の自分。同じようにしなくてもいい?

会社では個性を隠して生きた方が、やりやすい。

私はブログでは個性を出しますが、サラリーマンの自分は無個性に振る舞っています。

サラリーマンでも競走を意識して仕事をすると、疲れるんです。

20代の頃は、必死に仕事するとそれなりの結果ですが、30代になると必死じゃなくても、それなりの仕事で結果が出るようになります。

もちろん、このような働きかたは、技術をのばそうとしていないので、スキルが衰退していくのは目に見えています。

ただ、個性を発揮して働くことを考えると、ブログでは個性を出すことが出来るので、サラリーマンでは個性を出さなくても良くなりました。

私はサラリーマンで個性を出さないようにすると、不思議と邪魔をされなくなるので、仕事が普通に進みます。

以前は社内の競争の中にいたので、邪魔をされたり意地悪をされることが多く、精神的に疲れていました。

個性的な生き方をすると、「出る杭」になってしまうので、非常に面倒。

それだったら、自己責任え進められるブログの方がまだいいですね。

サラリーマンは雇用されている。それがすべての答え。

サラリーマンは、雇用されて給料をもらっています。

それがすべての答え。

・上司から指示を受け、文句も言わずに仕事をし、長時間労働もこなし、従順である。上司から可愛がられて出世する。

・自分で判断せずになんでも上司に相談し、同僚や部下からも信頼が厚い。

これが、サラリーマンとしての人生の謳歌の仕方。

でも、ひたすら我慢し、周囲に合わせ、常識的に振る舞うことがこれほど苦痛だとは思いませんでした。

サラリーマンは、自分で判断しちゃいけないようになっていますし、周りと協調しながら仕事を進めなければなりません。

会話の内容も、家族のグチ、仕事のグチ、体の衰え、美味かった食べ物など、あまり楽しくない会話ばかり。

何を楽しみに生きているのか、まったく理解できない。

でも、これがサラリーマンの生き方なんです。この環境に自分をすり合わせできなかったら、続きません。

プライベートで個性的に生きよう。

人は個性的です。十人十色という言葉あるとおり、性格は様々です。

それが会社で認められなかったら、プライベートで個性的に生きましょう。

個性的な状態と日々のガマンしている状態がうまく吊り合えば、普段の生活が維持できます。

私はブログという表現の場所があるので、個性を発揮できますし、自分の考えを率直に言うことができます。

やりたいことはすぐにやれるし、その経験や体験を通してまたブログを書くことができます。

逆に考えると、会社で個性を発揮できるようになるとブログの位置づけはどうなるんだろう?と不安に思うときもあります。

それでも、「趣味」として生き続けると思います。

人は自分をガマンさせ続けることはできませんし、全員がブログを書けるワケでもありません。

「個性を出しても良い」という場所を探すというのも、良いと思います。

ではまた^^

スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス

記事が役に立ちましたら「シェア」をお願いします!



お仕事依頼はこちらから

会社の自分と、本当の自分を重ね合わせ過ぎない働きかた
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス