記事が役に立ちましたら「シェア」をお願いします!

売れる文章とは「文字化されてないこと」「信頼があること」

記事が役に立ちましたら「シェア」をお願いします!

売れる文章

売れる文章って何でしょう?

文章で売上が立つということは、「信頼を削って生み出しているから」と聞いたことがあります。

「売れる文章」はどうしたら手に入るのか考えていきましょう。

売れる文章は、世の中に出回っていない新しい情報だ!

「売れる文章」は世の中に出回っていない新しい文章です。

私は仕事の関係で、メディア対応をしたことがあります。

その際、驚かされたのは1社が「こんな記事があります!」と紙面に出すと、各社が一斉に報道を始めます。

「えっ!?この情報は何だ!出し抜かれた!」

と、新聞やテレビなどメディアがこぞって取材を始めます。

それもこれも、

・世の中に出回っていない情報

・文字化されていない情報

これに価値があるからです。だからこそ、知らない情報を文章化するのです。

海外ジャーナリストが危険な地域に渡航するのも「日本にない情報を手に入れるため。」

ISによる痛ましい事件がありましたよね。

それもこれも、「日本にない情報」を手に入れるためです。

現地で見て、自分の目で見て、自分の言葉で語る。

ここに価値があります。

存在の無い文章には価値がある。

そういうこと。

なぜならみんなが見たいし、知識を得たいし、情報を得たいからです。

逆に言えば、需要が無かったら危険な地域に出向くことは無いのかもしれないですね。

ブログにとっての売れる文章って何だろう?

ブログを書いている「ブロガー」さんも同じことが言えます。

ネットには情報が溢れていますよね。ネットにある文章はすでに言語化された「価値を生んだ後」のものです。

誰でもアクセス出来るし、調べられる。

ブログを読んだ人は、知識を得た後に何かを生み出すことができます。

だからこそ、価値があるといえます。

ブログは生み出した後に、価値を得ます。

一方で、一度生み出されたら古い情報になります。

信頼があれば、文章も売れる。

「営業は商品を売るな!自分を売れ!」という言葉があります。

ブログも同じように、信頼を得ることで売れる文章になります。

ブログの信頼が積み重なると、読者のお気に入り(ブックマーク)による直接訪問に現れてきます。

ブログのファンが増えてくるってことです。

人が集まれば、おのずとモノは売れます。

つまり、信頼があるブログは文章が売れる。と言えます。

プラットフォームの集客力も左右します。ただ、ファンがいれば、note、電子書籍など何でも売れる文章になります。

あなたは、どう考えましたか?

以上、『売れる文章とは「文字化されてないこと」「信頼があること」』をお伝えしました。

ではまた^^

スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス

記事が役に立ちましたら「シェア」をお願いします!

売れる文章とは「文字化されてないこと」「信頼があること」
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス