ラディッシュ収穫!冬に向けた保存食「ピクルス」作りをやってみたよ

記事が役に立ちましたら「シェア」をお願いします!

保存食 ラディッシュ ピクルス

いつの間にやら秋になり、冬も近づいています。

畳一枚分の小さな農園「の園」では、ラディッシュの収穫時期に近づいてきました。

今日は、大きいラディッシュを収穫して、保存性の高いピクルス作りに挑戦したいと思います。

いつか、大きい畑で栽培できるようになった時のために、今から少しずつ色々勉強していきたいですね。

ラディッシュ栽培36日目。収穫量は1/3程度。

ラディッシュ栽培 36日目

ラディッシュ(二十日大根)は、春夏で20日~30日で収穫でき、秋冬は30日~40日かかります。

今回は、種をまいてからちょうど36日目で一回目の収穫です。

このプランター(27ℓ)のラディッシュは一番生育が良いですね。葉の色つやも良いです。

あとは、もう少し小さいプランター1個と0.5畳くらいの畑にラディッシュを植えています。

ラディッシュ 収穫

葉がわさわさと生えています。

葉を手でよりわけながら、実の大きさを見てみます。

写真中央の土から出ている赤い実の部分が、2センチになったら収穫時期です。

ラディッシュ 収穫

このラディッシュは、丸く育つタイプの野菜です。

でも、それほど丸じゃないですね。やっぱり野菜栽培は難しいなあ。奥が深い。

ラディッシュ 収穫

今回は、それほど多くは収穫できませんでした。全体の1/3といった所ですね。

ザルは、ラディッシュの収穫記念で100円ショップで購入しました。

ラディッシュ 水洗い前

葉と根を包丁で切り、ザルにあけました。

ラディッシュ 水洗い

水洗いするとこんなにキレイ!赤い色が深みを増してツヤツヤしていますね。

ラディッシュ 161g 

全部で161g。ちょっと少ないなあ・・。

畑が大きくなるまで、今はガマンガマン!

ラディッシュ 葉

切った葉のボリューム感があります。このまま捨てるのはもったいないですね。

ただ、ラディッシュの葉の茎にはトゲのようなものがあるので、一度火を通してシンナリさせたほうが良いです。味噌汁の具もいいですよ。

今回は、水洗いしてビニール袋に入れて冷蔵庫(野菜室)にしまっておきます。

あとは気分で、ミニウサギのご飯(おやつ代わり)にしようかな。

ムシャムシャとおいしそうに食べていました。くーかわいいヤツめ。

ピクルス作りの前に、ラディッシュの量の3%の塩をかけます。

今回のレシピは以下を参考にさせて頂きました。

塩 3%

ピクルス作りの前に、ラディッシュの量の3%分の塩を準備します。

ラディッシュ161gなので、塩は4gです。

塩かける

パラパラと。その後に手で混ぜます。そうそう、ラディッシュは半分に切っておきましょう。

ラップ

ラップをかけて、冷蔵庫の野菜室にしまっておきます。半日か一晩おきます。

今回は夕方になっちゃったので、明日の朝に作業開始しようと思います。

水をきって、酢と砂糖を一煮立ち。

一晩おく

一晩おくと、かなり水が出ています。水は捨てます。

ビンに入れる

酢を100cc、砂糖を50cc混ぜ、鍋で一煮立させませす。

冷めたら、ビンに入れたピクルスに注ぎます。

ちなみに、ビンは100円ショップで購入したものです。

ビンづめ

じゃじゃん!ということで完成しました。

冷蔵庫に入れておけば、2ヶ月~3ヶ月はパリパリ新鮮な状態で食べられるようです。

もっとうまくやれば、1年持つとのことです。

厳しい冬の保存食にいいですね。

畑がもう少し大きくなったら、いっぱい栽培して試してみようと思います。

ではまた^^

The following two tabs change content below.
けぴお

けぴお

ブロガーイキルメディア・ラボ
東北ブロガー。家族とミニウサギと楽しく暮らしてます。ジャーナルな執筆活動と自給自足で牧歌的な生き方を目指す「物書き屋さん」です。 >>詳しいプロフィールはこちらです
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス

記事が役に立ちましたら「シェア」をお願いします!

フォローする

ラディッシュ収穫!冬に向けた保存食「ピクルス」作りをやってみたよ
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス