エースの皮・ナイロンビジネスバッグをDIY修理・補修してみたよ

エース ビジネスバッグ

もうかれこれ10年以上使っているビジネスバッグがあります。

これは、バッグメーカーのace(エース)製のもので、記憶では1万5千円くらいだったものです。

かなり使い倒してきたので、ナイロン生地が白くこすれたり、持ち手の皮の部分が破れたりしていて、しばらくお蔵入りになっていました。

愛用してきたこともあって、このまま捨てるのもなんだかなあ。

と思い、今回は自分で修理や補修をして、また使えるようにしていきたいと思います!

ビジネスバッグの状態はこんな感じ。

ビジネスバッグ スレ

全体としてスレている部分と汚れがあり、一番ひどいのはフロント(前胴)部ですね。

白い汚れがなかなかとれなくて、困っていました。

ビジネスバッグ 破れ

ハンドル部分の皮も、もう破れてしまっています。

ここまでくると、使う気もなくなってきますよね。ただ、なんとなくですが、この皮を外して新しいものをつけることもできるんじゃないかと。

素人同然ですが、なんだか根拠も無く出来るかも・・とずっと考えていました。

購入したもの

レザー用 縫い糸

修理用に購入したものは、皮のハギレ(A3より大きいです。)、レザー用の縫い糸、レザー用縫い針です。

ネットで購入してもOKですが、慣れるまでは専門店で直接見ながら買った方が良いと思います。

皮は厚いものではないです。針は太いものですが、細いものと太いもの2種類あった方が良いです。

全部で1,800円でした。

東京なら東急ハンズで皮がいっぱい売っていますし、地方ならイオン(裁縫屋さんの専門ショップ)などにも、皮のハギレが売っています。

今回はどうやってDIY修理する?

フロント部(前胴)のナイロンとハンドル(持ち手の皮)を全て取り外し、全て購入した「皮」に張り替えます。

同じようなナイロンがなかなか売っていないので、思い切ってレザー使用でいきたいと思います。

分解していきましょう。

ビジネスバッグ 修理

早速分解していきます。

最初は縫い糸をカッターで切り、その後はハサミの先端部分で切っていくと良いですね。

部分によっては、全部カッターでガシガシ分解していきます。

ビジネスバッグ 分解

エースのビジネスバッグは、かなり頑丈に作られているようです。

やっぱりカバンのメーカーですね。長く使える仕様になっています。

生地が何枚も重ね合わさっていて、見えない部分までキレイに縫ってあるのですごいです。

大丈夫かな・・。
ビジネスバッグ 修理

フロント部分を外した写真です。分解はあっさりできました。

さあ、こっから長くなるぞー。

フロント部を修理していきます。

ビジネスバッグ修理

外したフロント部と同じ大きさの「皮」を準備します。皮は裏返しにします。

ビジネスバッグ 修理

赤鉛筆で同じ大きさを計っておきます。

ビジネスバッグ 修理

サクサクと切っていきます。

できれば、皮用のハサミを使いたかったのですが、普通のハサミでも十分かも。

エース 修理

こんな感じで、上が皮、下が取り外したナイロン生地です。ところどころ白い・・。


ビジネスバッグ 修理

裏地を合わせてガシガシ縫っていきます。

後でまたキレイに縫うところで、見えない部分なので荒くやっていきます。

ビジネスバッグ 修理

・・・かなり省略しますが、これで完成!!

コツとしては、各パーツを元に戻すように忠実に再現するところですあと見えるところは、縫い後があるので、そこに沿って1つ1つ丁寧に縫っていきます。

エースバッグ 修理

表面の部分をちょっと拡大。

すべて手縫いですが、縫い後に沿って、できるだけ真っすぐに等間隔で縫っていきます。

これが難しい・・。でも、見える部分なので丁寧に一針一針縫っていきます。根気ですね。

フロント部は皮張りのビジネスバッグに大変身しました。

ヒャッホー!

ハンドル部の皮の張り替えに行きます。

エース バッグ ハンドル 修理

次はハンドル部分(持ち手)です。

皮がボロボロになっていますね。さすが10年選手。

縫い糸をカッターで切って、外していきます。

ハンドル部 修理

パカっと空けてみます。構造が分かるので今後の参考になります。

ハンドル 革張り替え

ハンドル部の皮を広げました。しかし、ボロボロだなあ・・。

バッグ ハンドル

先程と同じように、同じ形の皮を切って準備します。

あくまでも、同じように再現していくのがコツ。

エースバッグ ハンドル 補修

元の皮と同じように、皮を折り込んでハンドルに入れ込み、縫っていきます。

かなり厚くなるので、事務用のクリップを使います。このクリップは何でも応用できるので、オススメです。

エースバッグ ハンドル修理

ハンドル部分は、表も裏も目に触れる部分なので、どちらも等間隔で縫っていきます。

皮が厚いので、針がなかなか通らず、一針縫うのにかなりの時間がかかります。

上の写真は片側が完成したときに撮影。新しく生まれ変わる感が・・!ワクワクしますね。

エースバッグハンドル修理

もう片側も同じように縫って、なんとか完成!

完成!そして反省点。

p_20161010_211009

これにて、エースのビジネスバッグの補修はほぼ完成です。

あとは、金属部分の塗装が剥げていたので、車用のペイント(タッチアップペン)を使って塗ればOKかな。

フロント部分の上の方も皮にしたらオシャレだと思いますが、時間がかかるので今回はパス!

作業時間は、2日間にまたがって約6時間くらいです。連休じゃないとできないですね。

費用は1,800円。自分でやればこれだけでできます。あと必要なのは根気だけ。

自分でやると愛着が増します。ウットリ・・。大事に使おう・・。

最近思うのは、節約のようにお金だけじゃない気がしてきました。

自分で修理することで、

復活させるとか、

再生させる

命を吹き返す

という視点が何とも面白いですし、ワクワクします。

エースビジネスバッグは収納が沢山あるし、マチも広がるのでとても便利ですね。

またヘヴィに使い倒そうと思います。

今日はここまで!

ではまた^^

スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス
エースの皮・ナイロンビジネスバッグをDIY修理・補修してみたよ
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス