ブログを書きたくても疲労困憊で書けない時の方法まとめ

ブログ 書きたいけど 書けない

けぴお
ブログを書きたい。でも・・疲れすぎて書けないんだけど・・。
ミニウサギさん
そんな時こそ、がんばって書けばいいんじゃない?ブログで起業したいんじゃないの?

なんて時は、どうしたら良いでしょう。

私も今そんな感じで悩んでいて、早朝から仕事をして毎日12時間くらい休みもなく働き続けています。

まだ、それほどの期間になっていないので体力は続いています。

が!!

それよりも、「ブログを書きたい!」のに、「疲れすぎて書けない!」という状況は困るんです。

書けない状況に、ヤキモキ・・・イライラ・・・。になるんです。

この状況を、少しでも和らげるための方法についてまとめていきます。

ではいってみよ~。

ブログを「書きたい習慣」から「潜在意識レベル」まで、発達しているのでポジティブに受け止めよう。

私はブログの運営を初めてから、1年7ヶ月になります。

昨年は習慣づけするために、「毎日3記事書く!」なんてことを宣言してみるなど、色々取り組んできました。

でも、今は何というか、

ブログで記事を書いてスッキリしたいから。ただそれだけ。

という意識を持っています。

無理しなくても、勝手に新聞やネットメディアやブログを読んで、社会や政治、経済、社会の動きをあれこれ考えるのが好きので、気付いたら書いているレベル。

もう1つは、自分でも予算や時間的に実行可能なレベルのものを見つけたら、すぐに行動を起こしてみてまた思考にふける。というのも好きで気付いたら書いてるレベル。

ブログから少し幅を広げて実活動へ向けて舵を切る。ただし、あくまでもブログが中心にいるというイメージに変化しつつあります。

もう、軽く趣味には突入してますね。

いや、趣味から仕事にもなりそうです。これはもう少し時間がかかります。でも、近いうち大きな変化はあると思います。

まとめると、ブログを書きたい!けど、書けないんだよ~!!という状態の時は、ブログが習慣から無意識レベルまで発達しているといえます。

肯定的に受け止めると良いですね。

ツイッターで思ったことを書く。小出しで文字を書けるし、ブログネタにも生かせる。

とはいえ、ポジティブに受け止めるだけでは何のスッキリ感もないので、私のストレス解消法を紹介していきます。

1つ目は、ツイッターで書きまくることですね。

いくつか整理してみます。

ブログと社会とサラリーマンを掛け合わせて考えてみると、(考えるというよりは、頭に勝手に浮かんだフレーズを文字化します。)

 

頭の中でテーマが勝手に生み出されるので、テーマに沿って3つくらいツイートします。

これは、

ツイートの塊はブログのネタにもなりますし、ほんのちょっとだけど「記事書いた!」という実感をツイッター上で得ることができます。

文字数が少ないので実感が薄いけど、何回もツイートすると「書いた実感が得られます。」

忙しいときは、これで少し救われます。

アンドロイドの音声検索で、ひたすら音声を文章化する。

スマホの発展は、文章を書く人達の生産性を上げてくれます。

文章はキーボードが絶対的に必要なわけでもなく。スマホのフリック入力(画面上で滑らせて文字を入力する方法です。)が必要なわけでもありません。

フリック入力って何?と思った人は、ヨッセンスさんの「フリック入力が速いよ! スマホの文字入力をフリックでゴリ押しする7つの理由」が分かりやすいですね。

文章を作成するには、音声を文章に変換する方法だってあります。

この辺の話しは、以下の本が参考になります。

ここでは、それほど面倒なことをするわけでありません。

ただ、普通にスマホの「グーグル検索バー」に音声を吹き込むだけです。

頭の中に浮かんだことを、音声で文字化するのはすごく効率が良くて生産的。

フリック入力よりも、キーボード入力よりも「素早く頭の中身を文字に出来る」という利点があります。

なので、どうしてもPCを開いて、スイッチを入れて、キーボードをたたく元気なんかない・・。という時には、口さえ動けばOK!

口さえ動いて、言葉さえ発することができれば、文字は打てるということです。

少しでも、すっきり感を出したい時にはいいですよ。

以上、「ブログを書きたくても疲労困憊で書けない時の方法まとめ」をお伝えしました。

ではでは^^

スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス
ブログを書きたくても疲労困憊で書けない時の方法まとめ
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス