サラリーマン副業ブロガーは、図書館でネタを仕入れるべし!その理由9つ

library-488691_640

金のないサラリーマンは、図書館がいい!理由

図書館はブログネタの宝庫

サラリーマンで副業のブロガーは、図書館がおすすめですよ。

というのも、図書館でネタを仕入ることができるからです。ブログを書いていると、どんどんネタを仕入なければなりません。

もともと、アンテナが高い人であれば、身近な出来事や目に入ったモノをネタにすることができます。

でも、これがなかなか難しいんです。

その点図書館は誰でも利用できる知的な公共施設なので、知的好奇心を満たすブログとも相性ピッタリかと思います。

仕入原価0円で、コストのかからない記事が書ける

図書館は、みなさん知っているとおりタダで本を借りれます。

ビジネスで言えば、仕入原価0です。これで記事を書けば、すぐには結果は出ませんが、上手くけば大き売上の上がる記事コンテンツが出来ます。

私はあまり図書館を利用しないで、ブックオフなどの中古本を購入して、読んだら本棚へ入れるということをしてきました。

でも、本棚へ入れ続けることで、また本棚を買わなければならなくなります。

で、結局見返す本は、ごく一部。

だから本は図書館でも、十分知的欲求を満たせると思います。

面白い記事をかけて、仕入原価が0円なんてすごく楽しいし、嬉しい。

図書館は最高のネタの宝庫です。

大手新聞が全紙読める

大手新聞社の新聞は、まとめ読みすることができます。

私は地方新聞を購読していますが、図書館でもまとめ読みできるので、ブログ生活ができるようになったら、自宅での購読はやめようと思っています。

サラリーマンをしていると、地域の情報が素早く入手できるので、かかせません。

図書館で手に入る異世界の話

図書館の面白いところは、ブログネタの仕入だけではなく、まったく異世界のことも知ることができます。

私はブログを書くまでは、どうしても自分の得意な分野だけに絞ってしまうことがありました。

それは、本を買うにもコストで考えていたからです。

でも、ブログは自分の知的好奇心を満たすツールなので、興味の対象が広ければ広いほど良いので、コストゼロで本から情報を入手できるのは魅力です。

異世界の話になると、かかるコストに対して消極的にならざるをえません。

だから、図書館がいいんですね。

まったく興味のない本も買わずに読める幸せ

まったく興味のない本を買わずに読めるというのは、金のないサラリーマンにとっては、魅力以外の何ものでもありません。

私はサラリーマン給料全額を妻に渡し、2万円のお小遣いをもらっていますが、2万円なんてすぐにふっとびます。

そんな状況で、興味のない本にまでお小遣いをかけるなんて、全く考えられないですよね。

興味の無い本も、買わずに読めるというのは幸せです。

こぼれ話ですが、ブログ収入が伸びて安定してきたら、お小遣いはもらわないことにしようと考えています。

地域の文化芸術分野が面白い

図書館の面白いところは、地域の伝統文化や食文化、歴史などの郷土資料があることです。

これは、図書館にしかない独自の強みだと思います。

地域について詳しく調べたいと思っても、普通の本屋さんで探すのは大変です。

図書館の一番良いところです。

ビジネス社会から切り離された空間

図書館は、厳しいビジネス社会から切り離された空間です。

静かで集中できますし、夏は涼しく、冬は暖かいです。

落ち着いて、図書を読みふけるには、最高の空間です。

図書館にいる人達は、私とは別世界のインテリジェントな人達

woman-506322_640

私はクリエイター思考で知的好奇心を満たしたい人ですが、インテリジェントではありません。

でも、図書館にいる人たちの多くは、知的好奇心を満たしたいという欲求にあふれるインテリジェントな人たちが多いように思います。

勉強をしている学生さんも同じです。

こういう人達もいるんだな~という発見ができるのも、図書館のおもしろさです。

本当に手元に置いておきたい図書だけ買う。あとは、図書館で借りれば、本棚はいらない

私は自己満足で本を読んでいた時がありました。

いらない本も、面白くない本もとにかく本を読んで収集し、本棚に納めておいてインテリジェントを気取っていた時期があります。

今は、そんなことをする必要性を微塵も感じません。

好きな著者の新しい新刊を、どうしても今すぐに読みたい場合や、手元においておきたいマニュアル系の図書、何度も読み返す本以外は買いません。

それ以外は、図書館で借りればいいだけです。

これで、不要な本で埋め尽くされた本棚が必要なくなります。

場所をとらないという考え方に沿えば、電子書籍でもいいです。

家庭にも優しい考え方ですね。

図書館の残念なところ

良いとこづくめの図書館も残念なところがあります。

当たり前のようですが、本は返さなければならない

面倒くさがりだったり、図書館に行くこと自体が習慣になっていない人は、本を返すのがおっくうになります。

本を返すのが、面倒に思う人は図書館はちょっと敬遠しちゃいますよね。

パソコン、携帯電話は使用禁止。大学ノートと文房具は必須かと

私の近くにある図書館では、パソコン、携帯電話は使用禁止です。

ポメラでブログの下書きをしようと考えても、できません。

長く通うことを考えれば、マナーは守らねばなりません。

本の内容を書き留めるには、大学ノートと文房具をもって行きましょう。

文化芸術の図書は貸出禁止

これは、少し残念なとこ。

文化・伝統・芸術分野の図書の多くは、貸し出し禁止になっています。

借りれないので、ノートとペンはかかせませんね。

それでも、副業ブロガーは図書館をススメたい。最後の理由

最後になりますが、地域の文化・伝統・芸術分野は、web記事も希少です。

地方は、ITリテラシーが高い人はほとんどいませんので、ブロガーを目指す方は、希少という意味では図書館で情報を仕入れるのが、良いと思いますよ。

スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス
サラリーマン副業ブロガーは、図書館でネタを仕入れるべし!その理由9つ
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス