伝わったら嬉しいけど、伝わらなくても書く喜びを原動力にしよう

記事が役に立ちましたら「シェア」をお願いします!

書く 原動力

ブログの原動力は読者の反応です。

私は、イキルメディアのほかに地域メディアも運営しています。ちなみに地域ブログの方が読者反応があります。

その反対に、イキルメディアはテーマが広いので一貫していませんし、難しいテーマも扱っています。

なので読者反応は、以前よりも少なくなりました。

でも、イキルメディアの方が記事を書いています。

その理由を考えていきましょう。

すぐに反応が無くても、徐々に伝わればいい。

ブログを書いてすぐにSNSで反応があれば、すごくうれしいですよね。

リツイートされたり、いいねされたりすれば、モチベーションになります。

反応があるということは、次にどのような記事を書けば良いのかも分かってきます。

イキルメディアも、働くこと、ブログを書くこと、収益的な話にはすぐに反応があります。

でも、ハラスメントの問題や政府の動きなどの話題は、すぐには反応がありません。

深く思考して書いた記事は、検索サイトを通じてジワジワ反応が高くなってきます。

どちらにしても「反応がある」ことになりますよね。

なので、結果的には徐々に伝われば良いと思っています。

「書く原動力」は、自分の中に作る。

ブログの原動力は、自分の中に作りましょう。

読者の反応をモチベーションにするのも良いのですが、反応がなくなると書かなくなります。

書き続けられる人は、どちらもうまくモチベーションにできます。

基本的には、書くモチベーションは自分中心で良いと思います。

ブログを書く原動力は、自分の中に柱を立てるようなイメージです。

このイメージを持つと、誰が何を言ってこようとも感情がユラユラ動きません。

「今日も1記事更新できた!やった!」は、アイキャッチ画像のクオリティで決まってる。

これは私の感覚です。

私はブログを記事を書き、書いた記事のテーマに沿ったアイキャッチ画像(トップ画像)を選定します。

その画像には、ブログ記事の内容を端的に表したキャッチコピーを表現します。

その画像とコピーが上手くバランス取れていると、これだ!!ってなります。

ここで改めて、ブログ記事が完結し書く充実感と喜びを得られます。

反対に、これはちょっとなあ。と思う画像でもそのままGOにしておきます。

次の反省に活かせば良いですね。

伝わらなくても書く喜びは、1年半で何となくイメージ化できてくる。

伝わらなくても書く喜びに気付いたのは、ブログを書き続けて1年半経過してからです。

それまでは、読者の反応に一喜一憂してモチベーションに替えていました。

でもすぐ反応がなくても、最終的には何らかの反応が得られることが分かったので、それほど気にすることもないってことです。

相手の反応を気にせずに、自分の書く喜びを原動力にしたほうがずっと書き続けられます。

私は記事と画像のバランス感覚だったり、言いたいことがコンパクトにまとめられていることに「よし!」としています。

そんな感じで、自分なりの「書く喜び」を身に付けていくと良いでしょう。

ではまた^^

The following two tabs change content below.
けぴお

けぴお

ブロガーイキルメディア・ラボ
東北ブロガー。家族とミニウサギと楽しく暮らしてます。ジャーナルな執筆活動と自給自足で牧歌的な生き方を目指す「物書き屋さん」です。 >>詳しいプロフィールはこちらです
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス

記事が役に立ちましたら「シェア」をお願いします!

フォローする

伝わったら嬉しいけど、伝わらなくても書く喜びを原動力にしよう
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス