クリエイティブで得た収益はクリエイター同士で循環させる意味

収益 クリエイター 循環

ブログはクリエイティブな活動の1つです。

今まで1年5ヶ月の間に様々な記事を書いてきましたが、なんだかんだでトータルで見ると、クリエイティブな創作活動です。

細かい部分を言えば、

・愚痴をいかに知恵に変えるか、

・社会へのフラストレーションを、思考の変化のタネにできるか、

・そして、いかにブログを生産し知識を知恵に変化できるか、

・ブログを見た人が何か変革を起こせるか、

そんなイメージでブログを書いてきました。

そして、今の通過点としては「イキルメディア」なのかなと。

・「イキル」→生きる

・「メディア」→雑多ブログという名の、多テーマブログ

こんな感じですね。

そんなクリエイティブな活動ですが、得た収益の使い方を考えていきます。

収益は、クリエイター同士で循環させよう。

ブログで様々な記事を書いていると、自然発生的に収益が生まれてきます。

その収益の全額とは言わないですが、一部、クリエイター同士で循環させるのがいいのかなと思うんですね。

ここで、自分が出来ないことを羅列すると、

・記事は書いたり、イラストを組み合わせたりはできるけど、イラストをゼロから生み出すことはできない。

・ワードプレスの基本的な運用はできるけど、CSSとか難しい言語はよく分からない。

つまりは、記事を書いて世界観を表現はできるけど、他のことは苦手なのです。

反対に、ココナラで探すと色々な特技を持ったクリエイターさんがいます。

法律相談とか、イラストレーター1つとっても様々な方が多いこと!

つまり、これだけの人が得意な分野で活動していることが分かります。

個人事業としてやっている方もいれば、副業の位置づけの方もいる。

共通点はクリエイターですよね。

なので、自分でできないことはクリエイターさんにお願いすることで、収益を循環させることができます。

収益を循環させるということは、「クリエイター」が1つの仕事になる。

収益を循環させるということは、外部から獲得した収益源をクリエイター同士で

シェアすると言い換えることができます。

クリエイターのつながりやチカラが強くなればなるほど、収益源が多くなり「クリエイター」として芸術活動をしながら生活ができることになります。

自分もブロガーとして、ここを目指したいと思っています。

クリエイター同士で収益を循環させることは、これからも意識してやっていきたいです。

理由は簡単。

けぴお
面白いから!

ですね。

個性をとがらせた方が、生き残れるの?

個性的に生きるということは、どういうこと?を考えてみましょう。

今の社会経済や政治の動きを見ても、サラリーマンとしてやっていくだけでは、生き残れない可能性が高いと見ています。

ただし、社会の動きに敏感な若いビジネスマンなら、少し先のことまで考えて行動すると思います。

例えば、

・英語を勉強し、海外経験を積んでおき、

・英語で交渉できるの語学力と、

・様々なビジネス経験を積んでおく

なんてことが、最低限必要になってくるでしょうね。

日本企業で事務だけだと、AI(人工知能)が後ろから迫ってきて職が無くなる可能性が高いと言われています。

ブロガーでも英語が堪能な方は、米国のメディアや個人ブログメディアを読み込んで、海外の事情を知った上で、日本人向けにブログで表現するのもアリ。

ブログしかり、個性があった方が何かとメリットがありそうです。

サラリーマンの働き方も将来どんどん変わっていくので、先を読んで個性を活かし「クリエティブな生き方」を実践していきましょう!

スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス
クリエイティブで得た収益はクリエイター同士で循環させる意味
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス