別にブログを書き続けるのはしんどくない。書けない理由は多くないよ。

ブログ 書けない理由実はブログが書けない理由は、それほど多くありません。

「なんだか最近ブログが書けないんだよなー。」と思う方は、

・習慣として身についていないこと。

・外部からの刺激が無いこと。

・そもそもブログを書く絶対的な時間が少ないこと。

原因を大きく見ると以上が挙げられます。私がブログを運営してきても、思い当たる理由はそれくらいです。

ブログ運営「1年未満」は習慣化にならない。

ブログを精神的に肉体的に染み込ませるように習慣化するには、運営1年未満では無理です。

私も1年前までは、「あっ!ブログを書かなきゃ!!」と自分を奮い立たたせて書いてきました。

とにかく意識してブログを書かないと、自分の日常にならないのです。

意識が自動的にブログに向くように、1年間書き続けます。

書く量が少なくても習慣化にはなりません。1日1記事は書きましょう。

1年を超える頃には、ブログが当たり前の行為になってきます。ここまでくればしめたもの。

1年を超えた今は、「ブログを書かなきゃ!」と思わなくても、勝手にネタを探してきてブログを書いています。

これ大事。

外部からの刺激が無くなると、ブログは書けなくなる。

ブログが書けなくなくなる理由の1つとして、外部からの刺激が無くなることもあります。

脳が刺激を受けなくなると、思考がストップして考えるチカラ、生み出すチカラが弱くなります。

サラリーマンでいえば、会社と家の往復で「内勤」の場合もそうです。

毎日同じ仕事、毎日同じ人との会話、毎日同じことひたすらラットのように繰り返すと、だんだん脳がサビついてくるのが分かります。

脳に刺激が無いな・・と思う時は必ず、

・何を見ても、聞いても興味が沸かない。

・感情が前向きにならない。

・何もかも面白くない。

・良いアイディアも何も生まれない。

こんな状態になるとブログ記事が書けなくなります。書けてもつまらない。

脳に刺激が無くなると、あらゆる視点が欠落してきますね。

なので、脳を刺激するようにするには、

・新しい人とコミュニケーションする。

・新しいことにチャレンジしてみる。

・新しい道を通ってみる。

・新しいお店に入る。

・新しい何かを見つける。

以上を意識すると、脳が活性化するのでブログも結構面白い記事が出来たりします。

ブログが書けないのは、「脳に刺激が無いから」と言えます。

仕事が忙しすぎて、クリエティブな思考に切り替わらない。

会社でクリエイティブな仕事をしている人はそれほど多くありません。

むしろ少ないです。

ほとんどの人は、管理される側の人です。

管理される人は、時間あたりで時給、日給、月給をもらっています。

人の管理下にある以上は、何か良いアイディアを練っていける立場にはないはず。

ただ、ブログは何も無いところからふと生まれたり、全然忙しくない休みの日にのんびり新聞やニュースを見ていたり、リラックスして読書をしていると突然生まれるものです。

なので、ブログは忙しくない毎日から生まれるものと言えます。

まとめ:ブログが書けないのはなぜ?

・1年未満で習慣化されてないから

・脳に刺激がないから

→なんでも良いからやってみる

・忙しい毎日からはブログは生まれない

→休めるわけでもないので、短時間で脳内リラックスの手法を編み出すと良いかも。

なんてことでまとめさせて頂きます。

ではでは^^

スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス
別にブログを書き続けるのはしんどくない。書けない理由は多くないよ。
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス